株式会社プラスエステート営業奮闘記

株式会社プラスエステート営業奮闘記

不動産会社で代表をしています。日々の情報を配信していこうと思います。
(ときどきスタッフ更新(*^^)vもあるよ!)

おはようございまーーーす。今日は少し雨模様ですが、元気に笑顔で頑張りまーーーす。

今日は新築住宅を今購入する。メリットを紹介させて頂きます。

 

●すまい給付金

すまい給付金は、住宅取得の際に、購入者が支払う消費税の負担を軽減するために創設されました。給付対象者は、世帯年収が一定額以下かつ、2021年12月までに新築住宅の引渡しと入居が完了した人です。

給付の要件となる世帯収入については、都道府県民税の所得割額にもとづいて決定されます。住宅ローンを利用する人は世帯年収775万円以下、現金で購入した人に関しては、世帯年収650万円以下が目安です。住宅ローンを利用しない場合は、収入の条件に加えて取得者が50歳以上という条件も追加されます。

給付額は最大50万円ですが、収入や不動産の持分割合に応じて給付額が決まります。申請は入居後から可能で、給付金を受け取れる期限は住宅の引渡しを受けてから1年3ヶ月以内です。

(国土交通省「すまい給付金」:http://sumaikyufu.jp/outline/sumaikyufu/index.html

 

●住宅ローン減税制度
個人が住宅ローンを利用し、住宅の取得を行ったときに利用できる減税制度です。確定申告をすると、その年の年末時点でのローン残高の1%(最大40万円)が、所得税から控除されます。控除期間は10年間で、最大控除額は、一般住宅が400万円、長期優良住宅と低炭素住宅が500万円です。

なお、2019年の消費税増税に伴って、2019年10月1日~2020年12月31日までに入居した人には、控除期間が3年間延長される特例措置が設けられていました。しかし、2020年9月末もしくは11月末までに契約をした人で、新型コロナウイルス感染症の影響によって期限内に入居ができなかった人に限り、2021年12月31日までに入居をすると、控除期間13年の特例措置が受けられます。

(国税庁「住宅を新築又は新築住宅を取得した場合」:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1213.htm
(すまい給付金「住宅ローン減税制度の概要」:http://sumai-kyufu.jp/outline/ju_loan/

 

●贈与税の非課税措置
親や祖父母から、住宅の取得や建築にかかる費用を贈与された場合は、最大1,500万円が非課税になる制度です。ただし、最大1,500万円の非課税枠が適用されるのは2021年3月31日までとなっています。
それ以降は非課税枠が1,200万円に減額されるため、2021年に住宅購入を考えている人は注意が必要です。

(国税庁「直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税」:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4508.htm

 

●登録免許税の軽減措置
登録免許税は、取得した不動産を登記する際に支払う税金です。本来は、土地や建物の評価額の0.4~2%の税金が課されますが、住宅を新築、購入した場合は、税率が0.1~0.3%に軽減されます。なお、この税率が適用されるのは、2022年3月31日までです。

(財務省「登録免許税に関する資料」:https://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/property/e08.htm#a03

 

以上です。

コロナ禍でなかなか先の見えない時期ですが、新築住宅を購入するメリット多数あります。

参考にしてみてください。

 

 

 

 

いつの間にか春らしい天気も多くなり、多くの方が新生活のスタートになりました。今年はコロナ禍にも掛からわず、沢山のお客様のお部屋探しのお手伝いをさせて頂き大変感謝しています。本当に有難うございました。これからもお客様の気持に寄り添いながら日々頑張っていきたいと思います。御縁に感謝です。!(^^)!

おはようございまーーーす。今日は朝から雨で、明日は雪の予報もでています。足元の注意や体調管理をしっかりして頑張りまーーーす。

今日は雨なので、物件内覧時の雨のメリットを御紹介させて頂きます。

雨の日だからこそ気づく室内のチェックポイント

雨漏りや水漏れが無いか

マンションの場合だと最上階でない限り、天井からの雨漏りはほぼありません。
しかし、雨漏りは天井からとは限りません。
窓などのサッシや玄関の建てつけが悪いと、風の影響を受けた雨が入ってくることがあります。
サッシ周辺や玄関の四隅などは確認することが大事です。

 

室内の湿気を確認。

梅雨時などは要注意。室内の湿気具合を確認しましょう。
室内で一番湿気が溜まりやすいと言われる収納の湿気具合や内側の壁などを見てみましょう。

 

雨の日の洗濯はどうされますか?

浴室に洗濯物を吊るすための物干しがあれば安心です!部屋に洗濯ものを干すと部屋に湿気がこもることになります。
分譲マンションや築年数の新しいマンション・アパートは浴室乾燥機や24時間換気システムを導入している物件が増えています。

 

バルコニーの水はけ状況。

ベランダやバルコニーの水捌けの確認は非常に大事です。
排水溝へ傾斜がついているかどうか、排水溝の口の部分の大きさなども要チェックです。
排水溝への傾斜がついていないといつまでも水が引かないため、湿気が取り除かれることなく残ってしますので注意です。

 

雨の日だからこそ気づく共用部分・周辺環境のチェックポイント

 

雨の日特有の音の問題

検討している物件が1階や2階といった下層階の場合、車が雨水を跳ねる音も気になります。特に目の前が車通りの多い、大通りの場合は特に気をつけて確認をしましょう。
 

エントランスからお部屋まで屋根はあるか、水はけ、雨よけがしっかりしているか。

分譲マンションであればエントランスからお部屋に向かうまでの共用部分に屋根が付いている物件がほとんどです。
しかし、エントランス部分の水はけ、風が吹いた時の雨よけが意外にも悪い事があります。すべりやすいエントランスもあるので足元重点的にチェックしておきましょう。

 

駐車場を利用する場合

駐車場からエントランスまでの距離も見ておきましょう。駐車場が遠くて傘が手放せなくなったり、狭い駐車場など傘をさすのに不便な面も出てきます。

 

以上です。参考にして下さい。

2021年明けましておめでとうございます。弊社は1月5日から営業を始めさせて頂きました。

今年は新年から、コロナの話題等、暗いニュースが多いですが、明るい気持ちで頑張ります。

 

私の使命はお客様に最新の情報を提供して、少しでも多く喜んで頂く事です。

一つ一つの出会いを大切にして、感謝の気持を忘れず、頑張りまーーーす。

 

今年もよろしくお願い致します。

こんにちはー 本年度は大変お世話になりました。

年末年始は12月29日~1月4日までお休みになります。

ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い致します。

 

今年はいろいろな出来事が沢山ありました。又沢山の方々と出会いがあり、最高の宝になりました。

 

来年度も初心を忘れず、一歩一歩進んでいきたいと思います。

 

有難うございました。

おはようございまーーーす。今年も残り僅か元気に頑張りまーーす。

今日は建物の構造の種類を説明しまーーす。

建物の構造は7種類あります。簡単にご説明させて頂きます。

木造(W造)

木は他の工業製品と比べて、自然由来の材料です。つまり生きた材料です。これは言葉のあやではなくて、木は水分を吸収すると膨張し、乾燥すれば水分を発散して収縮します。まさに生きています。また木材1つみても、節があったり密度が異なるなど、耐震性の観点からは扱いにくい側面が目立ちます。それでも法隆寺が1300年もの間、立ち続ける姿をみると、木造のポテンシャルの高さを感じざるを得ません。木は鉄骨に次いで、軽く強度の高い材料です。地震時の揺れは、RC造、重量鉄骨造に比べて大きくなりますが上手に設計すれば、地震エネルギーを効率的に吸収できます。

鉄筋コンクリート造(RC造)

鉄筋コンクリートは、鉄筋とコンクリートを組み合わせた材料です。コンクリートは石に近い性質を持っており、圧縮(押される力)には強いですが、引張りの力には弱いです。そこで引張力に強い鉄筋を組み合わせることで、とても優秀な材料になりました。

鉄筋コンクリート造は、比較的耐震性が高い構造として認知されています。それは間違いではありません。なぜなら、現在の建築基準法により設計されたRC造は、大きな地震によって崩壊した事例が少ないからです。

また、RC造は地震が起きたとき、比較的揺れが少ない構造です。普段の生活でも音が伝わりにくく居住性が高いので、マンション等に採用されます。

 

軽量鉄骨造(S造)

軽量鉄骨造と重量鉄骨造の違いは前述した通りです。軽量鉄骨造も柔らかい、という特徴を持っています。

現在、住宅メーカーのアパートとして軽量鉄骨造は多く採用されていますが、耐震性は定かではありません。というのも鉄骨の板厚が薄い分、大きな力には耐えられないですし、揺れはさらに大きくなります。

また軽量鉄骨自体、重量鉄骨に用いられる鋼材より性能・品質が劣ります。接合部の納まり、溶接にも難があります。同じ鉄骨造でも、重量鉄骨造とは全くの別物と考えたほうが良いでしょう。けっして耐震性は高くありません。

 

重量鉄骨造(S造)

重量鉄骨造は鉄骨造の一種です。後述する軽量鉄骨造との違いは、「板の厚み」です。板厚が4.5mm以下の鉄骨は軽量鉄骨です。6.0mm以上から重量鉄骨造となります。重量鉄骨造は板が厚い分、大きな力に耐えることができます。軽量鉄骨造と比較しても、明らかに耐震性は高い材料です。また鉄骨は、軽くて強度、剛性が高い特徴があります。そのため、RC造なら柱が沢山必要でも、S造なら柱を少なくできる、というメリットがあります

コンクリート造と比べると、地震時の揺れは大きいです。これは鉄骨の「柔らかい」という特徴が原但し、鉄筋因です。「なんだ、じゃあやっぱりRC造の方が耐震性が高いじゃないか」と思うかもしれません。

 

しかし、そうとも言い切れません。柔らかい材料は、「柳に風、のれんに腕押し、豆腐に釘」というように、地震力を受け流す性質があるためです。専門的に言えば、地震エネルギーの吸収に長けている構造で、耐震性は高いと言えます。

鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)

SRC造は鉄筋コンクリートに鉄骨を組み合わせた材料です。SRC造の柱を例にすると、柱の芯に鉄骨があり、その周りをRCで包んだ構造です。鉄骨のしなやかさと、鉄筋コンクリートの強さを兼ね備えています。

前述した建物構造の中では、最も耐震性に優れています。鉄骨造、鉄筋コンクリート造、両方の良さを引き継いだ建物構造だと考えてください。

 

コンクリート充填鋼管構造(CFT造)

CFT造は、住宅ではあまりお目にかかることは無いと思います。CFT造は、鋼管の中にコンクリートを充填することで、しなやかな鉄骨造に強さが備わった材料です。SRC造と似ていますが、CFTは鋼管の中にコンクリートを入れる点が異なります。

鉄骨造は座屈(圧縮の力が作用したとき、急激に耐力が低下する現象)が起きやすいのですが、鋼管の中にコンクリートを詰めているCFT造は、その難点も改善されています。

よって鉄骨造以上に、柱を細くしてスレンダーな建物にできます。商業施設などに採用が多い建物構造です。下記も参考になります。

 

アルミ造(AL造)

まだまだ数は少ないですが、増えつつあるアルミ造。文字通り、アルミニウムを構造材料として利用した建物構造です。アルミの最大の特徴は軽さです。鉄骨と比べて1/3程度なので、地震が起きた時でも有利です(地震力は建物重量に依存するため)。

 

他にも耐食性(腐りにくい)が高いなど、アルミならではの特徴がアルミ造に活かされます。耐震性としては、鉄骨造と同程度と考えておけばOKです。

 

以上です。参考にしてみてください。

 

おはようござまーーす。今日も天気のいい一日になりそうです。元気に笑顔で頑張りまーーーす。今日は新築建売と注文住宅のメリットとデメリットをお話させて頂きます。

①新築建売住宅のメリットデメリット

新築建売住宅のメリットとして、まず購入手続きが簡単なことが挙げられます。売主業者のプランで建てられた住宅を、その敷地と一緒に購入することになるため、売買契約時に手付金を支払って、残りのお金は住宅ローンで一括して借りるなど、資金の流れはマンションや中古住宅を購入するときと同様に、比較的単純です。
また、注文住宅とは違い、打ち合わせなどで時間を取られることが少なく、仕事が忙しい場合でもスムーズに購入することができます。複数の棟が同時に売り出される現場であれば、敷地境界が明確にされることが多く、隣地とトラブルを生じる可能性は低いです。建築に合わせて、周辺道路の整備などが行われる場合もあります。
建売住宅のデメリットとしては、間取りや設備などがなかなか自分の思いどおりにならないことです。一部、間取りの変更ができたりオプションで設備の取り換えができたりするケースはあるものの、自由に変えられるわけではありません。
また、画一的な建物になりがちで、隣地とそっくりな建物が並ぶ場合もあります。着工時から建築の様子を確認することは困難なため、しっかりとした工事が行われているのか不安が残る面も否めません。さらに、敷地が細分化されることによって隣家との間隔が狭くなる場合も多いものです。

 

②注文住宅のメリットデメリット

注文住宅のメリットは、建物の構造や間取り、設備、内装などを自分の希望どおりにできることです。自らが「施主」として、着工前から竣工までのすべての過程を詳細にチェックすることができ、「自分が建てた家」という満足感や充実感も得られやすいでしょう。
その反面で、設計や見積もりの段階において建売住宅とは比べものにならないほど多くの時間を割かれます。工事や設計の変更などで追加費用が発生しやすく、予算オーバーになりがちなこともあるでしょう。建築を依頼する工務店やハウスメーカーによって支払い条件は異なり、資金計画は繁雑になりがちです。
また、先に土地を購入して注文住宅を建てる場合、土地購入資金に対する金融機関の融資が難しい場合もあります。土地購入資金を住宅ローンの一部実行分として融資する金融機関のほか、土地購入には住宅ローンよりも高い金利のローンしか融資しない金融機関もありますから、事前に入念な打ち合わせをすることも欠かせません。

③コストの違い

一般的な建売住宅は、設備や内装などが平均的なグレードに留まりがちです。建築会社の利益など、「売れ筋の価格帯」に収めることや、万人受けして売りやすいことが優先されますから、あまり高級な設備やこだわりの内装などは取り入れにくいのです。量産品で比較的安いものが使われることも多いと思います。
それに対して注文住宅では、個人のこだわりが反映される分、建物の価格は高くなりがちです。工務店などとの請負契約とは別に、建築家に設計やデザインを依頼することで、支払いが増えていきます。
どっちを選ぶかは、建築前に手間を掛けられるかどうか、建売住宅では実現できないこだわりがあるのかどうか、といった視点で考えると良いと思います。また、二世帯住宅を求める場合には建売で供給される例がほとんどないため、注文住宅によって建てることになります

以上参考にしてみてください。

 

今日も一日頑張りまーーーす。

 

おはようござまーーす。早いものでもう12月、1年もあっというまですね。今日は朝から寒いですが、熱気ムンムン頑張りまーす。今日は賃貸のおすすめ物件を紹介させて頂きます。佐野市堀米町で佐野厚生病院様の近くになります。3DKでリフォーム済エアコン2台新品、洗面台も新品です。駐車場も2台込み家賃は5万円です。初期費用は相談になります。問合せ下さい。以上でーーーす。

 

おはようございまーす。今日は風が少し強いですが、元気に笑顔で頑張りまーーーす。

土地の売却時の値段の決め方について少しお話させて頂きます。まず不動産の売却時には必ず行う「査定」ですが、不動産会社がどのように不動産の資産価値を算出するのか、その基準となるものの概要を見ていきます。

土地の資産価値をどのように算出するかと言うと、次の4つの公的な価格に加えて、実勢価格(実際に取引される時価)を足すと5つあります。

 

①公示地価:国土交通省が土地取引の指標にすべく算定するもの。

 

 

 

②基準地価:都道府県知事が一般の土地取引の指標とすべく算定するもの。公示地価を補完する意味あいが強い。

 

 

 

③固定資産税評価額:市町村が固定資産税などの課税のため算定するもの。公示地価の7割程度と考えられる。

 

 

 

④相続税路線価:国税庁が、相続税や贈与税における課税額を算定するために公表している、路線ごとの価格。公示地価の8割程度と考えられる。

 

不動産業者は、「路線価」と「実勢価格」を参考にすることが多いです。

 

 

上記の4つの公的な情報と、現地を調べて(道路の状況や水道・電気がすぐ使えるか、騒音等)後取引事例等も含めて値段を検討させて頂きます。不動産に定価はありませんから、資産価値の見積額(査定額)の算定は不動産会社にとっても大変難しいもので、不動産会社によって価格が異なるのも当然と言えます。

 

査定価格が妥当なのか、売出価格に問題はないか、最終的な判断をするのは売主様です。ご自身の資産価値を知り、売りに出そうと思っている不動産の現状把握をしっかり行わなければ、大損する事態は避けられません。上記の基準を参考に、一度ご自身でも資産価値の算定をされることをお勧めします。

以上参考にしてみてください。