耐え忍びカード~ソードの3~ | ☆タロットカードでスッキリライフ☆

☆タロットカードでスッキリライフ☆

スピリチュアルタロットメッセンジャー
なかごめあいの鑑定日誌です☆
京王井の頭線浜田山での対面鑑定と、スカイプ鑑定(電話鑑定)をしております☆
タロットカードのことを中心に、あれやこれやと書きつづってまいりますわよ☆


テーマ:

ごきげんよう。

タロット占いで運気上昇中☆の中込あいですおんぷピンク




今日のピックアップカードはこちら

「ソードの3」


☆タロットカードでスッキリライフ☆
もう見るからに痛々しいですね。

「ソードの10」

も見るからに痛々しいですが


☆タロットカードでスッキリライフ☆
こちらは実際の

「状況や環境の暗転」

といった要素が強いものでした。

(「ソードの10」の解説はこちらよん!) ←クリック!




でも

「悲しい・苦しい・辛い」という状況に

どちらのカードも違いありません。




とくに「ソードの3」

そうした環境や状況に加え、

大まかに言って

「心の痛み」

目に見えない「心の傷」

にスポットが当たります。




なので、

一枚引きでこれが出た時には

もう一枚引いて

何に関しての悲しみなのかを探ることをおすすめするわ。

(12星座で分ける週間占いでは

個人レベルの事までは出せず「悲しいことが起こる・耐える時期」

くらいにしか言えないのはそこなのよ。ごめんね。)




けれどこのカードには大きな特徴があります。

「誰に責任があるという悲しみではない」

というポイントです。




人との「死別」

これはもう、あがくことができません。




「別離」

気持ちが離れてしまった事に

責める余地はありません。

時間は戻らないわ。




「思想の相違・自分の想いを受け入れてもらえない」

私たち一人一人の自由な意思

宇宙には認められています。

自分の考えを他人に認められないことは悲しいです。

そして

自分の想いを他人に押し付ける行為も悲しいです。




あとは~・・・

そうねぇ、

頑張ったんだけれど「失敗」したり

「不達成」だった時なんかにも出るわね。

「病気の苦しみ」もあるわね。




頑張ったのなら

自分を責める必要なんてないものね。




つまり

「耐え忍ぶ時」を表わしているといえるのよね。




積極的に動くよりも

「受容し、状況を受け入れなければならない時期」

という感じです。




では逆位置だと良くなるの?

と言いますと、

周りに良くなる明るいカードが出ていれば

乗り越える兆しと言えるのだけれど、




周りも苦しそうなカードが出ていて、

さらに「ソードの3」が逆位置だと




「混乱してしまう」

「精神的に不安定になる」

「修復が困難になる」

というように

深みにハマっていくような雰囲気になってしまうのよ。




では近い未来にどうなるか、

対策法などは

一緒に出たカードから読み取ることができるけれど

でも

受け入れるしかない

という事が多いと思うわ。

厳しい言い方だけれど

生きる上で「避けることのできない悲しみ」

を表わす事が多いからなのよ。




まずは「耐え忍ぶ受容の気持ち」

そしてその次の段階として、

「未来を見据える強さ」

が要求されるカードだわね。




あと番外編としては

「外科の手術」なんかも表すらしいわよ。




あと「三角関係」とかw







読んでくれてありがとう○

あいクローバー







☆中込あい鑑定スケジュール☆

2011年12月の残席

9日(金) 14時~16時☆残り1名様SOLD

13日(火) 17時~22時☆残り2名様SOLD

18日(日) 14時~16時☆残り1名様SOLD

21日(水) 15時~19時17時残り2名様残り1名様

28日(水) 18時~21時☆残り1名様SOLD

※鑑定時間にゆとりを持った人数設定です。


●2012年1月以降の先行予約も承ります。

お気軽にメールでお問い合わせください☆


対面鑑定は「新宿駅」近くのカフェ・ラウンジで行います。

60分・・・¥10,000円ですが、

多少長引いても超過料金はいただきません。


●メール鑑定(1件¥5,000円)はいつでもお受けいたします。

鑑定例はコチラをクリックしてください→鑑定例1鑑定例2


●各鑑定のお申込みはコチラをクリックしてください→お申込み

または私のメールへ直接お願いいたします。

indigoblue☆rf6.so-net.ne.jp

☆を@に変えてください。



☆あなたのオーラを輝かせるタロット鑑定をいたします☆



タロット占い師☆中込あいさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス