ぐっと、秋らしくなってきましたね~🍠🍄🌰あんなに暑かったのに、ここ最近は長袖じゃないと肌寒く感じます。

 
食材もサンマから始まり、最近では秋の味覚の王様マツタケも市場に出回るようになりましたね~😁😁
 
個人的には、栗が好きなのでネットに入った栗が店頭に並び出すとテンションがグングンあがりますっ!
栗は焼きも美味しいですが、シンプルに湯でてスプーンでほじほじするのが、一番美味しいと思うホールの鈴木です。
 
食欲の秋全開な本日にご紹介する1本は~アップ
 
岐阜県は瑞浪(みずなみ)市にあります、中島醸造さんが造る
小左衛門(こざえもん) 特別純米 信濃美山錦   ですっ!
 
 
ひやおろしのお酒が来ると思われた方、ごめんなさいショボーン
なかぐろでは、お店でひやおろしの会が終わってからじゃないとひやおろしは出さないのですね~ウインク
因みに、ひやおろしの会は今月の最終日
9月30日(日曜日)に行われますので、ご予定合う方はぜひお越し下さいませ~🍶
ナイスなラインナップで、みなさまをお出迎え致しますッ!
 
今回ご紹介している中島醸造さんは岐阜県の南東部に位置し、中山道の宿場町としてにぎわいを見せた場所にありますウインク
元禄15(1702)年創業の歴史ある蔵元さんの一蔵です。
 
元々は《始禄》というお酒を造られているのですが、今回ご紹介した小左衛門は2000年から県外の特約店向けに造られはじめた、新しいブランドです口笛
 
真剣勝負、あきらめない、感謝と責任を持って唯一を造る、をモットーに酒造りに取り組まれています。
何だか、侍魂を感じさせる心意気ですねっニコニコ
唯一を目指すお酒の味わいは、どんなお味なのでしょうか~?
 
香りはつきたてのお餅や、玉子ボーロのような柔らかく丸みのある甘さを感じさせる香りがします照れツンとした香りではなく、丸みを帯びた香りなので、甘みある味わいが想像されますね~。
 
一口含むと、若干のガス感が舌に感じられます。直汲所以のプチプチ感が残っており、口当たりは爽快ですねっ👍摘みたてのイチゴのようなフレッシュな甘さと酸味があり、甘さはありつつすっきりとした飲み口に仕上がっていますウインクきっちりとした酸が、後味を切ってくれるので甘だれすることなくシャープな輪郭に感じられますね~。
甘みよりキレの良さが際だった味わいですね⚡
 
お酒の飲み始めに、するっと入ってくるタイプの味わいですので前半に飲んで頂けたらなぁと思いますウインク
 
 
 
 

《仙台で珍しい日本酒が飲める居酒屋》

 

【呑み食い処 なかぐろ】

仙台市青葉区一番町3丁目8-1 ラベルヴィビル2階

(電力ホール裏)


 

当店は【東北と新潟以外の日本酒】のお店ですお酒

ワイン・ウイスキー等の洋酒はご用意しておりません。ご注意くださいませ汗

お一人様でも、当日でも、お席の状況確認・予約などなど・・・

 

※ご来店の際はお電話頂けると助かります

 

 

◆お店の雰囲気等々はホームページでぜひラブラブ

呑み食い処 なかぐろ

 

 

◆ご予約・お問い合わせはお気軽にこちらまで↓

022-224-8828

 

 

◆季節の食材やお酒の情報、イベント情報はこちらから↓

なかぐろfacebookページ