目標2.飢餓をゼロに 
    ~飢餓に終止符を打つ!食料の確保と栄養状態の改善、
     その持続可能な農業を推進する!~

 

ターゲット2-4 抜粋

     2030年までに、生産性を向上させ、生産量を増やし、
     生態系を維持し、気候変動や極端な気象現象、干ばつ、洪水
     などに対する適応能力を向上させ、漸進的に土地と土壌の
     質を改善させるような、持続可能な食料生産システムを確保し、
     強靭な農業を実践する!

 

ここでは、全世界の人々は飢えないように、農業の持続的な仕組みを
様々な角度から検討しようと。。。
最大の問題は、経済発展最優先にしてきた大気汚染やオゾン層の破壊。
結果、災害が多くなる。
また、必要以上の開発などにより、土壌汚染など農業に適さない土地が。。。

今後は技術での改善とともに、自然の治癒力を活かすことに世界の人々が
協力して注力し、より良い作物をつくりだすことが大切ですね。

 

⇒そうなるために、どのような知識を習得することが大切なのか?
 また、どのように関わることが可能なのか?
 子ども達と話してみたいですね。
 もちろん、日ごろの好き嫌いで残す食べ物は、、、飢餓に苦しむ世界の
 ともだちがみたらどう思うだろうか。
 嫌いでも工夫して食べることが大切なのかなぁ。
 後は、学校の植物を育てることは、二酸化炭素を光合成で酸素へ。
 何気ない行動が、環境改善になっていること。
 そう、貢献していくことの大切さを知ってほしいですね。

 

 なにをするにも、しっかり何らかの意味がある!ということを
 大人たちは、お話していきたいですね。
 これは、自己肯定感につながり、より良い人生を過ごす糧になるはずです。

 

まとめ!
SDGs 第2のゴールズ「飢餓をゼロに」でした(笑)