与えられる側から与える側へ | なかさんの毒吐きコブラ日記~プロミュージシャン、経営者としての生き方~

なかさんの毒吐きコブラ日記~プロミュージシャン、経営者としての生き方~

日々のくだらない事からミュージシャンとしての生活、思考、プライベートな思想からゲーム攻略まで!!
思ったこと感じたことを有りのままに。


テーマ:
漸く寒さも和らぎ春の気配が漂うこの頃。

僕も40歳を過ぎて身体もあちこち不調が出始め、ようやく若い頃の様に無茶苦茶するのは控えようと思い始めております(笑)

仕事量、睡眠時間、食事の量や質。

それら全てをしっかり管理し、無理なく身体をしっかりケアしようと行動しております。

つい1年~2年前までは強い野望と上昇思考で与えられる仕事全てをこなし、更に上のステージ、もっと上へ上へ!!

と言った生き方でした(むしろ音楽で生活を始めてからずっと)

しかしながら今後は無理なく身体を大事にしながら今まで自分が会得した技術、スキル、経験等を余すこと無く生徒さん方や後進の育成にアウトプットして行こうという生き方に変わりました。

もちろん以前からもそうしていた訳ですがもっとその比率やアウトプット量を大きくしようという事です。

今までこの世界でやっていくために命を削って日々研究、現場経験を積み、技を練り上げて来ました。

すべて自分の為に。


周囲の人からお世話になり、仕事、チャンス、素晴らしい機会を与えられ今の自分が有ります。

これからは自分が色んな人々に与えられる側に回りたいと思います。

与えると言う表現は偉そうかも知れませが、決してそう言う意味では無く、ここまで育てて貰った全ての物へ。

音楽と言う物への恩返しの意味合いも有ります。

音楽と言う素晴らしい物に出会って、そのおかげで普通に生きていたら絶対に出会えない最高の経験と瞬間を幾度となく味あわせて頂きました。

それらから得た恩恵を教室の生徒さんはもちろん。僕を信じて付いてきてくれる子弟達には全力でアウトプットしていきたいと心底考えております。

もちろん現場量やレッスン量は無理の無い程度に減らして若い世代にどんどんチャンスが巡る様に、若い世代がやるべき仕事はどんどん回して行きたいと思います。

今の業界の現状を見ていると、かなりのベテランがまだまだ本来は若い世代がやるべき仕事にしがみついてやっていたりします。


余裕が無かったり、それぞれ色んな事情が有るとは思うのでそこをとやかく言うつもりも有りません。

偉そうなことを言うつもりも全く有りませんが、自分には人生のキーパーソン的な人が何人か居ます。

これからは自分も誰かのキーパーソンに、1人でも多くの人の人生にプラスになれる存在を目指したいと思います。


もう数年前からそうしていますが、現場の仕事は完全にチョイスさせて頂いております。


オファー頂いて自分がやりたいと思った仕事のみやらせて頂いております。

ある意味自分としては理想としていた生き方に近づいて来ていると思います。

40歳を過ぎてから周りの人にどう思われようが全く気にもならなくなりました(笑)

今後は家族や自分を慕ってくれる人達、組織の素晴らしいスタッフ達を大切にし、頑張って行きたいと思います。


なかさんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ