皆様お久しぶりです。

 

 当院は1990年に開設し今年で32年、滋賀の分院は2012年に開設し今年で10周年を迎えています。京都の本院では今までに5000人以上が来院されています。年間平均すれば160〜170人程度の新規来院があるということになります。この前は、本院で日に4人、分院で日に3人の新患さん、なんていう日もありました。これだけお越しになっていると、実に様々な疾患の治療記録が存在することになります。そこで今後の治療に役立てようと、来院された方々のさまざまな記録を整理している最中です。近いうちにHP上でお知らせしたいと思います。

 

 さて京都の本院では14〜16日、滋賀の分院では15〜17日にお盆休みを頂きます。休み明けは4日間で90人が予約されていて、さらにキャンセル待ちが10人ほどおられます。もし治療希望の方がおられましたら、22日以降なら空きがありますので、お電話お待ちしております。

 

 ところで昨日、同業の友人が素敵な言葉を教えてくれました。

 

「ノブレスオブリージュ」

 

 これは「人の上に立つ者は、率先して義務を果たさねければならない」という意味です。いろんなことがあっても、命の危険すら伴っても逃げてはいけない、という意味らしいです。

 

 これはフランス語ですが、英語ならnobleは高貴な、obligeは義務付ける、という意味ですから、聞いただけである程度の想像はつきますね。

 

 このノブレスオブリージュを守れるかどうかで、信頼が深まるか、信頼を無くしてしまうか、分かれ道になるようです。

 

 そういえば先日より久々にお越しの90歳の男性の方。

 

「先生、前に来ていた時は元気がなかったけど、今の方が元気そうやな」と。

 

 そういえばその頃はそんなだったような気がします。メンタルも体調もズタボロだったような。乗り越えられたことに感謝します。

 

 この方、2、3年前にスペインへ一人旅されたそうな。すごい体力。今も、自転車で来られています。ピースボートで世界一周が夢だそうです。90歳にしてこの意欲。見習わないと。

 

 お盆は少しバイオリンを楽しみます。フェイスブックで私の拙い演奏をアップしていますので、よろしければどうぞ。

 おはようございます。

 

 京都中心部は、もはや祇園祭一色。患者さんの来院にも支障をきたしています。タクシーで来ようと思ったら、一方通行と通行止めで烏丸で降ろされた、とか。

 

 今年はよく「先生は出ないんですか?」と質問されます。この蟷螂山町に引っ越してから16年、当初はいろいろな行事にご協力していましたが、近年は忙しすぎたり、体力の低下であったり、お祭り期間中は休息にあてています。実はここに越してきてから、私は祇園祭を一度も見物したことがないのです。毎年7月15、16日の夜は歩行者天国のため、患者さんが来られないので休診。17日は朝から全面通行止めなので、休診。今年は日曜日ですが。

 

 一昨日、所用で数時間炎天下を歩き回っていたら、熱中症になって、帰宅後にダウン。そして昨日も体中が重りのようにだるくてまともに動けませんでした。夕方から松尾先生に治療を代わってもらうという失態。

 

 炎天下を歩いていると、途中までは熱くて汗がいっぱい出てきます。が、途中から汗が引くので(というより体の水分が減ってきているので、もはや出ない)、体熱が放散できません。それでもなお歩き続けたのが良くなかったようです。昨日来院の京大医学系教授から、「先生マグネシウムと塩を取らなきゃ」と言われました。

 

 「昔はよく巡行にでていたんですよ」というと、皆さん驚かれます。ということでネットで拾った写真。

右下は、多分私です。

 今日は、日本の不妊鍼灸の父と言われる、愛知県明生鍼灸院の鈴木裕明先生にお越しいただいて、現役スタッフとOGに講義してくださいました。研究に対する飽くなき探究心は、やはり日本一の不妊鍼灸創始者と言われる所以です。

 鈴木先生は、様々な医療機関と連携して、不妊鍼灸に科学の光を当て、有効性を確立した第一人者です。(詳細は当院で配布のリーフレット参照)今日の講義を各スタッフがまとめて、それを統合してひとつの講義録にすることになりました。

 そして以前、当院に5年以上勤務していた広島県の田邉美晴先生の講義もありました。開業して6年目。やはり彼女は本物です。ひとりでもコツコツと学習研究検証しているのがよくわかります。そして弛まず検証を続けているこの三つの院で、垣根なく情報を共有し、様々な分野で高みを目指していくことを確認しました。

 ところで先日作成したリーフを、以前来られていた患者さんにお送りしたら、それを見て「中村さんにいた先生なら」と卒業生の院に行かれた患者さんがいらっしゃいました。どうぞ安心して行かれて下さい。真摯な人間性、そして当院研修修了の技術で治療いたします。また患者さんの許可があれば、すぐに当院でのカルテを共有し、適切な治療方針を策定します。

 詳細は、院配布のリーフレットでどうぞ。

 

 また新しく開発中の鍼を、日本中どこよりも早く試作品をいただくことができました。中石先生が、鈴木先生に試し打ち。超緊張。笑。

 明生鍼灸院と当院で、どういった場合に使用するか、共同で検討していくことになりました。

 8月か9月にでも鈴木先生の第二講義を開催する予定です。めっちゃくちゃ楽しみです。

 

 そして終了後はOG会。卒業生ならではの疑問質問のぶつけ合い。リアルな相談相手が常にいるのはとても恵まれた環境でしょう。

 

 ということで、最後は泉仙(いずせん)の豪華お弁当を頂いて、とても有意義盛り沢山な一日でした。

 

 当院は常に新規採用を募集していますが、それは優秀な人材なら、余剰人員でも確保したいという狙いがあるからです。ということで先日、某専門学校の講義で、ある先生が婦人科の話の途中で、「きちんと勉強するならここ」といって当院を勧めてくださったそうです。ところが、同じ学校で他の先生も同じことを言われたそうで、その学校の学生がひとり話を聞きにきました。

 

 そこで当院の中身を解説しました。カルテの分類、更にその分別。各種医療機器。様々なデータ処理。その学生君はそれまでいくつもの鍼灸院を見学に行かれていましたが、どこも腑に落ちなかったそうですが、当院の話を聞いて「もはやここしかない」と新規採用応募に変更されました。

 

 最終学年なので、夏休みから研修の前段階に入ろうということになりました。うまく採用になればいいなと思います。来年度は「理系→芸大→鍼灸」そして「国立理系→国立大学院修士→鍼灸」という道を歩んできた二人が、現在内々定から試用期間に移行しようとしている段階です。

 

 この2年間のコロナの影響も、じわりじわりと回復傾向に入っています。コロナ前ははっきり言って忙しすぎたので、今くらいがちょうど良い患者数である気もします。

 

 さて明日は、愛知県の明生鍼灸院院長の鈴木裕明先生、広島県はる鍼灸治療院の田邉美晴先生を当院に迎え、現役OG合同の研修会となります。懐かしい仲間も顔を揃えます。楽しみです。