おはようございます
中国足心道 中村療術院の中村です。

身体に必要なものを摂る

今週も始まりました。
昨日は命日だった母親のお墓参りに行って来ました。
また新たな1週間、宜しくお願い致します🙇

さて、飽食の時代と言われていますが、実際は安易に買えて食べれるものが多く、お腹は満たされている割には栄養素的に不足しているものがほとんど。

それと添加物ですね。

僕は数ヶ月前まで好きで手を出していたスナック菓子類やスーパー等で売られている揚げ物類はほぼ手を付けなくなり、観ても食べたく無くなりました。

やはり基本的な日常の食事が大事。
一般的な栄養学ですとカロリーを抑える様な内容ですが、実際はカロリーは身体のエネルギーになるもので、極端に高くなければ寧ろ身体には必要であり、主食になっているご飯、麺類、パン等の炭水化物や糖質が多く含まれる食材を極力減らすのが良いです。

完全に糖質制限をしてしまうと、脳内の糖質が不足して物忘れがしたりなどがあり、特に単体で空腹時に食べるよりも、食後程々に摂るのが血糖値の上昇も抑えられ、腸内での悪玉菌の餌となる糖の吸収も抑制出来たりします。

僕自身もお昼夜と玄米を茶碗に半分強程度頂き炭水化物を摂りますが、会席料理の食べ方で摂るので食後は極端な眠氣や身体の怠さは無く、最近は食後時間が取れる際、午後の仕事前に軽くウォーキングするようにしています。

食事と運動は健康維持に基本的に大切ですから。


感謝と祈りのうちに