浮気・不倫・夫婦トラブル・離婚相談110番! 広島の夫婦カウンセラー・行政書士が対応します

行政書士 なかもり法務相談事務所です!  
広島で夫婦問題やカウンセリング、離婚法務を扱っています。
    

広島市西区 行政書士 なかもり法務相談事務所





電 話 082-533-6036


メールでのお問い合せはこちら からどうぞ

ホームページはこちら から




【行政書士 なかもり法務相談事務所は・・・】



■身近な『プロの相談者』です。


  →離婚問題に特化した行政書士であり

    夫婦問題専門カウンセラーとして対応します。




■継続的なフォローも行います。


 →当事務所でカウンセリング・相談を受けられた後も、

   電話・メールでの相談は無料です。

   (但し、電話は10分以内)




不安・問題を解消し、再び子どもと笑顔で

暮らしていくためのお手伝いをさせて

いただきます。








NEW !
テーマ:





行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。





「精神的な自立」手にした女性は、


どんな選択をしたにせよ、幸せをつかむ

確率が高くなります。




この精神的な自立とは・・・


「一人でも人生を楽しめるようになる」

ことです。







◆結婚生活はあなたの人生のほんの一部分




専業主婦の方や

扶養内でのパート勤務の方は、



「夫に養われている以上、自由に暮らせない・・・」


「あんな夫に経済的に依存している自分が嫌で

自己嫌悪になる・・・」




と思い込み、

多くの女性が、夫に文句を言いたいけれど、



「夫に離婚を切り出されたら路頭に迷ってしまう・・・」

「子どもがかわいそうだから・・・」




そして、


「これから自分はどうなってしまうのか・・・」


絶望的な気分に陥ってしまいます。





また、女性の場合、


「恵まれた結婚生活とパートナーがいてこそ幸せ」


と考える方もいらっしゃいます。



しかし



「人生」というカテゴリーで考えていくと、

結婚生活や夫は、あなたの人生の

ほんの一部にしか過ぎません。




他にも、


子ども、友人、趣味、仕事・・・などさまざまな要素

から人生は成り立っています。



その一部である「結婚生活」が満たされないから

といって、人生がすべてくだらないものになって

しまうことはありません。




「一人でも人生を楽しむことができる」


とは

一人ぼっちで生きる能力を身に付けること

ではありません。




当然、

夫婦なのですから、夫に依存してもいいのです。



ただし、

その依存を夫という特定の人に求める必要

もありません。







◆妻を追い込む「困った夫」


妻を追い込むいわゆる「困った夫」は、

妻が自分に経済的あるいは精神的に

依存していることがわかると、



平気で手を抜き、


妻を見下します。




そして妻自身は、

「夫に見捨てられたら生きていけない」


と感じてしまうと、夫に自己主張できずに

心の中に不満を募らせてしまいます。





しかし、大切なのは、


「いざとなったら、夫に頼らず

1人でやっていけるかもしれない!」



という自信をつけることです。




妻が精神的あるいは経済的に

自立を手にすれば、


夫に対してもきちんと自己主張できる

ようになるはずです。



そうなると、

夫との本質的な関係も確実に変わってきます。



「1人で生きていける」


という思いが妻の言動に自信を持たせ、

夫の態度にも変化をもたらします。





※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
行政書士 なかもり法務相談事務所では、


・誰かに話を聞いてもらいたい。

・誰にも相談できず悩んでいる。

・法的なことをもっと知りたい!

・解決策が見当たらない。
・内容証明、公正証書を作成したい。


などに対応します。


カウンセラーでもある行政書士が現在の状況

をお伺いし、今後の対応策や心構えなどを

アドバイスさせていただき、一緒に解決策を

考えていきます。


電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

ホームページはこちら から

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※



  



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。




夫婦が離婚すると、未成年の子どもの

親権者をどちらか一方に定めます。


しかし、


これだけでは、子どもの戸籍や姓は

変更しません。



子どもの親権者となり、かつ、その子どもと

異なる戸籍となった親は、


子どもを自分の新しい戸籍に入籍させれば、

子どもにも自分と同じ姓を名乗らせる

ことができます。





◆家庭裁判所の許可が必要



子どもの戸籍を変更させるためには、

子どもの住所地を管轄する家庭裁判所



「子の氏の変更」の申し立てをします。



申立人となるのは、

氏を変更しようとする子ども本人です。



その子どもが満15歳以上であれば

子ども自身が、


満15歳未満のときは、親権者などが

法定代理人となり申立てをすることに

なります。




※子どもが満15歳未満の場合、親からの

 「子の氏の変更許可」の申し立ては、

 親権者(法定代理人)でなければ行えません。



離婚時に親権者監護者に分けて、

監護者が子どもを養育している場合、


監護者からの申し立てはできません。





◆申立てに必要なものは…


・申立書(家庭裁判所に備え付けてあります)


・子どもの戸籍謄本(離婚した旨の記載があるもの)


・親権者の戸籍謄本(離婚後のもの


・申立手数料  収入印紙800円分×子どもの人数


・郵便切手   






◆満20才になると子ども自身が姓を

  選択できる。



「子の氏の変更」をした子どもが

満20才になったときには、


満21才になるまでの1年間に、

子ども自身が今のままの姓で

よいかどうかの選択ができます。



生まれたときの姓に戻りたい場合は、

戸籍係に届出をすれば戻れます。


家庭裁判所の許可は必要ありません。



その際、

元の戸籍に戻るか、自分自身を筆頭者と

する新しい戸籍を作るかの選択もできます。





※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
行政書士 なかもり法務相談事務所では、


・誰かに話を聞いてもらいたい。

・誰にも相談できず悩んでいる。

・法的なことをもっと知りたい!

・解決策が見当たらない。

・内容証明、公正証書を作成したい。


などに対応します。


カウンセラーでもある行政書士が現在の状況

をお伺いし、今後の対応策や心構えなどを

アドバイスさせていただき、一緒に解決策を

考えていきます。


電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

ホームページはこちら から

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


 

  




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:






行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。



配偶者が独身時代から抱えている

借金は配偶者の特有財産なので、


離婚の際に財産分与の対象

なりません。

支払い義務は本人にあります。



また、結婚してからの借金でも、

自分の趣味やギャンブルなどに

使うための借金であれば、

借りた本人に支払い義務があります。





◆支払い義務のある相手の借金とは?


結婚してから一方がした借金でも

明らかに生活費のためにしたもの

(日常家事債務)であれば、

財産分与の際に分け合う場合があります。




ただし、連帯保証人でなければ、第三者

からの返済請求を受けることはありません。



日常家事債務とは、


衣食住の費用

光熱費

家具・調度品の購入

医療費

保険費費用

娯楽費

子どもの教育費・養育費


などです。




◆「保証人」と「連帯保証人」の違いは?


よく「借金の保証人」といいますが、

保証人には


「保証人」「連帯保証人」


の2つがあります。





「保証人」・・・


債権者から支払の請求を受けた場合に


「まず、借りた本人に請求を!」


という権利があり、借りた本人に返済

する資力があり強制執行が可能であれば、

強制執行を求める権利があります。





「連帯保証人」・・・


上記のような権利はなく、どのような借金

でも連帯保証人になっている場合は、


離婚をしても債権者からの支払い請求を

受けたら本人に代わって返済しなければ

なりません。

     




※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
行政書士 なかもり法務相談事務所では、


・誰かに話を聞いてもらいたい。

・誰にも相談できず悩んでいる。

・法的なことをもっと知りたい!

・解決策が見当たらない。

・内容証明、公正証書を作成したい。


などに対応します。


カウンセラーでもある行政書士が現在の状況

をお伺いし、今後の対応策や心構えなどを

アドバイスさせていただき、一緒に解決策を

考えていきます。


電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

ホームページはこちら から

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


 

  


 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。