江別 野幌 大正十年創業 中川眼鏡店 今日は、どうでしょう?

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

野幌駅前 中川眼鏡店は生まれ変わります!

平成の終わりと共に、98年の歴史に幕を閉じた野幌駅前 中川眼鏡店。

 

閉店セール期間中は、かくも多くのお客様に足をお運びいただき、江別の中川にて最後の眼鏡をお作りいただきまして誠にありがとうございました。

 

本当にたくさんのお客様に足をお運びいただき、お一人様で何本も眼鏡をお作りいただくお客様がたくさんおり、スタッフ一同、驚くのと同時に、98年の歴史を身を持って感じさせていただきました。

 

ちなみに一番多く眼鏡を作られたかお客様は、23本です!!!(驚)

 

他にも忙しくて何も食べてないしょ!と差し入れをして頂くお客様もたくさんおり、忙しかったですが、お陰様で食べ物には毎日困りませんでした。

 

いただいた差し入れは、スタッフ一同で美味しくいただきました。 ごちそうさまでした!

最後の最後まで、皆様のお心遣いには感謝の言葉しかございません。

 

そして閉店最終日には、たくさんのお客様からお花!お花!お花!お花!お花!をたくさん頂戴いただき、お店の中は、お花だらけになり、お客様には眼鏡屋じゃなくて、これじゃ花屋だな!と言われ、確かに眼鏡よりもお花の数の方が多かった状態でした。

 

 

 

 

本当に98年間のご愛顧、誠にありがとうございました。

 

 

そして・・・閉店から約1か月経過した令和元年6月21日(金)。

 

野幌駅前 中川眼鏡店は、札幌円山に中川眼鏡院 VISION CENTERという、日本初の視力と視覚の病院として生まれ変わります。

 

大正、昭和、平成と続いた地域密着の町の眼鏡屋から、眼や眼鏡で不便を生じ、苦しんでいたり困っている方の為の眼鏡の病院として、令和の新しい時代と共に新しい形の眼鏡店へ生まれ変わります。

 

98年続いた江別の中川眼鏡店の伝統と技術は、円山裏参道 中川眼鏡店と共に、札幌円山にて中川眼鏡院として引き続いて参ります。

 

中川眼鏡院の開院に伴い、ドイツから世界最先端・最高峰の医療精密視力検査器を、北海道で初めて導入致しましたので、眼や眼鏡で悩んだり困っている方がおりましたら、札幌円山までお出掛け下さいませ。

 

きっと、札幌円山まで行って良かったと思っていただけるでしょう。。。

 

詳しくは、ホームページをご覧下さいませ。 ↓ ↓ ↓

 

https://www.nakagawa-optical.jp/gankyouin

 

全ては中川をご指示いただくお客様の視力のために!

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>