天占易学について② | 心・体・運気・トータルでケアする整体院、ナカムラヒーリングオフィスのブログ

心・体・運気・トータルでケアする整体院、ナカムラヒーリングオフィスのブログ

兵庫県西宮市の甲子園口駅徒歩3分の気功整体院です。整体や気功、カウンセリングを通して体や心の辛い症状の回復に全力で取り組んでおります。

こんにちは ヒーリングオフィスのなかむらです。寂笑


前回に引き続き天占易学について書きたいと思います。



         こころのブログ


前回も出てきた図です。


この図を元にまず、自分の生年月日から①~⑫どの時期に生まれ、現在

どの時期にいるのか割り出します。


生まれた時期から、本人の性格やものの考え方、才能、適正分野などがわかってきます。


現在の位置からは、相談者のテーマや健康運、恋愛運、結婚運、仕事運、不動産運、など相談者の現在の情報が見えてきます。


後は①~⑫までの波の性質を理解し、相談者の考え方と波の特性を比べながら流れにあった考え方をしているかを見つつ、相談者のお悩みをお聞きしていきます。


この図にある波は6、7年で特性が変化していきますので、常に運気の波に乗り続けようと思ったら、波に合わせて自分の行動パターンを変えていかなければいけません。


例えば、相談内容が恋愛で彼氏が欲しいと思っているBさんの恋愛運をあげるにはどうしたらよいでしょうか?


現在凸波の最初①にいる方は、場当たり的な感じで、数をこなしていくように行動しなければいけません。いろんな新しいものにチャレンジしていくことで運も開けていきます。なのでどんどん積極的に社交場に出向いていくというスタンスがあっています。


では凸波の最後の⑥にいる方はどうすればいいでしょうか。


⑥にいる方は基本に忠実にして、小さいことおろそかにしないで、単純なことをあきもせずやるというスタンスがよいでしょう。後身近な人を大切にしていくというスタンスがあいます。なのでBさんは今身近にいる、友人知人に相談したりすることで運がひらけてきます。


ほんの一例をあげましたが、6,7年で変わる特性の波、一年ごとに変わる特性の波を把握したうえで、それに合う行動をすることで運気が開けてきます。


しかしなぜ運気というのはこのように、波の特性にあわせて考え方、行動の仕方を変えないと波にのれないのでしょうか?


それは宇宙や自然界は絶妙なバランスで存在しており、その見えない影響を人間もうけて、人間の性格的な偏りをなくし、バランスの取れた人間性を築かせる為に働いているいわれています。