■慢性上咽頭炎   新潟県 F様 36歳 女性

 

もともと鼻風邪、喉風邪を引きやすかったが、ある時から喉のイガイガが取れなくなってきた。

咳込みがひどく、黄色い痰と鼻水が出る。

鼻の奥が詰まったような感じ、かゆみもある。

病院で出された抗生物質を飲むと一旦は治まるが、またすぐに繰り返す。

 

手足に冷えあり。顔がほてりやすく、玉のような汗をかく。

胃腸が弱く、下痢になりやすい。

 

【ご提案内容】

・粘膜の炎症を引かせ、潤いを与える漢方

・血液の循環を良くして臓器の働きを助ける漢方

 

<服用開始2週間後>

抗生物質を同時に飲み始めたので、どちらの効果かは不明だが症状が落ち着いている。

手足が温まってきた。

 

<服用開始1か月半後>

お腹の調子がずいぶんよくなり、食欲が出てきた。

抗生物質が切れて1週間経つが、喉の痛みやかゆみは今のところ復活していない。

 

<服用開始3か月後>

たまに違和感を感じることもあるが、痛みやかゆみには発展せず保っている。

咳込みが落ち着き、顔が熱くなりにくくなったので人ごみでも大変ではなくなってきた。

ずっとマスクをはめていたが、今は外して生活している。

 

 

【担当 岡より】

薬である程度の回復が見られるものの、体内の免疫力が今少し整っていないせいで症状を繰り返しているようでした。この方は体の熱が上に偏り下半身が冷えているので、喉や顔の炎症が進み、かつ免疫力が下がりやすい体だったので、全身の熱バランスを整えるように対策しました。しっかり偏りが解消されると、症状回復と一緒に体質改善ができるのでおすすめです。

 

※効能・効果には個人差があり、確実な効果を保証するものではございません。

 

 

 

■慢性上咽頭炎/後鼻漏   神奈川県 G様 28歳 男性

半年前に風邪を引き、そこから咳・喉の痛み・後鼻漏が続くようになった。
透明~白く濁ったゼリー状の粘液が四六時中喉に絡み、不快感と共に吐き気がある。
電車に乗っている時などは人前で吐き出すわけにもいかず、とてもつらい。
喉に粘液は常に垂れるのに口の中は乾燥していて、鼻の中も乾燥して熱を持っているような感じ。

暑がり。お風呂に入ると体調が悪くなるのでシャワー派。
お腹がよく張って、水を飲むのも苦しい時がある。
あまり眠れていない。寝つきが悪く、途中で目が覚める。

【ご提案内容】

・呼吸器の機能を高め、潤いを与えて痰を除く漢方
・体内の熱を取り、血液の流れを良くする漢方

<服用開始2週間後>

お腹の張りが取れてきた。
それだけでなく、体が重く動かしづらかったのがだんだんラクになってきた感じ。

<服用開始2か月後>

粘液はまだ絡む感じあるが、以前は飲み込めなかったのがグッと飲み込むとスムーズに落ちていくようになった。
口の中の乾燥、鼻の熱さも緩和。吐き気もなくなり、通勤が楽になった。

<服用開始3か月後>

週に2回くらい違和感を感じることもあるが、すぐ治まるようになった。
ちょっとした疲労ですぐに体調が悪くなっていたのが最近はなく、それがうれしい。
喉の違和感が解消したことで夜も眠れるようになってきた。


【担当 岡より】

G様の場合、血液や水の流れが滞ることで症状が長引いていたものと考えられます。しっかりと体内を動かすことで、乾燥感を軽減する・痰を除くなどの働きが正常に働くようにしました。副次的に日常生活も元気に送れるようになってきたとのことで、本当に良かったです。


※効能・効果には個人差があり、確実な効果を保証するものではございません。



■慢性上咽頭炎   大阪府 K様 52歳 女性


喉の違和感(エヘン虫)の症状が少なくとも10年以上続いている。
2年前に閉経してから喉の違和感が強くなり、現在は喉の奥のかゆみ、咳や痰絡みがひどい。
最近、耳鼻科で「慢性上咽頭炎」と言われ、Bスポット治療を開始。10回以上治療した。
治療してすぐはヒリヒリしつつもスッキリしているが、時間がたつとまた同じ症状になる。

ホットフラッシュあり。顔汗、ほてり
昔から便秘症で現在も4日に一度くらい。便秘薬使用中。
腰から足は冷えがあり、座る時はひざ掛けが必要。
肩こり、首こり、眼精疲労は常にある。

【ご提案内容】

・ホルモンバランスを整え、体の上にこもった熱や緊張をほどく漢方
・胃腸機能を整え、免疫力を上げる漢方

<服用開始2週間後>

喉の違和感はあまり変わらないが、顔汗が驚くほど止まった。
ほてりもなく、その点は快適に過ごせている。

<服用開始2か月後>

Bスポット療法(週2回)通いながら漢方を飲んでいる。
Bスポット療法後、以前は翌日には効果がなくなっていたが、今は2~3日スッキリした状態が続くようになってきている。
肩こりがかなり軽減してきた!

<服用開始5か月後>

Bスポット療法をしても綿棒の先にほとんど血がつかなくなってきた!
乾燥にさえ気を付ければ、喉のかゆみもほとんど起きない。
お通じも毎日あって調子がいい。
まだ少し咳の症状が残っているので継続して飲んでいく。


【担当 岡より】

女性の場合、ホルモンバランスの乱れから体内に熱がこもることで上咽頭炎やアレルギー性鼻炎がひどくなる方も少なくありません。
Bスポット療法という外からの改善に加え、体内の状態を整えると治りが早くなるケースは多いです。



※効能・効果には個人差があり、確実な効果を保証するものではございません。
 

 

 

 

慢性上咽頭炎に関するご相談・お問い合わせは以下のリンク先↓↓よりお願いいたします。

 

万病のもと?!慢性上咽頭炎の漢方対策/上咽頭を治せば体が変わる