11月の2週目木曜日、皆さま如何お過ごしでしょうか?

昨日の7日は、立冬でより冬に向かっていますが北海道では初雪観測がなかった立冬は、28年ぶりのことのようです。

とは言っても、夜は冷え込みやはり寒いですよね~🍃
 
冬らしくなってきたと言えば、忘年会のご予約の問い合わせが増えてきておりますっ!
 
ここで改めて、なかぐろ注意点をば…。
 
なかぐろでは、1グループ4名様までの案内でございますm(_ _)m大人数は実力不足で対応できないんです…あせる
5名様以上はご案内出来ませんので、少数精鋭での忘年会でのご利用をお勧め致します👍
また、コース料理飲み放題のようなプランはございませんので、一期一会なお酒とお料理をお楽しみいただけたらなぁと思います🍶
 
あっ!
 
お料理に合わせたお酒は、ご提案させていただけますので是非お声かけ下さいっウインク
 
忘年会の思い出と言えば、二次会のカラオケで後輩とよくTRFのsurvival danceを歌って踊っていたホールスタッフの鈴木です👯
 
そんな、年末に向けてソワソワしだした本日にご紹介する一本は~アップ
 
滋賀県は湖南市にある北島酒造さんが造ります
北島 純米 残照 ですっ!
 
今回ご紹介しているこちら、残照と書かれていますが残照とはなんぞや?
夕焼けや夕日を意味し、日が沈んでからも雲などに日が照り映えている様子を表しているようです。
夕日や夕焼けって、何となく秋のイメージ。冬は気がついたら日が落ちてるけど、秋はじんわり夜に向かって行く感じがします🌇

そんな、秋の名残を楽しみつつ味わうお酒はどんな味わうなのでしょうか?

香りは、梨や青リンゴのような瑞々しい果実を想像させる香りがほんの少ししますね~🍏すっとした感じで、若干生米のような固いお米の香りも…。米の感じもあるんだけど、炊いてないお米をイメージとしてわくので広がる香りではないかなぁと。
香りからは、スマートでサラッとした味わいなのかなぁと思わされますね~ニコニコ
 
一口含んでみると、さらりとした舌触りで気づいたら飲み込んでしまっていたっ!てくらいにスゥーと流れてゆきます波
その後に、上新粉やわらび餅のような甘みが感じられますね~。
少し、若草やハーブのような清涼感ある味わいがありさっぱりとした味わいですかね🍀
そして、流れるような酸が後味をまとめるというよりかは、さらーと流しすっきりとした味わいに仕上がっています。
他の北島を飲んだ事が有る方がこれを飲むと、少しびっくりしてしまうかもしれないほど、スムーズにそしてスマートな味わいになっていますニヤリ
 
終始、スマートでタイトな味わいですのでどんなお食事の邪魔をせず、寄り添えるタイプのお酒ですね😁
白身のお魚や、おひたしなど上品なお出汁何かとの相性が良さそうなお酒です🐡
 
一杯目のお酒として、キューと飲みたくなる本日の日本酒。さっ、乾杯しましょっ🍶
 
 
 
 
 

《仙台で珍しい日本酒が飲める居酒屋》

 

【呑み食い処 なかぐろ】

仙台市青葉区一番町3丁目8-1 ラベルヴィビル2階

(電力ホール裏)


 

当店は【東北と新潟以外の日本酒】のお店ですお酒

ワイン・ウイスキー等の洋酒はご用意しておりません。ご注意くださいませ汗

お一人様でも、当日でも、お席の状況確認・予約などなど・・・

 

※ご来店の際はお電話頂けると助かります

 

 

◆お店の雰囲気等々はホームページでぜひラブラブ

呑み食い処 なかぐろ

 

 

◆ご予約・お問い合わせはお気軽にこちらまで↓

022-224-8828

 

 

◆季節の食材やお酒の情報、イベント情報はこちらから↓

なかぐろfacebookページ