将来を見据えた家づくり~バリアフリーの導入範囲に気をつける~ | 湖西市「中村土建株式会社」のブログ

湖西市「中村土建株式会社」のブログ

中村土建株式会社は地元湖西市を中心に、理想のデザインを実現する注文住宅から、工場のような大型物件まで、設計・施工ともに着実にお応えしております。


テーマ:

こんにちは、中村土建の福祉住環境コーディネーターです。

 

家づくりを考える際、将来を見据えて計画されると思いますが、その中の課題の一つに「バリアフリーをどこまで考えておくか」があります。

バリアフリー住宅というと、段差をなくす、手すりをつける、扉を引き戸にする、浴室・浴槽の床が滑りにくくする、廊下を広めにとるなどがあります。

 

その中で考えておきたいことは、次の2点です。

 

① 今から対策をしておいても生活に支障がないか

 

② どのような障害でも必要となるのか 

 
 
 

今回はその中の段差についてです。

家に関わる段差には、廊下と部屋の敷居、玄関の上がり框、玄関アプローチ、玄関の外、脱衣所と浴室…などがありますが、その中から〈玄関の上がり框〉と〈敷居〉について取りあげます。

 

玄関の上がり框
 

玄関の上がり框はバリアフリーの事だけを考えると0(ゼロ)が理想的です。しかし、日本は玄関で靴を脱ぐ文化のため、段差がないと、砂・泥等の汚れが室内に入りやすくなってしまい、逆に暮らしのバリア(障害)になってしまうこともあります。

実際、軽度の障害であれば後付けの手すりと踏み台を設ける事で対応できますし、介護が必要になった方でも立ち上がる能力がある方なら、玄関に手すり(と椅子)を設けることで対応できたりします。言い方を変えると、障害の程度によって対応は異なりますので、上がり框の高さを無くしてしまうより、手すりや椅子が設置できる広さのある玄関スペースを計画に入れた方が様々なケースに対応できます。

 
 
敷居
 

車椅子はもちろんですが、障害のない方でも高齢により脚の機能が低下してくると、つま先があがりにくくなるため、わずかな段差につまずいて転倒することがよくあります。高齢者の転倒は、大腿骨の骨折や脊椎圧迫骨折の危険もあるため、家の中は予防として段差がないようにしておいたほうが良いでしょう。

また家の中の敷居がないと、掃除もし易くなるので、今からの生活にも便利です。

 

 

バリアフリー住宅は、「一般的にあると便利なモノ」「ケースによって対応が異なるモノ」があります。「ケースによって対応が異なるモノ」は将来を見据えた予防の段階で取り入れてしまうと、後で不便になってしまうことにもなりかねませんので注意しましょう。

弊社では新築住宅はもちろん、住宅改修への対応もさせていただきますので、お気軽にご相談ください!!

 

 

最新のイベント情報
●あけぼの邸完成見学会
 2018年 9月中旬頃
** 詳細決まり次第、HPやブログにてご連絡させていただきます **

 

 

 

***

 

 

LINE@友達追加で 

無料相談の日程調整や見学会の質問などお気軽にお問合せください。

※不要になれば簡単に削除できます

友だち追加

ID:@tdp8286i

中村土建株式会社 湖西・浜松・豊橋の注文住宅さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス