7.27大阪ミスターケリーズ | なかさんの毒吐きコブラ日記

なかさんの毒吐きコブラ日記

日々のくだらない事からミュージシャンとしての生活、思考、プライベートな思想からゲーム攻略まで!!
思ったこと感じたことを有りのままに。


テーマ:
先週金曜は東京で活躍するシンガー遠藤ゆかさんのレコ発が梅田ミスターケリーズにて行われました。



満員御礼。素晴らしい歌い手さんでした。


良く居るのがブラックミュージックやるならニューヨークいかなあかんで!

みたいなアホ東洋人的価値観のシンガーモドキがいます。

それはアナタの価値観の押しつけであって、jazzを歌うから向こうで勉強せねばならないみたいなミクロの価値観を他人に押しつけるのは辞めて頂きたい。

行きたい人が勝手に行って勉強すればええのです。

経験は色々出来るかも知れませんが、それで歌や楽器が劇的に良くなるとは僕には思えません。

遠藤ゆかさんはjazzだけではなくソウルやボップスまで幅広く歌いこなすのは勿論。

凄く丁寧で、歌い手としてのテクニックも素晴らしく、とてもバランスの良い方だという印象でした。

物凄く高いレベルで音楽をやってらっしゃると言う印象でした。
関西や関西からの上京ジャズシンガーモドキには居ないタイプでした。






そして素晴らしいかったバックバンドのメンバー。

普段からリスペクトする音楽家の先輩ばかり。

リハーサル無しで完璧にグルーヴされてました。


貴重すぎます。あーせーこーせーとは一切言われませんが、現場の音楽で色々教えて下さいます。


なるほどなるほど!!


とウンウン納得しながら演奏させて頂いて本当に充実しておりました。

ただドアタマの名倉さんの素晴らしいインスト曲。

どうしてもガットで弾きたかったのに本番直前になり謎のトラブルで音一切出ず…

ちょっと頭に来てやむなくエレキでやりましたがそれだけが心残りでした。

ダメですね。イライラした状態ではええ音楽的は出来ません。

何とか曲中で自分をなだめて平常心に戻しましたが、いやぁ腹立つ!!!(笑)


自分のイメージの音で出来ないストレスはすさまじいです。

しかしさすがのバックバンドメンバー。凄まじい演奏でした。

次官名古屋公演も頑張ります!!

なかさんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス