昨年8月の撮影です。
都内に乗り入れる大手私鉄はほぼ都内に複々線区間を持っていますが、意外にも京浜急行は神奈川県に一部あるのみ。その金沢八景と金沢文庫での撮影です。
その複々線区間の横には車両基地もあり、鉄道ファンにはたまらない撮影地です。車両基地には真ん中に貫通扉を備えた1000形1800番台。本線の1000形とはまた違った印象になります。
この区間はカーブもあり、色んな撮影アングルが楽しめます。
すれ違いは多く見られますが、日中は並走はまず見られません。
個人的には四角いライトユニットがいい意味で京急らしくなく、昭和っぽくて好きな顔です。
京急は側面のみのラッピングが多く、撮影の仕方に迷います。東京オリンピックのラッピング。
すっかり定着したブルースカイトレイン。二扉で、乗ると快適な車両です。

いつかここで並走を、と思いますが、朝ラッシュで狙えそう?という瞬間を目撃したことはありましたが、難しそうです。