西の門 純米吟醸【長野の日本酒】 | 仙台・一番町で日本酒を飲むなら「なかぐろ」

仙台・一番町で日本酒を飲むなら「なかぐろ」

仙台では当店のみ!東北と新潟以外の日本酒を集めた珍しい日本酒が楽しめる日本酒居酒屋です。他にはない日本酒が日替わりで20種以上!日々のオススメや日本酒の会の告知をお知らせします

「あやぁ、一週間短いやんっ!」と、思いましたが来週の月曜日が海の日やから、日曜日も営業日ってことに気づき、いつも通りの営業日数日でしたウインク

 
改めてお伝えします。なかぐろは、基本日曜日が定休日ですが、明けて月曜日がお休みの場合(ハッピーマンデーの場合)は、日曜日は営業し月曜日はお休みとさせて頂いておりますっ!
ですので、今週の日曜日(14日)営業します(^○^)
その代わり、月曜日(15日)はお休みでございますっm(__)m
 
《ハッピーマンデー》って、普通に使っているのですがあまり周りの人に伝わらず、少し気恥ずかしいホールの鈴木です。
制度としては、2000年からスタートしているのですがみんなこの呼び方、あんまり使わないんですかねぶー
 
3連休の方もそうじゃない方もいらっしゃるかなぁという、本日にご紹介する一本は~アップ
 
長野県は長野市善光寺、西之門にある、よしのやさんが造ります
西之門(にしのもん)  純米吟醸 美山錦
ですっ🍶
 
今回ご紹介させて頂くお酒、瓶の首のところに
「おりがらみ無濾過生詰 活き〆瓶火入れ」
 と書かれています。    

ふむふむ、おりがらみって書いてあるってことは少しおりが入ってて、濁ってるんだなぁ~。無濾過生詰ってことは、搾ったお酒を濾過せず一回だけ火入れを行い、二回目の火入れをせずそのまんま出荷したお酒なんだろうなぁとなんとなくは分かります☝
 
ただ、「活き〆瓶火入れ」ってなんやねんっ!!ってつっこませて頂きますっ!
何となくはわかる部分もあります、お酒を瓶に移してから火入れ作業を行ったんやなぁと。
でもね…。活き〆って初めて聞きましたびっくり
 
答えは瓶の裏面に…。

ほぉほぉ、魚の活け〆のごとくお酒も鮮度を保ったまんま火入れしたってことなのかぁ。上手いこと、表現しますね~爆笑
 
さてさて、そんな上手い表現を使った今回のお酒。一体どんなお味なんでしょうか~?
 
香りは程良く香る感じで、おはぎに砂糖ときなこをかけたような、お米の甘みと旨みを感じさせる香りがしますねメロンパンジューシーな香りというよりかは、コクのある香りでしょうか?
ほんのり、黒糖のような煮詰まった甘さも感じられます照れ
 
一口含んでみると、若干のガス感が…DASH!キメの細かいガス感としっとりとした舌触りの両方が混在しており、何とも不思議な飲み心地かもしれません。
少し生クリームのような甘さもありつつ、緩やかな酸が後味を引き締めていってくれますねニコニコ
わらび餅を食べたときのような、程よい甘さとスッキリ感のある味わいですかね?
 
ただフレッシュな味わいのお酒なのではなく、少しこなれた感のある今回のお酒。中盤くらいにお酒だけでも存分に楽しんで頂ける味わいなのではないでしょうか?
 
 
 
 
 
 

《仙台で珍しい西日本の日本酒が飲める居酒屋》

 

【なかぐろ】

仙台市青葉区一番町3丁目8-1 ラベルヴィビル2階

(電力ホール裏)


 

当店は【東北と新潟以外の日本酒】のお店ですお酒

ワイン・ウイスキー等の洋酒はご用意しておりません。ご注意くださいませ汗

お一人様でも、当日でも、お席の状況確認・予約などなど・・・

 

※ご来店の際はお電話頂けると助かりますビックリマーク

お一人様でもお気軽にお問合せくださいませ電話

 

 

◆お店の雰囲気等々はホームページでぜひラブラブ

呑み食い処 なかぐろ

 

 

◆ご予約・お問い合わせはお気軽にこちらまで↓

022-224-8828

 

 

◆季節の食材やお酒の情報、イベント情報はこちらから↓

なかぐろfacebookページ