ご無沙汰してます!

テーマ:
こんにちは。
今日はバレンタインDAYですね~
出産前まで働いていたベルギーチョコのお店では、一年でもっとも慌しく忙しい時期でした。
でも、育児中で世間から少し隔離されたような私にとっては静かなただの土曜日。
チョコを喜ばない旦那さんのためには・・いつものようにお酒でもプレゼントしようかな。

さて、前回の記事からまる1年も経ってしまいました。

この一年、子供と一緒にわたしまで子供時代に戻ってしまったかのように、早く起きて、日中は外で遊んで、お昼寝をたっぷりして、ご飯をいっぱい食べて、夜は早く寝て・・の繰り返しの日々でした。
おかげさまで、子供は健やかに元気に育ち、赤ちゃん時代が終わってやんちゃな男の子に成長しました。
4月の終わりには2歳を迎えます。

外で遊ぶときには私が子供の後を追いかけてますが、家の中では私のそばにぴったりくっつき、家事もゆっくり出来ません。
子供と密着した生活、自分の時間は全然といってもいいほど取れず、昨年は一冊の本さえ読めずじまいでした。
日常生活が何倍も手間の掛かるものになり、いらいらすることもしゅっちゅう。(私の場合、いらいらがピークになって爆発しそうになると、冷蔵庫に常備してある板チョコをパクリ・・コレがとってもよく効き、カーッとなった心がやんわりと落ち着きます。)

でも、とても楽しくて幸せな日々でした。
これからも沢山の幸せと笑顔を私たち夫婦にプレゼントしてくれるのでしょう。

今日はめずらしく私に少しの時間がもらえ、ずっと気になっていたブログを書くことが出来ました。
少しの近況報告だけですが、お伝えできて嬉しいです!

出産後は地元の公園や新江ノ島水族館、近所のカフェ、鎌倉あたりがもっぱらの出かけ先となって、行動範囲が狭くなってます。
でも、水族館(年間パス持ってるので、週3~5日通ってます。ありがたや・・)から見る美しい海と空の風景が季節や時間帯で変化していくことや、すっかり顔なじみになった児童館のママさんたちや子供たちとのふれあい、地元のスーパーの店員さんやカフェのスタッフさんとのたわいもない会話など、働いていた時代には持てなかった、しみじみとゆったりとしたなんでもない日常を持つことができました。
子供がいることで、なんとたくさんの人があたたかい言葉や気遣いをくれるのでしょう・・!
そのことが、変哲の無い小さな暮らしをきらきらと特別なものにしてくれています。

私の日常の風景、次回のブログでお伝えしたいなぁ・・と思ってます。
地元にもたくさん素敵な場所があります。
とりあえずは水族館かな?
今日も今から行って来ます!

それでは、また。

こんにちは。


こちら鎌倉では、雪の後の快晴、昨日までに街を真っ白に染めていた雪が溶けて、あちらこちらでぽとぽと音がしています。

2週続けて週末は大雪になり、雪国のような光景にびっくり・・

湘南では滅多に無いことなので、道に厚く降り積もった雪に長靴の足をとられながら歩くのも中々楽しいことでしたが、やはり慣れない気候には不便を感じることも多いですね。

今日はたまったお洗濯をして、スーパーに買い物に行って・・

大雪の予報が出てから近所のスーパーにはほどんど生鮮食品が並んでいない状況が続いていましたが、今日はどうでしょうか。


育児真っ最中の多忙な日々です。

子供は先月末に9ヶ月になりました。

ホント、出産からあっという間。

離乳食が3回食になり、つかまり立ち、つかまり歩きが出来るようになり、何でも口に入れるようになり、どこでもハイハイ(しかも早い・・!)で行かれるようになり、ますます私の後を追っかけるようになり・・

まったく目が離せない、自分の時間が全然取れない毎日になりました。

今が一番大変なんでしょうか?

それとも、これからどんどん大変になっていくのかな?


平日は市がやっている児童館に通ってます。

これが子供にとってとても刺激を受けるようで・・

自分よりも大きなおにいちゃんやおねえちゃんの姿をじーっと観察したり、走り回る子供たちに一生懸命ハイハイで追っかけてみたり、時には意地悪されたり・・

家に二人きりでいると殆どずっと私にしがみついて甘えてますが、外での姿はちょっとお兄ちゃんぽくて微笑ましいです。





これは少し前、6ヶ月頃の慈朗。

初めて美容師さんに髪をカットしてもらってすっきり。

ずりばいからハイハイに変わってきた頃です。

七里ガ浜の児童館にて。

こちらは広くてきれいでとっても明るいです。

普段、こちらの他に腰越の行政センターにも通っています。



はー、やっと記事が書けました。


ではでは、、また。



今年はいつまでも暑いと思っていましたが、ここしばらくで急に寒くなりました。

クローゼットの奥からニット類を取り出し、布団も秋冬用に変えました。

コタツを出して、ストーブの灯油を用意して、すっかり冬支度ですね。

一年の流れはあっという間、出産を経験した今年は特に早い気がします。


子供ももう11月末で7ヶ月になります。

前回のブログではたしか、寝返りをうてるようになったところでした。

(実はこのブログは10月に書き始めたのですが、中々ゆっくりとした時間が取れずに11月も終盤になってしまいました。。)


ほどなくして、寝返り返りも出来るようになったのですが、そのきっかけにはエピソードがあります。


ある日、子供とふたりっきりの夜のことでした。

この頃は、毎日毎日夕方になると大泣きしていたのですが(黄昏泣きというものらしい)、この日も相変わらず泣き喚いていました。

だんなさんが遅い帰宅になる日だったので、早くお布団を敷き、いつでも子供と一緒に眠れる態勢に。

晩御飯も食べられないまま子供のそばにいたのですが、寝返りをしては大泣きするのをくりかえしているのをひっくり返したり抱っこしたり、優しく話しかけたり・・あれこれと手をかけてもちっとも泣き止みません。


わたし、とっても疲れてしまいまして。。

脳内が大音量の泣き声に満たされて思考能力もストップしてしまい・・

子供を布団の縦の端っこに置き、わたしはもう片方の端っこで子供が泣くのをぼーっと見てました。

(つまり、子供から少し離れたかったのです。プチ放置?!)

そばにいても泣くくせに、わたしが少し離れたものだから、今まで以上に泣き叫びます。

ちっさな体全身がスピーカーになって、ものすごい声量です。

我が子ながら、手に負えない感じです。

寝返りしたままひたすら泣く子供に手も差し伸べず、疲れ果てて寝てくれないかなぁ・・・などと考えながら見つめていたら、

驚いたことに、わたしに向かってごろんごろんと寝返り返りを始めたじゃありませんか。

そしてわたしのすぐ傍らまで来て、泣き叫びながら私を見上げています。

「おぉ・・!」と内心びっくりしながら、ちょっとサドっぽい気持ちになっていたひどいわたし、抱き上げて、もう一度元の場所に戻してしまいました。

するとすぐにまたごろんごろんとわたしに向かってきます。

何だかとっても健気に思え、愛おしくなって、ぎゅーっと抱きしめました。


その日から、寝返り返りが出来るようになり、少し目を離すと遠くまで移動しているようになってしまいました。

最近ではずり這い(ハイハイ前の、お腹をべったり床に付けてずりずり・・と移動します)

ますます目が離せない日々の始まりです。



興味を惹かれると何でも触り、口に入れてなめます。

おもちゃはもちろん、ありとあらゆるもの・・・

イスの足を一生懸命なめている姿を見たときには思わず脱力してしまいました。。

赤ちゃんって、かなり雑菌を摂取していることになりますね。

哺乳瓶の消毒(わたしは消毒系はかなり手抜きな方で、唯一哺乳瓶を煮沸してる位)が無意味に思えるほど。

予想が付かないものをなめてたりするので、「きゃー」と思いつつ掃除で追う日々です。


子供の様子を見ながら家事を何とかこなすので精一杯、自分の時間はほとんどなくなりました。

バッグ制作再開には程遠いですが、切れ間切れ間でミシンを走らせて、ガーゼのハンカチやエコバッグ(お世話になった人へのプレゼント用に・・)・自分用のチュニックなんかを作っています。




ナカイヤスコの手仕事の日々

まだ暑い頃の画像ですが・・

色んな色のリネンを使って、子供のマットを作りました。

子供用にしては渋すぎでしょうか。。



近所の児童館へ行ったり、海まで散歩したり・・の毎日で、行動範囲がほぼ家の近所のみ、とかなり狭いのですが、

この頃は近所が楽しくなってきました♪

私の住む腰越は、鎌倉でものんびりとした場所で観光客も多くないので、ベビーカーでのんびりと散歩するのもいいものです。


古くてレトロな可愛いお家が立ち並び、緑が多い住宅街は歩いてるだけで楽しいし、

小さなカフェや住宅街にひっそりと佇むギャラリーカフェ(とっても近所!)は、ベビーカーでも気兼ねしないで大丈夫なアットホームな雰囲気だし、

道をただぶらぶらとベビーカーを押して歩いているだけでも、すれ違う色んな人に声をかけて頂けたり・・

夕日の頃に海まで歩き、ベビーカーの横で小説を読んでいる時間なんて、本当に満ち足りた気持ちになります。


今まで、住んでいる場所に今ほどじっくりと付き合った事がなかったなぁ・・と思います。

日常的に行くようになった、ご近所のお店や場所。

だんだんと、居心地の良い“自分の場所”が増えていくのは、楽しいものですね。


育児は本当に手が掛かるものだと実感しましたが、子供と一緒の行動の中にも、日々、子供からのプレゼントのような幸せが沢山あり、人生の中でも濃厚な日々をすごしているのだと思います。


+++


お向かいの、梨木香歩の小説に出てくるような可愛くて懐かしいお家に住んでいる奥さんが、先日お庭の花をかごに入れて持ってきてくださいました。

「剪定したから、どうぞ。」って。

可愛いピンクのスプレー菊が、クリスマス柄の紙ナプキンや細いリボンで飾られていて、良い香りを放っています。

善意そのものの可愛らしいプレゼントは、玄関に飾られて、白っぽいスペースにまさに“花が咲いた”ように華やぎを与えてくれました。

お向かいの奥さんとよくお話するようになったのも、子供がきっかけ。

もっと子供が小さくて夕方によく泣いていた頃、抱っこして外に立ってると(不思議と外にでるとご機嫌になるのです。)、お向かいの奥さんが犬のお散歩に出てらしたりして、たびたび立ち話をする機会がありました。

お孫さんがちょうど私の子供と同じくらいだそうですが、とても若々しくて美しくて素敵な奥さんです。

いつも感じが良く、暖かい気持ちにさせてくれるので、あんな女性になりたいものだと憧れています。



ご近所といえば、もうひとつ素敵な出会いがありまして・・

初めて児童館に出かけた際、偶然お隣に住むママさんと出会ったのですが、なんと、子供の生年月日がまったく同じだったんです。

不思議と今までまともに出会ったことがなく、ベビーカーで出かける姿を一度だけ見かけて「こんにちは」と少し離れた場所から挨拶した程度で、その時は赤ちゃんが見えずどのくらいの月齢かも分りませんでした。

お話してみると、彼女もその児童館に出かけたのはまだ2回目で、こんなミラクルな偶然にびっくりし合いました。

引っ越してきた時期がまったく同じだったり、同じ着物好きだったりと、いろいろ共通点が多そうです。

ご近所にママ友いたら嬉しいな・・と思っていた矢先の出会いだったので、驚きながらも、やっぱり子供がきっかけの幸せなプレゼントだなぁと感じてます。


+++


今日は子供が夕方のお風呂上りからぐっすり眠ってくれて、こんなにのんびりと静かな時間は久しぶりです。

読みかけの小説を最後まで読むことが出来て、こうしてブログの続きも最後まで書くことが出来ました。

これも子供からのプレゼントですね。





こんにちは!

またまたご無沙汰してしまいました。


今年は本当に暑い夏でしたが、やっと朝夕は涼しくなりましたね。

夕方からは秋の虫がりんりん鳴くようになり、いっそう涼しげです。


育児に追われる日々が続いていますが、

子供も今日で4ヶ月になりました。


3ヶ月過ぎる頃から、急激に成長が感じられるようになって来ました。


ちょうど3ヶ月頃から、夜間に時折添い乳(赤ちゃんと寝たまま横向きで向かい合って授乳)するようになったのですが、

気付けば、子供が自分で私のほうに体を横向けて口をパクパクさせておっぱいを欲しがるようになりました。

仰向けに寝たっきりの新生児が、ある日突然「えいっ」と体を横に向けたのは、(わたしにしてみれば)かつて類人猿が2足歩行を始めたかの衝撃でした。


それからたまーに寝返りするようになったのですが、本人が意図してではなく、寝起きに伸びをするついでに偶然寝返ったと言う感じ。

寝返りしたのはいいけど、その体勢から動けずにうんうんうなって、程なく泣き出す始末です。


が、1週間ほど前、朝起き抜けにむっくりと寝返りしたかと思うと、その後1日中寝返りしてました。

寝返りでうつぶせになってもまだ元の体勢に戻ることが出来ないので、寝返り返りを手伝って仰向けにさせるのですが、懲りずに何度でも寝返りしてしまいます。

1回で上手くうつぶせにならなかったり、うつぶせになっても片腕が胸の下敷きになって中々抜けなかったりしますが、何度も何度も繰り返します。


今はかなりすんなり寝返り出来るようになりました。


が、ひとつ問題発見。

決まった片側からしか寝返りしないのです。


眠る際、母子ひとつの布団の左右決まった位置にいたので、

添い乳でいつも同じ方に体を横にしていました。

なので、どうやらそれが癖になってしまっているみたいなんです。。


昨日からは、もう片方から寝返りするように手伝って練習させているのですが、まだ出来ません。

寝返り返りは、たまーに成功しますが、まだ上手くコントロール出来ないようです。



ナカイヤスコの手仕事の日々

うつぶせになると、手足を動かして前に進もうとしますが、

まだまだ力が無いのか動きません。



体もどんどん成長してますが、

情緒や感情もどんどん発達しているのが感じられます。


「あ」とか「お・・っくん」などの可愛らしい言葉が始まり、毎日違う言葉がどんどん出てきて、

私の姿が見えなくなると、大きな声で「えいえい!」と呼ぶようになりました。

(「お母さん来たよ~」と、顔を見せるまで、「えい!えい!」と呼び続けるのですが、2階のベランダで洗濯物を干してると1階から「えいえい」が聞こえてきて、ちょっと笑ってしまいます。)


私の語りかけに言葉を返すようになり、笑顔を見せるようになりました。


この頃では、何か言葉を発したいのに、上手く発音出来ない・・と言った感じで、明瞭でない「あー・・・」というような言葉を語りかけてくることが多々あります。

よく判らないのですが、

以前は意味を考えないでどんどん発声していたのが、何かしらのことを伝えたくて、でもまだ言葉が伴わなくて・・といったモドカシイ感じに私には思えて、これも成長なのだろうと解釈してます。


PCで童謡メドレーを流して、一緒に歌ってあげるのですが、

わたし、「しょうじょうじのたぬきばやし」が大好きなんですね。

お寺の和尚さんに負けまいと、仲間と腹太鼓をうつたぬきの唄なのですが。

歌詞の一番最後で、「おいらはうかれて ぽんぽこぽんのぽん!」というのですが、

唄にあわせて子供のお腹をぽんぽん!とたたいてあげると、声をあげて笑います。

何度か繰り返すと、大はしゃぎです。

子供の体がまだ小さいので、体育座りにして立てたひざに子供の体を乗せて、向かい合って唄ってます。

近くで目と目が合うので、子供がそれも嬉しいみたいです。



ナカイヤスコの手仕事の日々

ほっぺたぷにぷにです。

先日、お散歩してたら1歳半くらいの女の子と出会ったのですが、ずーーっとほっぺたツンツンしてました。

そのうち勢いあまったのか、ほっぺたをわしづかみ。

(保護者の方があわてて「ダメ!」って離してくれました)

ほっぺに赤い跡が出来てしまいましたが、ちょっと涙眼になりつつも泣きはせず。

「さすが男の子!強いぞ~」

と褒めておきましたが、

まだ小さい子同士は気をつけてあげないとダメですね~

そんな当たり前のことも、改めて学ぶ、初心者ハハです・・



以前は必死で飲んでいた母乳、

この頃は「遊び飲み」を始めました。

朝、目を覚ました際におっぱいをあげるのですが、

このときに限って、少し飲んでは顔をあげてわたしの瞳を覗き込み、何だかとても嬉しい様子で話し掛けてきます。

そしてまた少し乳を含み、また顔をあげてニコニコしながら何か話して・・

この様子が、子供が心から幸せそうで、満ち足りた雰囲気がして、私の大好きな時間です。

なんて話してくれてるのかな?

楽しい夢を見た話でもしてくれてるのでしょうか。


少し前までは、泣く→おっぱい→寝るの繰り返しだったのに、

随分とひとりで機嫌よく遊んでいる時間が増えました。

最近のお気に入りはタオルで、体に絡ませながら口に含んだり顔に掛けたりして遊んでます。


来週は4ヶ月検診です。

健康に過ごしてくれていて、何より嬉しいことです。



子供が2ヶ月になりました♪

テーマ:

ご無沙汰しています。


毎日赤ちゃんとお家で引きこもり生活、あっという間に2ヶ月目となりました。


泣いて、おっぱい飲んで、寝て・・の繰り返しだった新生児を卒業して、最近ではときおり笑顔を見せたり赤ちゃん言葉を話したりと、順調に育っています。


お昼寝出来なかった日など、夕方近くになるとひたすら泣いて困ってしまうこともありますが、

あやしながらだっこしている我が子の、いたいけな足とかもみじみたいな手とか眺めてると、小さい小さいからだいっぱい表現してるんだなぁ・・と、ふつふつと心の奥底から湧き上がってくるような愛情を覚えます。



ナカイヤスコの手仕事の日々


おっぱい一杯飲んで、ぷくぷくになりました。


アロハシャツの古着で作った甚平さんは頂き物です。

手作りのもの、使ってみるとやっぱりあったかい気持ちになりますね~



ナカイヤスコの手仕事の日々

これは1ヶ月半くらいの頃かな?

思わず笑ってしまった寝姿。

赤ちゃんの着ぐるみをかぶってるだけで、中にはおっさんが入っているんじゃないかと思うことがしばしばありますが、この寝姿も、TV見ながら酔っ払って眠ってしまったおっさんみたいです。


無事出産しました!

テーマ:

ご報告が遅くなりましたが、

先日4月29日、無事出産しました♪


退院したらすぐにご報告を・・と思っていたのに、慣れない育児に奮闘しているうちに随分経ってしまいました。

このブログも合間を見て細切れで書いてます。。


予定日は5月14日だったのですが、2週間ほど早く生まれました。


初出産は陣痛から出産まで時間が掛かって大変とか、陣痛の辛さとか、出産の苦しみとか・・色々周りの人から聞いたりネットで体験談を読んだりしてまして、とにかく想像を絶する体験なのだなぁ。。と、諦めにも似た気持ちでいたのですが。

まさかこんなに早く出産日を迎えるとは・・



出産はひとそれぞれの体験ですが、私の体験を書いてみますね。

ご興味があればお読み下さいませ・・



29日出産当日、まだ予定日より2週間前でしたが、なんとな~く予定より早く生まれそうな気はしてました。


虫の知らせ(?)なのか、「そろそろ入院の荷物作らなきゃ・・」と、ようやく鞄に荷物をつめ、入院の申込書を書きました。


2日前から、出血(鮮血)が少しありました。

なんとなくたまに生理痛のような痛みがあり、ネットで調べたところ、「前駆陣痛」というものっぽく、本陣痛になるまで1週間くらい続くこともあるらしいことが分りました。

出血してから出産日までの日数も人それぞれみたいなので、私も1週間くらいこの状態が続くのだろうなぁ・・と考えてました。


この日は2時から「相棒」のスペシャル再放送があり、

こたつに入りながら観ていたのですが、痛みが定期的に波のように繰り返し起こるようになってきたではありませんか。

TVには時計の表示があったので、「痛み~沈静」が起こる時間を計ってみると、10分間隔ぐらい。

「あれ?これはもしや・・」と、病院でもらった出産の手引書をごそごそ取り出し読んでみると、“10分間隔くらいに陣痛が起こるようになったら一旦病院に電話して、5分間隔くらいになったら病院に来て下さい”とあります。

しかし、 陣痛=我慢できないような痛み と思ってましたので、自分に起こっているのが陣痛だと判別がつかず、3時半くらいになって、病院に電話してみました。


「あのー、痛みが繰り返して起こるのですが、そんなに痛くないので陣痛かどうか判断できないのですが・・」と聞いてみると、

看護師さんものんびりした感じで、「お声を聞いている感じではまだまだ生まれなさそうですね~。普通はまともに話せない状態で電話が掛かってきますので~。」と。

「5分間隔くらいに痛むようになったらもう一度電話していただけますか?」と言われ、一旦電話を切り、再度TVを観ていたのですが、ほどなく5分間隔に。

そして痛みも少し強くなってきました。


また電話したら、「うーん、お声はまだまだ大丈夫そうですけど、一度病院に来てみますか?もしまだまだ出産しなさそうだったら、一度家に帰ってもらうことになりますが」とのこと。

家に帰されるのはめんどくさいな~と思いつつ、行ってみることに。

この辺りから結構お腹が痛くなってきました。(キリキリした痛み)

ただ、陣痛って不思議で、痛みが来たあとにまったく痛くない状態が必ず来るんです。

イタタ・・ケロリって感じです。


だんなさんとふたりでタクシーに乗り込むと、「混んでるよ~」とドライバーさん。

そりゃ、GW中の湘南、仕方ないですが・・

大きな通りは全然進まない混み具合です。

だんなさんが「裏道を行ってもらえますか?」とお願いすると、ドライバーさんはのん気な口調で「急いでる?」と。

そりゃ、急いでますとも(笑)

そこからは裏道をどんどん進み、6時半頃病院に到着。


車椅子に乗せられ(救急の待合室を通るのがちょっと恥ずかしい。。。)、内診すると、すでに子宮口が4センチ開いているとの事。(生まれるときは子宮口が10センチくらい開くらしい)

それから陣痛室と呼ばれる小部屋へ。

一旦家に帰されずほっとしつつも、お腹はどんどん痛くなってきました。

ベッドに横たわり、ひたすら心身滅却。

痛みが来たら、意識をかわす。

風になびきながらも倒れない草花のイメージです。

そして、陣痛の合間にかならず来る、まったく痛みの無い無風状態を待つ。

だんなさんが腰をずっとさすってくれてたのがとても有難かったです。


しばらくすると、痛みに変化が。

ぐ~~っと痛みと共に、体が自然にいきんでしまうように。

「いきむ」って、言葉だけだとイメージが付きにくかったのですが、実際の瞬間になると、「あぁ、これか!」と。

お腹の赤ちゃんが下に下に下りてくるイメージと共に、自分の意思とは関係なく赤ちゃんを体内から押し出そうとする力が働きます。


だんなさんに助産婦さんを読んでもらい、再び内診をすると、完全に子宮口が開いているとのことで、すぐに隣室の分娩台に。

夜8時半頃のことです。

両足を固定されると、完全にまな板の鯉状態。

ここまできたら、あとは生むだけだなぁ・・と半ば安心した気持ちでした。


私の場合、分娩台に乗ったとたん、痛みがすーーっとひいてしまいました。

ときおり波のようにいきみたくなるので、そのタイミングで助産婦さんが「いきんで!」とか、「一度いきんだ後に、今度は長くもう一度いきみましょう」などと声を掛けてくれます。

その声も、だんだん朦朧とした夢の中で聞いているように遠く感じるように。

脳内麻薬のようなものが大量に出て、痛みを感じなくしてくれてるようでした。

助産婦さんは3人いましたが、わたしの左手をひたすら優しく撫でていてくれた若い方がいて、それが本当に気持ちよく癒されました。


ちょっとヘン(?)な話ですが、

赤ちゃんが出て来やすくする為、出口を切開するのですが、私は何よりコレが怖かったのですね・・

だって、どう考えても痛そうじゃないですか。。

「切りますね~」と言われて、とうとう来たか。。と。

「麻酔するのでちくっとしますよ~」と言われて注射針が少しちくりと。

で、切ってるところは見えないのですが、これが全然痛くないんです。

ただ、少し切るだけだと思っていたら、やけに沢山切ってるような。

麻酔無しで切るもんだと思ってましたので、拍子抜けでした。


いきむのも、だんだんコツが分ってきました。

最初は目を閉じていきんでいたのですが、「目を開けて、自分のお腹を見るような感じで前のめりになって」と言われ、実行してみると、これがとてもやりやすい。

自分が海がめになって卵を産んでいる想像をしてしまいましたが、涙を流しながら必死でいきみました。

(なぜ涙が出るのか不思議だなぁ・・と思いながらもずっと涙が止まりませんでした。)

とにかく、産んでしまわなければ終わらない・・と。


そのうち、「抜けた・・!」と、助産婦さんのひとりが。

「今度いきむときに、声を掛けますから、そうしたら胸に手を当てて、“ハッハッハッ”という短い呼吸をして下さい」と。

ほどなくその瞬間が訪れ、「お母さん、こちらを見て!」と言われて目をやると、まさに今取り出された赤ちゃんが!

「よかった・・」って、声が出ました。

2800グラムの元気な男の子です。

夜9時半頃でした。


赤ちゃん・・・実家の父親そっくり・・・


そっちに行っちゃったか~~っと、内心突っ込み(笑)

だんなさんの男らしい顔立ちに似たら良かったのにねぇ・・・


今のところ、だんなさんに似ているところは、眉毛の薄さ位でしょうか?

これからどんどん成長していくうちに、もう少しだんなさんのDNAも見出したいところです。

(笑っちゃうのは、足の指が私そっくり(=実家の母)なこと。お団子みたいなまあるい指先です。)


その後は胎盤を出し、切開した部分を縫い(これも麻酔ありなので痛みなしでした)、汗を拭いてもらいパジャマに着替え、赤ちゃんは助産婦さんの手で清められて着物を着せてもらいました。

「すごい早かったですね!」と助産師さんたちに口々に言ってもらえました。



そして分娩台に乗ったまま、だんなさんが呼ばれ、赤ちゃんはだんなさんの腕に。

2時間ほどそのままで過ごしました。

脳内麻酔が覚めやらないのか、夢うつつな世界にいるまま、私はずーーっと何か話してました。


その後、歩いて病室に。

まだ晩御飯を食べていなかったので、ベッドの上であらかじめ買ってきてもらっていたおにぎりやサンドウィッチをもぐもぐ食べてたら、見廻りの看護師さんに「お腹すいちゃった?」と笑われました。

自分でもビックリするくらいの食欲でした。




現在、家にこもって育児&家事に追われる日々です。

赤ちゃんと過ごす時間がこんなに忙しいものだと思わなかったです。

授乳で寝不足ですが、不思議と起きてられますね~

お母さんってスゴイ。

わたしもこうやって育ててもらったのでしょうね。




ナカイヤスコの手仕事の日々

慈朗(じろう)です。

慈愛に満ちた優しい子に、また皆に愛される朗らかな子になって欲しいと思い命名しました。


赤ちゃんの寝顔は本当に清らかですね・・

すくすくと育ってね、慈朗。








こんにちは~


すみません、ホントに長らく更新してませんでした。

たまに覗きに来て下さっていた方、ごめんなさい。

いつもありがとうございます♪



さてさて40歳で初妊娠、どうなることだろう・・と半信半疑(?)な思いも若干ありましたが、いよいよ来月半ばに出産予定日を迎えることとなりました。


実は今月15日まで(ごく最近ですね・・)チョコレート屋さんのお仕事も続けていましたが、ようやく産休に入ったところです。

ずっと元気に仕事を続けられることが出来て、赤ちゃんの成長も順調で、感謝感謝の日々です♪


私、つわりが全然無かったこともあり、妊娠期間通して沢山食べ過ぎてしまい・・12㎏も太ってしまいまして。

そして赤ちゃんが男の子のせいか、おなかがとんでもなく前に突き出してますので

(科学的根拠は分りませんが、おなかを見ると性別が分るらしく、50歳代~の女性から「男の子でしょ?」と言われます。)

コントの妊婦さんみたいな格好になってます。

先日女の子を出産した友達の臨月のおなか画像をみせてもらいましたが、全然大きさが違う・・!

それなのに、私の赤ちゃんの大きさ、羊水の量はちょうど平均ということなので・・やはり贅肉!?

産後ダイエット頑張らなきゃ。。


歩くのもバランスが悪くなっているのでよくつまづきますが、

昨日は散歩中に派手に転んでしまいました。

人生初ってくらい、思いっきり転んで全身を強く打ってしまい、しばらく道に倒れて動けなくなっていたところ、車で通りかかった親切な方が引き返してきてくださって家まで送り届けて下さいました。

その方のお嬢さんも今年7月に出産を控えているそうです。


その後、念のため病院で診察を受けましたが、赤ちゃんは無事でいてくれて、出血などもなく安心しました。

もういつ生まれてもおかしくない時期に入っていますので、気を付けなければいけませんね。



妊婦になってから、電車で席を譲って頂いたり、職場でも同僚やお客様に優しい言葉を掛けて頂いたりと、他人の優しさに改めて感謝することが増えました。

おなかの赤ちゃんにも、「元気でいてくれてありがとう」と毎日話しかけてしまいます。

ホントに、無事でいてくれるだけで何よりの親孝行だなぁ・・と思います。


最近のエコー画像では、赤ちゃんらしくふっくらとした体つきになっています。

お顔もぷっくりした感じで、だんなさんの子供の頃に似ているような気がします。

出産は自然分娩なので、痛みなど不安もありますが、赤ちゃんに会えるのが楽しみです。


今日は出かける予定が無いので、以前買った一反のガーゼを使って、赤ちゃんのガーゼハンカチを作ってます。

4重にして、四隅をちくちく縫うだけですが、優しい気持ちになります♪



ナカイヤスコの手仕事の日々



先日はバスタオルを2枚使い、名前を刺繍して周りをブランケットステッチで縫い合わせてブランケットを作ってみました。

ふかふかの柔らか手触りです♪



ナカイヤスコの手仕事の日々


こうしたのんびりした時間は良いですね♪



新作バッグ作りは、出産後落ち着いてからかな?

今年もアップがのんびりペースですが、ゆったりお付き合い下さいませ。


ではでは、また。



鎌倉腰越のご紹介、その2

テーマ:

こんばんは!

すっかり年も明けましたね~

皆さま、良いお正月を過ごされましたでしょうか?

私のほうは、昨年のクリスマス直前あたりから酷い風邪をひいてしまい、特に咳がつらい日々でした。。

最近になってようやく声も通常に戻り(最悪の時はまったく声出なかったです・・)、まだ少し咳が残っているものの、随分楽になりました。


咳き込みが酷くて、おなかの赤ちゃんがダメになってしまうんじゃないかと心配するほどでしたが、先日の検診では無事育っていて順調とのことで一安心しました~~

近頃はおなかの中で元気に動いているのがよく分り、可愛さもひとしお。

最初に胎動を感じたときは、あまりに力強く「どん、どん」とおなかの中からノックされているようで、ちょっぴりコワイ感じもしたのですが、今はいつも一緒にいるのが良く感じられて、「よし、よし」と幸せな気持ちでおなかをさすって動きに応えてあげられてます。


お母さんはみんな、この不思議で幸せな体験をしているんですね~~

おなかの中で日々育っていく命を思うとき、太古の昔から連綿と続くDNAのバトンに畏怖に似た感動を覚えずにいられません。

先日のエコー画像に写る赤ちゃんの小さな手にちゃんと5本の指が見られて、ごく当たり前の人間の姿なのにとても感動しました。

これから未知の感動をいくつもいくつも子供に授けてもらうんでしょうね~



さてさて、前回途中まで腰越のご紹介をしましたので、その続きを・・




ナカイヤスコの手仕事の日々

「江ノ電もなか」が有名らしい、商店街の小さな和菓子屋さん。

電車好きにはたまらないかもしれない、この店構え。



ナカイヤスコの手仕事の日々

この中が厨房になっているらしいです。

ちびっこに人気ありそう。



こちらはわたしの大好きなジェラート屋さん。

季節の美味しいジェラートだけでなく、飲み物やパニーニ、近くの漁港で仕入れたお魚を使ったフィッシュ&チップスなんかもあります。

だんなさんがたまにフィッシュ&チップスをテイクアウトしてきます。

ホントおススメのお店です。



ナカイヤスコの手仕事の日々



ナカイヤスコの手仕事の日々

お店の中から、江ノ電が通るのが見られます。

何とものどかな平和な風景。

この日頂いたのは、栗のジェラートと柿のジェラートをダブルで。

画像を撮った頃はまだ秋でしたね~~・・(笑)



腰越、近頃はお洒落~なイタリアンのお店も何軒かあって、

こちらのお店は美味しいと評判です。

一度行ってみたいと思いつつ、まだ未体験。


ナカイヤスコの手仕事の日々



ナカイヤスコの手仕事の日々

クリスマス前でしたね~

ツリーが素朴で素敵です。




家から海まで歩いて10分足らずくらいかな?

江ノ島がとっても近いです。



ナカイヤスコの手仕事の日々


ナカイヤスコの手仕事の日々

ナカイヤスコの手仕事の日々


ナカイヤスコの手仕事の日々

空を見上げるときれいな飛行機雲が・・

腰越のご紹介ではないですが、思わず撮影してみました。



またお気に入りのお店や面白そうなお店など見つけたら、ご紹介しますね!

ではでは、今日はこのくらいで。


鎌倉腰越から、ご報告♪

テーマ:

こんにちは!

12月も半ばに入り、すっかり冬らしく寒い毎日になりましたね。

外出先からの帰り道、家のあったかいストーブやおこたを思い浮かべながら、そんな些細なことに幸せを感じるこの頃です。

特に冬は、星空が美しかったり、体を温めてくれる食べ物や衣類や、街に流れるクリスマスメロディーや、大切なひとの体温のぬくもりや、・・・

幸せでありがたいことを、たくさんたくさん感じられる季節ですね。


そして今年、私には大きな幸せなことがやってきました。

実は今、おなかに新しい命が宿っています。

現在17週、5ヶ月です。


初めての妊娠ですが、幸いつわりも無く、仕事も続けながら元気に過ごしています。

赤ちゃんの成長も順調で、先日男の子と判明しました♪

だんなさんが、「サーフィンとバイクを教える!」と張り切っているのを見ると、自由奔放な彼が実はとてもいい父親になるかもしれないなぁ・・と、今さら新発見をしたような気持ちになっています。


検診やら引越しやらでバタバタして、何も用事の無いお休みの日はなるべく体をゆっくり休めるようにしていたので、今年はバッグ制作があんまり出来ませんでした。

毎年12月には新作をたくさん作っていたのに、今年は無理そうです。

来年の5月に出産予定なので、来年もゆっくりペースになりそうですが、無理の無い範囲で制作は続けて行きたいと思っています。



さて、先月引越しした腰越をご紹介します♪


家からすぐ近く、出かけるとき・帰宅するときに必ず通る「龍口寺」です。



ナカイヤスコの手仕事の日々


広い境内で、月に一度骨董市が行われています。

今度ゆっくり覗いてみようと思います。


ナカイヤスコの手仕事の日々


立派な門には仁王様が。

夜遅く帰宅するときに、この仁王様を見るとホッとします。



ナカイヤスコの手仕事の日々


仁王様のいらっしゃる門をくぐると、階段があって、その上に本堂があります。

こちらの門はとても立派な彫り物が。



ナカイヤスコの手仕事の日々

お寺や神社、それに祭りのお神輿やだんじりなどで見かける、こういった装飾って素晴らしいですよね。

海外の教会やモスクにも言えますが、宗教的な建築物や造形物は芸術性がとても高く、歴史が培ってきた価値は他には変えられないもので、それを擁する街を格調高いものにしていますね。

私たちはつい当たり前の風景のように思えて見過ごしがちですが、大切に守って行きたいですね。



ナカイヤスコの手仕事の日々


龍口寺からすぐに、レトロな商店街があります。

商店街の中央に線路がしかれ、江ノ電が行き交います。

とてもノスタルジックで不思議な光景です。



ナカイヤスコの手仕事の日々



ナカイヤスコの手仕事の日々

鎌倉へ出かけるときは、この江ノ電に乗って。

途中、七里ガ浜が広がるとてもきれいな車窓風景が楽しめます。



ナカイヤスコの手仕事の日々

映画に出てきそうな写真館。

左から読む看板文字が、建物の古さを感じます。



ナカイヤスコの手仕事の日々



ナカイヤスコの手仕事の日々



ナカイヤスコの手仕事の日々

とても素敵なステンドグラスで飾られています。

いいなぁ・・

古い建物の可愛らしさって、ホント大好きです。



腰越には、古くて立派なお家なんかも残っていたりして、商店街だけでなく住宅街をぶらぶらするのも楽しいです。



片瀬漁港が近いので、お魚屋さんが沢山あります。

朝に商店街を歩くと、お店の前にお魚が一杯入った白い発泡スチロールが沢山並べられ、それを狙っているのかカラスがすぐ近くにいたりします。


ナカイヤスコの手仕事の日々



ナカイヤスコの手仕事の日々



ナカイヤスコの手仕事の日々



ナカイヤスコの手仕事の日々


ナカイヤスコの手仕事の日々

お豆腐屋さんもあります。

以前、お店のおかみさんと話したとき、「ちい散歩」でちいさんが突然ふらっと来たんだって聞きました。

他の番組(ぶらり系)は必ずオファーがあるのに、ちい散歩だけは本当にアポなしで突然なんだってお聞きし、何だか嬉しかったのを覚えてます。

私、ちいさんもちい散歩も本当に大好きでした。

あんなにもちいさんのあったかい人柄がにじみ出てる番組、ずっとずっと続くのが当たり前だと思っていたのに・・・寂しいですねぇ・・・



ナカイヤスコの手仕事の日々

小さなコーヒー豆専門店。

コーヒーが大好きだというだんなさんのお友達にお世話になったお礼に、こちらのオリジナルブレンドを何種類かプレゼントして喜ばれました。

黒板にたくさんのブレンドの名前(たとえば「まろみぶれんど」とか、「やわらかぶれんど」とか。)と説明がびっしり書かれていて、ご主人のコーヒー愛を感じます。



長くなりました。

まだまだ続くので、今日はこの辺で。

続きは近いうちに!


こんにちは~

やっとこさ、引越し後の片付けが終わりました!

新しい作業部屋もスッキリ片付き、ようやくホッと一息つきました。

「新作アップは9月中に・・」なんて言ってたのに、すっかり遅くなってすみません。

今回は前回までにブログでご紹介しているトート2種類がまぐちバッグ1種類と夏に販売した「風を追いかけて」の再販、あわせて4種類のアップです。

再販をお待ちくださっていた皆さま、予定より遅れてしまって本当にすみませんでした。


新作アップ&再販は、今週16日(金)の夜21:00を予定しています!




「風を追いかけて」の再販分では、素材の一部が変更になりました!



ナカイヤスコの手仕事の日々

サイドのレースが変更になっています。

優しい風合いの、綿レース地を使いました。

ほこほこした手触りで、バッグのナチュラルな雰囲気によく合います。



ナカイヤスコの手仕事の日々

サイドに飾ったコードには、ウッドビーズをあしらいました。



ナカイヤスコの手仕事の日々



ナカイヤスコの手仕事の日々

底部分には、クラシカルなインテリアファブリックを使い、底鋲を打ちました。




+++++

少しずつ寒くなってきましたね~

我が家ではこたつを出しました。

この時期の夜は、こたつで温まりながらの夕食がとても好きです。

ちなみに今夜はクリームシチュウです♪

うーん、楽しみ♪♪


それでは、金曜日に、HPでお待ちしています。

どうぞよろしくお願いします~