暮らしに彩りを7~冬のお庭のお手入れ | 湖西市「中村土建株式会社」のブログ

湖西市「中村土建株式会社」のブログ

中村土建株式会社は地元湖西市を中心に、理想のデザインを実現する注文住宅から、工場のような大型物件まで、設計・施工ともに着実にお応えしております。


テーマ:

こんにちは、中村土建です。

 

冬のお庭はお花も少なく、樹木も休眠期に入るので生長が止まります。雑草もあまり生えないのでお庭のお手入れをする機会も少なくなりがちです。

 

しかし、そんな冬の間にこそできるお手入れがあります。

 

①    一年草の片付け

冬に終わる一年草は花壇から撤去しましょう。そのままにしておくと見栄えも良くないですし、害虫の発生にもつながります。

撤去してしまうと花壇がさみしい…と思う方は冬に楽しめるパンジーやビオラ、ガーデンシクラメンなどを植えるのがおススメです。

 

②    宿根草のお手入れ

宿根草は枯れたように見えても、春には新しい芽が出てきます。地上部の枯れた部分は必要ないので切ってしまいましょう。

少し茎を残しておいた方が、株が大きくなりやすい種類もあります。

 

③    病害虫用の薬剤散布

樹木の休眠期、特に1月・2月は暖かくなってからではできない濃い濃度の防除剤を使用できます。

『マシン油乳剤』や『石灰硫黄合材』です。『マシン油乳剤』は殺虫・殺菌の両方に効果があり、越冬してしまうカイガラムシなどの害虫に対して効果があります。『石灰硫黄合材』は害虫の他にうどんこ病など植物の病気の予防にも効果があります。

特にこの時期葉を落としている落葉樹には濃い濃度で散布できます。この処理を行うことで、春からの樹木の生育管理が楽になります。

とても強い薬剤ですので、洗濯物やペットのワンちゃんなどにかからないよう配慮が必要です。帽子、手袋、マスクを装着し、なるべく肌を出さない様にした上で、風のない日に散布しましょう。

 

④    寒肥

寒肥とは12月~2月の寒い時期に与える肥料のことです。この時期の樹木は休眠期でほとんど生長が止まっていますが、肥料を与えておくことで春になって成長期を迎えた樹木が肥料の効きやすい状態になります。与える肥料は堆肥や厩肥(牛糞、鶏糞等)などの有機質肥料です。これらの肥料は、それ自体が肥料になるのではなく、土の中に住むバクテリアなどの働きがあって初めて施肥の効果が上がります。じわじわと効き目が表れ、これは春以降の成長を助ける元となります。寒肥をするかどうかで葉の茂り具合にも違いがでます。庭木を美しく、健康的に保つためにとても大切な作業です。

 

 

これらの作業を冬の間にやっておくことで、お庭の状態を整えて春を迎えることができます。寒くてお庭のお手入れをするのも気が進まない時期ですが、ガーデニングシーズンを楽しむために冬のお庭のお手入れも忘れずにしたいですね。

 

 
暮らしに彩りを 1 暖かいお家で切り花を楽しむ方法
2 観葉植物に適切な環境
3 シンボルツリー ①
    シンボルツリー ②

 

 

 

***イベント情報*** 時短につながる冷蔵庫収納教室  ◇ 詳細はこちら
アクセサリー教室        ◇ 詳細は後日ご案内します
カメラ教室           ◇ 詳細は後日ご案内します

 

 

 

***

 

*ハレノイエオープンハウス見学随時受付中!!*
※予約不要ですが、時間などお問合わせいただくとよりスムーズです。

お問合わせ:053-594-4420(10:00~19:00 水曜定休)
住所:  湖西市新居町中之郷3807-5(駐車場あり) 詳しい地図はこちら

*間取りと収納/子どもやパパが自分で片付けができる動線と収納。
*シンプルなデザイン/大人のかわいさを形にしたコーディネート。
*快適な室温&空気/高気密・高断熱×全熱交換換気により、家中の温度差を小さく。
          室内の空気はいつも新鮮・キレイに。
*省エネ&安全性/建築&生活コストを軽減。災害にも強い!

      
※オープンハウスには国道301号線側から直接入ることができません。

 

 

*HP*

http://www.nakado.com

 

↓↓こちらもフォロー大歓迎です♪↓↓

 

*insutagram*

harenoie

中村土建(湖西市)

 

*Line@*

ID:@tdp8286i

友だち追加

 

 

  

中村土建株式会社 湖西・浜松・豊橋の注文住宅さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス