今朝、カーテンを開けてビックリされた方多かったのではないでしょうか?まさか、一面雪景色が広がっているなんてっびっくり三寒四温とは、言いますがここまでの寒さは想定外(笑)

先週、桜もほころび出しましたね~なんて話をしていたのに今週は雪雪咲いた桜も「アレ?早先走っちゃった?」と困惑しているかも…桜

ストーブの灯油が3月いっぱいで使いきり、ばっちりちょうど良かった✌と思っていたのに、全然甘かったと学習した、ホールの鈴木です。
仙台の春は、中々手強いっ!

タイヤ変えちゃったーっ!と言う声が聞こえてきそうな本日にご紹介する一本は~アップ

愛知県は津島市本町にある、長珍酒造さんが造る
長珍(ちょうちん) 純米   ですっ!

ご紹介しているお酒に使用されているお米は、徳島県産の阿波山田錦。徳島出身の私は、これを見ただけでテンション上がっちゃいました爆笑

では、通常の山田錦阿波山田錦、何か違いがあるのかと言いますと…🌾

山田錦と言う品種としては、同じものでした☝
ただ、阿波山田錦と名乗るためには、阿波市阿波町の中でも土質の基準を満たした水田で造られたものでなければならないそうです。
また、栽培するにあたって、お米のタンパク質を少なくする為に肥料をやりすぎない、などのいくつかの条件をクリアしなければなりません。

お酒を知ることで、地元の酒造好適米造りに力を注いでいることを知り、お酒でつながる縁を感じてしまいました爆笑

ではでは、お味の方はどんな感じなのでしょうか~?

香りは、干しぶどうやイチゴジャムのような、少し濃縮された甘さを感じさせる香りがします🍓フレッシュな果実と言うよりかは、こなれた感のある香りでしょうか?ほんの少し、クルミや栗、ナッツっぽい香りも後半感じられます。

一口含むと、まろやかな舌触りで流れてきますね~。また、舌先にふれた瞬間に、バターアメやキャラメルのような甘さを感じますね~。でも、不思議なのがこの甘さが口の中全体に広がる事はなくスッと、甘さが消えてゆきます。
酸が立っているわけでもなく、角のない酸が後味をまとめていますニコニコ

裏のラベルに、「ぬる燗もオススメです」と書かれていますが確かに冷たい時には、隠れていたふくよかさが顔出し、なかなか良い感じ🍶

様々な味わいの表情を見せる今回の日本酒。ぜひ、両方の飲み方で楽しんで頂けたらなぁと思います照れ



《仙台で珍しい西日本の日本酒が飲める居酒屋》

 

【呑み食い処 なかぐろ】

仙台市青葉区一番町3丁目8-1 ラベルヴィビル2階

(電力ホール裏)


当店は【東北と新潟以外の日本酒】のお店ですお酒

ワイン・ウイスキー等の洋酒はご用意しておりません。ご注意くださいませ汗

お一人様でも、当日でも、お席の状況確認・予約などなど・・・

 

※ご来店の際はお電話頂けると助かります

 

 

◆お店の雰囲気等々はホームページでぜひラブラブ

呑み食い処 なかぐろ


◆ご予約・お問い合わせはお気軽にこちらまで↓

022-224-8828

 

 

◆季節の食材やお酒の情報、イベント情報はこちらから↓

なかぐろfacebookページ

 

 

 

 

【GW期間中、「なかぐろ」では最初で最後?の企画を開催します

 

まるっと宮城inなかぐろ