■膵臓がん~腹水 東京都 N様 男性 74歳

 

ご相談いただいたときは、すい臓がんのステージⅣの段階ですでに腹水が溜まっていました。2か月ほど前まで、抗がん剤治療を行っていましたが、腹水の貯留が進み抗がん剤治療は中止。お水は腹部以外にも、睾丸や足先までお水が溜まっている状態でした。

食欲はなく、顔色も悪い。また、体力も極端に落ちている。病院から出された利尿剤を飲んでいるが腹水は中々減らないため、漢方薬でどうにかできないかとご相談を頂きました。

【ご提案内容】

・水分代謝の向上を図り体内の不要な水分を排出する漢方(利水剤)
・血流を高め各臓器の活性・向上を図る漢方(活血剤)
・炎症を抑え解毒を即す漢方対策(消炎・解毒剤)

<服用開始後2週間>

服用前に比べ、排尿量・排便量が増え、腹部の張り、下半身のむくみが徐々に軽減する

<服用開始後1ヶ月>

腹水がほぼ抜け、腹部の張りがなくなった。腹水の量が減って食欲が増える。顔色もよくなってきた。

<担当 岡田から>


その後、抗がん剤治療も再開でき患者様、ご家族様からもお喜びのお声も頂きました。腹水が減るだけで身体の負担もここまで減るということを改めて教えていただきました。患者様の笑顔が見れてうれしかったです。

 

※効能・効果には個人差があり、確実な効果を保証するものではございません。

 

 

■肝硬変~腹水 宮崎県 O様 男性 59歳

 

医師から2年くらい前にアルコール性肝硬変と診断。ご相談いただく1ヶ月くらい前から、腹水の貯留がはじまる。また同じくらいの時期に黄疸もではじめる。

お水は、腹部、足先。その他、食欲不振、右の脇腹の痛み、吐き気、便秘などの症状が現れている。お酒はやめているが、肝臓の数値は日に日に悪化している。黄疸の影響もあり、顔色は黄色っぽい。とにかく今は腹水がつらい。腹水だけでもどうにかしたいとご相談。

2/23 血液検査結果

ALB 2.3/T-BIL 4.6/CHE 98/CRE 0.89/BUN 19/K 3.8/CRP 4.6/WBC 3680/RBC 345/HGB 10.6/PLT 7.8

【ご提案内容】

・炎症を抑制し、解毒力を高める漢方(消炎解毒剤)
・エネルギー代謝の向上を高まる漢方(補気剤)
・腎機能を高め体の水分代謝を向上する漢方(利水・補腎剤)
・肝機能・体内活性のための必須栄養素群

 

 

 

 

 

<服用開始後1週間>


服用して3日後、排尿量と排便量が増える。1週間くらいで腹部の張りと右の脇腹の痛みが軽減。

<服用開始後2週間>

足のむくみが完全になくなった。食欲も増え、顔色が良くなってくる。


<服用開始後1ヶ月>

完全ではないが腹水がほぼなくなる。また、黄疸の数値のビリルビンの低下、腹水のアルブミンの数値が上昇。その他の数値も改善方向へ。

3/25 血液検査結果

ALB 3.3/T-BIL 1.8/CHE 122/CRE 0.9/BUN 20/K 3.8/CRP 2.5/WBC 4280/RBC 377/HGB 11.2/PLT 8.8

【担当 岡田から】

一番の悩みであった腹水が減ったことで患者様も大変嬉しそうでした。その後も、徐々にではありますが、血液検査の数値も全体的に良い方向に。腹水が減ってから、食事を美味しく頂けるようになったようです。

 

※効能・効果には個人差があり、確実な効果を保証するものではございません。

 

 

■肺がん~胸水 長野県 K様 女性 76歳


2ヶ月くらい前から胸水が溜まりだした。大元の原因は肺がんと肝機能障害。現在、入院中。

症状は、胸の圧迫感、呼吸困難、動悸、血痰、咳、食欲不振など病院で1週間に1度のペースで胸水を抜いている。アルブミンの数値が2.0まで低下。


【ご提案内容】

・肝機能を高め、アルブミンの向上を図る漢方+必須栄養素
・がんや肝障害に起因する炎症を抑制する漢方
・血流循環・水分代謝を向上する漢方


<服用開始後1週間>

服用開始後5日~7日で排尿量が増える。また咳が落ち着いた。

<服用開始後2週間>

胸の圧迫感が徐々に軽減し、呼吸が楽になってくる。痰はでるが血痰はでなくなる。

<服用開始後1ヶ月>

アルブミンの数値が3.2まで上昇。胸水は、いまだに穿刺していない状態。完全には抜けきっていないが、溜まるペースも緩やかに。食事が普通に摂れるまでになる。

【担当 岡田から】

一番の苦しみでもあった、息苦しさが和らいだことが何よりも良かったです。患者様、ご家族様も一緒に喜んでいただけました。

 

※効能・効果には個人差があり、確実な効果を保証するものではございません。

 

 

帯状疱疹後神経痛に関するご相談・お問い合わせは以下のリンク先↓↓よりお願いいたします。