浜北のHARE no ie ⑩ 完成 |湖西・浜松・豊橋の新築注文住宅 中村土建 | 湖西市「中村土建株式会社」のブログ

湖西市「中村土建株式会社」のブログ

中村土建株式会社は地元湖西市を中心に、理想のデザインを実現する注文住宅から、工場のような大型物件まで、設計・施工ともに着実にお応えしております。


テーマ:

こんにちは、中村土建です。

 

浜北のHARE no ieもいよいよ完成となりました。

家族で一緒に過ごす時間を大切にしたい。そんなお施主様の願いに寄り添い、毎日の暮らしを彩るための工夫が盛り込まれています。

 

浜北のHARE no ieでは間取りと収納の配置で家族皆のための「4つの動線」をご提案しています。

1.お出かけライン

玄関には広めのシューズクロークを配置。廊下から直接出入りできるので、家族用玄関として使えます。扉付きで急な来客時も安心。玄関はいつでもスッキリキレイを保てます。土間つづきにしているので、色々と気兼ねなく置けて便利ですね。ダイニングの入口にはお子様用のただいまクローゼットを配置。ランドセルや習い事の道具などの毎日使う道具を置ける場所。お子様の整理整頓の習慣が身につきます

 

2.学習ライン

お子様が帰宅後すぐにただいまクローゼットから筆記用具やノートを出し、ダイニングテーブルで宿題をしやすい環境になっています。また、仕事や趣味でスキルアップしたい大人も勉強に取り組みやすくなります

 

3.お遊びライン

お子様が小さなうちは、目の届くところで遊ばせたいもの。おもちゃや絵本などは造り付けのTVボードに、外で使うものはただいまクローゼットへ自分で片付ける。リビングダイニングなど家の中心に収納を持ってくることで、子供のお片付けの習慣が身につけやすくなります。

 

4.家事ライン

水回りの動線はストレートライン、効率よく家事が進められます。加えてリビングの掃き出し窓がレールと床がフラットになっていることや、トイレや無垢材のキッチンなどにお掃除がしやすいモノを選ぶことによって、子育てやプライベートにかけられる時間が増えるのも嬉しいです。オープンキッチンは、リビングダイニングにいる家族との一体感があってとてもオススメです。お料理をしながら、リビングでくつろぐ家族との会話も弾みます。

 

 

 

本当に必要な物だけを取り入れるシンプルなデザインの中で、リビングの入口だけをカラードアにしたり、ご主人様念願の書斎をロフトスペースに設置するなど、お施主様のこだわりと遊びごころが映える“ハレ”の家が完成しました。

 

中村土建株式会社 湖西・浜松・豊橋の注文住宅さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス