浮気・不倫・夫婦トラブル・離婚相談110番! 広島の夫婦カウンセラー・行政書士が対応します

行政書士 なかもり法務相談事務所です!  
広島で夫婦問題やカウンセリング、離婚法務を扱っています。
    


テーマ:






行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。





◆女性にとって結婚はリスク!?



結婚する」ということを男女別

で考えてみると・・・。





【男性の場合】


結婚とは、

トンネル鉄橋

通過するようなもの


結婚前と結婚後、同じ列車で

連続した線路を走ることに変わりない






【女性の場合】


結婚とは、

関所を通過するようなもの


結婚前には、関所の向こう側の

結婚後の生活は、見えないし、

わからない。



しかも、

多くの女性は、関所を通過すると、

列車の乗り換えを期待される。




結婚後は、

夫の列車に乗り換えて、運転手

である夫に行く先を委ねること

が期待される。



これらから、女性にとって、

結婚とは人生最大の「賭け」

といっても過言ではありません。






◆今の日本女性が子連れシングルに

 なるコースは・・・




大学を卒業し、

就職した際の男女の賃金は、



男性100


に対して


女性88,8


という格差があります。





そして、

結婚の平均初婚年齢は、


男性30歳


に対して


女性28歳



約2歳の差があり、

結婚時に収入は一般には男性の

ほうが高くなります。



そうなると、結婚後や出産後に

共働きが難しくなって、どちらが

退職するかとなると、


収入の低いほうが辞めざるを

えないことになります。





そして、子どもが生まれるが・・・


それぞれのライフスタイル等

考え方や違いから夫婦間での

緊張・葛藤が起こり、離婚を

余儀なくされると、




子どもの81%

母親が親権者

になります。




女性のほうが少ない収入である

にも関わらず、母親が親権者

となります。




しかし、別れた夫から養育費を

受け取っているのは

全体の19%にすぎません。




しかも、

ひとり親になった母親のなかで、



・常用雇用で年収300万円以上

 ⇒12%


・常用雇用で年収300万円未満

 (平均113万円)

 ⇒44%


無職の人⇒14%




このような状態の中で日本では

母子家庭がスタートするケースが

多いと思われます。



愛情を感じない相手と結婚生活を

続けるのは苦痛ですが、


離婚後、生活苦に陥るのはもっと

悲惨です。



仕事のことやお金のこと、

離婚後のシュミレーションを

考えることは大事です。




※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
行政書士 なかもり法務相談事務所では、


・誰かに話を聞いてもらいたい。

・誰にも相談できず悩んでいる。

・法的なことをもっと知りたい!

・解決策が見当たらない。
・内容証明、公正証書を作成したい。


などに対応します。


カウンセラーでもある行政書士が現在の状況

をお伺いし、今後の対応策や心構えなどを

アドバイスさせていただき、一緒に解決策を

考えていきます。


電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

ホームページはこちら から

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※



   


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ユタカ@行政書士 兼 離婚コーディネーターさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。