次の土曜日はルクレール!

テーマ:

気が付くと3月になってしまいました! 

 

 

 

 

なんとなく気温も上がってきて、やっと春の足音が聞こえてきましたでしょうか…。

 

 

 

 

 

私の3月はコンサート月!毎週コンサートがあり、なかなか多忙を極めております。
 
 
 
 
 

今週は次の土曜日の茨城県那珂市のとっても素敵なアトリエ、アトリエ浅田さんでのコンサート。

 

 

 

 

 麻布ミュージックプレイスの私の弟子でもある、新進気鋭のリコーダー奏者・井上玲さんとお馴染みチェンバロの鴨川華子さんとのトリオコンサートです。 

 

 

 

 

 

今回はフランスバロックのリコーダーに焦点を置き、415のアルトリコーダーとヴォイスフルート(D管のテナーリコーダー)を使って、

 
 
 
 
 

名曲オトテールの二つの旋律楽器のための組曲第一番や、それぞれのソロ、 

 

 

 

 

 

そしてなんといっても今回のコンサートのタイトルになっている、フランスバロックにおけるヴァイオリンの巨匠ジャン=マリー・ルクレールの音楽の愉しみ第2番を演奏します。

 
 
 
 
 

この曲フランス風序曲に始まり、フォルラーヌやサラバンド、ちょっと変わったタンブーランなど異国情緒あふれる様々な舞曲が一つになった名曲です。

 

 

 

 

 

 今回フラウト・トラヴェルソ(バロック期の木管の横吹きフルート)かヴァイオリンの為に作られた曲を、ヴォイスフルート二本の為に編曲。 

 

 

 

 

 

譜久島譲氏作の楽器を使用し、演奏する予定です。 

 

 

 

 

 

この曲とても素晴らしいのですが、とても複雑で超絶技巧…。

 

 

 

 

 

 1番のパートには足技が散々出てきます…w。 さてどうなりますか。お楽しみに! 

 

 

 

 

 

アトリエ浅田さんはJR水戸駅より水郡線に乗り換えて6駅、「上菅谷」駅より徒歩10分程度です。

 

 

 

 

 

 土曜日の遠足がてら、素敵なアトリエで音楽を愉しむ週末もいいかもしれません!

 

 

 

 

 

 チケットはナカルリコーダー教室<nakal@hotmail.co.jp>でも承ります。

 

 

 

 

 

メンバー一同、ご来場お待ちしています! 

 

 

 

 

 

以下はコンサート情報です。

~~~~
『音楽の愉しみ』 ~フランスバロック音楽とリコーダー~
 
プログラム
J.M.オトテール 組曲 第1番 ニ短調
M.コレット 組曲 第4番 ヘ短調
J-M.ルクレール 音楽の愉しみ 第2番 ほか
 
日時:201939日(土) 第一部:14時~ 第二部:18時~
 
出演:リコーダー:辺保陽一井上玲 チェンバロ:鴨川華子
 
会場:アトリエ浅田 茨城県那珂市福田1860-11
Tel:029-295-0393 http://asada.art.coocan.jp/
 
入場料:一般:3000円 学生:2000円(当日券は500円プラス、各回50席限定)
 
主催:ミュージックofハート音楽館
お問合せ・ご予約:080-4815-8095 / s701.ongakukan@icloud.com(菅谷)
 
プロフィール
 

辺保陽ー リコーダー
筑波大学卒業後渡欧。スペイン、カタルーニャ高等音楽院を経て、スイス政府奨学生としてチューリッヒ芸術大学大学院に学びデュプロマを取得、最優秀の成績で卒業。リコーダーを向江昭雅、ペドロ・メメルスドルフ、ケース・ブッケの各氏に師事。
2009年にはキエフ国立フィルハーモニーメンバーとヴィヴァルディのソプラニーノ協奏曲イ短調を共演。近年は日本各地でリサイタルを行う他、ケース・ブッケ氏とのデュオ・コンサートツアーや、古楽アンサンブル『コントラポント』の定期公演に出演するなど精力的に活動している。昨年ブッケ氏と「DUO~神に捧げるデュオ~」をコジマ録音よりリリース。​つくばリコーダー合宿主宰、​茗溪学園中学校・高等学校非常勤講師。​http://ameblo.jp/nakal-fl/
 
井上玲 リコーダー
大阪府出身。8歳よりリコーダーを始め、庄野龍夫氏に師事したほか、山岡重治、ダン・ラウリン、ケース・ブッケ各氏など内外の演奏家からも指導を受けた。現在は東京大学文学部で美術史学を専攻しつつ、リコーダーを辺保陽一氏に師事し研鑽を積んでいる。第17回KOBE国際音楽コンクールにて奨励賞、第2回兵庫県リコーダーコンテストにて金賞と兵庫県教育長賞、第35回全日本リコーダーコンテストにて金賞をそれぞれ受賞。
 
鴨川華子 チェンバロ
東京音楽大学ピアノ科を経て同大学研究科チェンバロ専攻修了。第9回国際古楽コンクール<山梨>チェンバロ部門にて最高位。第7回栃木[蔵の街]音楽祭賞受賞。1998年ブルージュ国際古楽コンクール・チェンバロ部門にてディプロマ受賞。ソロ活動の他、協奏曲のソリスト、室内楽の通奏低音奏者として多くのアーティストと共演、録音にも参加している。2005年より東京オペラシティ・近江楽堂にて、コンサートシリーズ「フルートとチェンバロの愉しみ」毎年開催。2009年に仲間と共に立ち上げた「ジョーバン・バロック・アンサンブル」は盛況のうちに回を重ね、2019年5月に第23回演奏会を予定している。
http://www.asahi-net.or.jp/~ds8t-mr/index.html