色褪せる文章と色褪せない文章 | 【心を動かす魔法であなたの願いを叶える~手紙、復縁、恋文、詩、フレーズ~】

【心を動かす魔法であなたの願いを叶える~手紙、復縁、恋文、詩、フレーズ~】

もしあなたが文章を上手く書けない人ならば、心を動かす文章を考案するプロの代筆屋にご依頼ください。
下手な文章を上手い文章へ、嘘くさい文章を本物の文章へ、
伝わらない文章を伝わる文章へと変えて見せます。
相手の心は動きだし、あなたの願いは叶えられるでしょう。



何年経っても色褪せない小説とかってありますよね。

個人的には松本清張先生の小説。

「黒革の手帳」「点と線」「砂の器」「ゼロの焦点」

令和になった今読んでも、最近書かれたのかなと思うほど

色褪せません。



逆に、つい最近書いたものなのに、

すでに色褪せてる小説もありますよね。

文学賞受賞作、ほうほう読んでみようって読んだら

「なんじゃコレ!?」みたいな・・・。



この違いについて、

ちょいと気づいたことがあります。



書き手の生きてきたリアルというか人生が

言葉に沁みこんでるんですね。

いや、沁みついてるというか、、、



うーん、言葉が生々しいんですよね。

読んだ瞬間、「うわっ気持ち悪るっ」とか

実際に吐き気を催したり、

そういう気味の悪い文章って、

ようは生々しいということは、生きてるってことなんですよね。



やっぱり文体というのは、

書き手の人生を映し出してしまうから、

最近の作家の文章が色褪せて見えるのは

生きてきた道のりが生ぬるいからなのかなとか思ったりします。



歴代の文豪たちの文章は嗚咽するほど生々しい。

耳元で息遣いまで聞こえてきそうなんです。

いいのか悪いのかって話ですけど、



僕個人的にはそういう生々しい文章が

読む人の心をかき乱し、

結果として心を動かすんじゃないかなって思うところであります。



そんな心を動かす文章書いてます。


代筆屋 中島泰成


===============================
作品のクオリティ(品質)を保持するため
考案する文章は1日1件のみです。

お急ぎの方はお早めにご依頼ください。

⇒ご相談ご依頼はこちらからどうぞ。

依頼者の抱えている悩みに触れ、心の奥に入り込んでいきます。
極限の集中力と細かな神経を使い、言葉を文字に文字を文章に文章を物語に具現化します。
その後、「寝かし」「加え」「削り」この工程を何度もくり返します。
「一件、一件、心血を注いで心を動かす魔法の文章を考案したい」
という想いから考案する案件数に制限を設けております。
※案件が立て込んできた場合はお断りする場合があります。ご了承くださいませ。

⇒ご依頼は先着順です。お急ぎの方はお早めにお願いします。

 

 

依頼する前に私代筆屋のことをもっと知りたい方は

心を動かす魔法の文章術という書籍がありますのでどうぞ。

↓↓↓