心を動かす言葉の魔法 in スタバ編 | 【心を動かす魔法であなたの願いを叶える~手紙、復縁、恋文、詩、フレーズ~】

【心を動かす魔法であなたの願いを叶える~手紙、復縁、恋文、詩、フレーズ~】

もしあなたが文章を上手く書けない人ならば、心を動かす文章を考案するプロの代筆屋にご依頼ください。
下手な文章を上手い文章へ、嘘くさい文章を本物の文章へ、
伝わらない文章を伝わる文章へと変えて見せます。
相手の心は動きだし、あなたの願いは叶えられるでしょう。

 

こんにちは、心を動かす代筆屋のナカジです。

 



僕はほぼ毎日、スターバックスにいます。

買うのは、コーヒーのトールサイズ。

98%これです。

残り2%は糖分補給にダークモカチップ

もしくはチャイティーラテ



今日の店員さんとのやり取りで

言葉や文章やコピーで商品を売るための

 

すっごい気づきがあったのでシェアしておきます。



1.ナカジ「アイスコーヒーのトールサイズをください」

スタバ店員さん「アイスコーヒーのトールサイズですね。
ご一緒にお食事などはよろしかったですか?」

2.ナカジ「いや、大丈夫です」

スタバ店員さん「今日は、珍しい、〇〇産のコーヒーをご用意しました。」

3.ナカジ「へぇ、そうなんですか」

スタバ店員「チョコレートとか、こちらの〇〇スコーンなど
このコーヒーによく合いますよ」

4.ナカジ「・・・後で買います」



ふだん何を言われてもスタバで食事など一切取らない私が、

心を動かされて、今もう〇〇スコーンを買う気満々です。



これは分析しないといけませんよね。

まったく買う気のなかった僕が

なぜ心を動かされたのか?




1.の時点でコーヒー以外の食事など

まったく買う気はありませんでした。



心が動いた1撃目の言葉は、

2.の「珍しい」という言葉

店員さんの珍しいという言葉に脳が「え?」となったんです。



普段飲み慣れているコーヒーに私は何の関心もありません。

でも、この珍しいという言葉にコーヒーを意識しました。

そして、3.の「チョコレート」「〇〇スコーンに合う」

この言葉に「珍しいコーヒーに合うなら、

一度このコーヒーを飲みながら食べてみたいな」

と思ったわけです。



店員さんの彼は、

「買ってください」

とはひと言も言ってません。



私が「珍しい」に反応して、

勝手にコーヒーのイメージを膨らませ、

勝手に珍しいコーヒーと合う食べ物を食べたときの味をイメージして

勝手に感動を味わいたいなと思ったんです。



何か商品サービスを購入するとき、

自分で選んでるという自覚がありますよね。

自分で選んで自分で買ったのだと。



じつはそれは間違いだってご存知ですか?



人はつねに選ばされているんです。

購入の決定権はつねに売る側にあります。

言葉を使って心を動かす本質を知っていれば、

言葉を使って消費者を購入決定へと誘導できるからです。



なんだか怖いですね。

 

気味が悪いですか?

でもそれが真実ですよ。


逆にもしあなたが何か事業をやっていたり、

これから起業して商品サービスを売っていきたいのだとしたら、

言葉や文章やコピーを徹底的に勉強するべきです。

 

 

売れなければどんな事業も存続できません。

売れて初めて認識してもらえます。

たくさんの商品サービスを利用してもらえます。

あなたやあなたの提供する商品サービスの価値を知ってもらえるのです。




そのためには必ず言葉や文章やコピーが必要です。

絶対です。


経営にはライティングスキルが必須です。



さぁどうしましょう。

そんなあなたのためにとっておきのお勧め本を書きました。

商品サービスを購入してもらうための

最低限の基礎知識を詰め込んでいます。

最低限の基礎知識です。

経営するならこれぐらいは知っておかないと話にならない

 

というレベルの本です。

 

中上級者の方も初心に返る。

 

という意味でも読み込んでぜひ自分のものにしておいてください。

↓↓↓

Amazon kindle新着ビジネスライティングランキング1位頂きました!

 

 

「人の心を動かすためにはどうしたらいいんだろう?」 

もしこの言葉に共感された方はぜひ私のメルマガを登録してください。

 メルマガを読んでいるうちに心を動かす文章を書くコツがつかめるようになりますよ。 

 

⇒プロの代筆屋による心を動かす魔法のメールマガジン【無料購読】 

 

※言葉と文章を使って心を動かす最高のプレゼントをご用意しました。 

プレゼント期間は告知なく締め切りますのでお早めにご登録ください。