house+design

house+design

家を設計する記録(記憶)

家を設計できるという 素敵な出会いとチャンスに感謝して日々を書き留めておきたいと思います。


「はじめて住宅ブログ」として始めたこの日記ですが、新しいプロジェクトに合わせタイトルを変更しました。


Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
今回、支持地盤が少し深いところにあるので山留を使って根切をおこないます。
山留のH鋼を打っていたところで地中埋設物が出たとの連絡が。古屋の境界塀の基礎部分ですね。

20160714

土工事のスケジュールを止めないために、関係各社みな速やかに対応してくれました。
施工会社は地中埋設物の現況資料を作り、不動産会社は解体業者に連絡、施主も不動産会社もそれぞれメールと電話10数回?
その結果翌日には解体作業が終わりました。
道路際の為、解体作業でL型側溝も動くのでは、と心配していたけれど報告の写真で見る限りは大きな問題はなさそう。

古屋のある土地だとあるケースだと思います。
今回は契約書にも明記されていたし、隣地にも出たと聞いていたので不動産会社も予想していたのでしょう。
これが契約書にも明記されておらず、突然の連絡であれば困ってしまいますね。
埋設物の全容がわからなければ撤去の金額もわからず、誰が負担をするのかという気が重くなる協議を、工事を止めないためには急いでしなくてはいけません。
契約時の重要事項説明では、ふんふんと聞いていましたが出るとは思っていませんでした。
契約書の大事さを改めて実感しました。よかった。この安堵感も施主ならではですね。

次回土地を買うときも注意したいです。
次回はないけど・・。

テーマ:
地鎮祭から一週間が過ぎました。
早速工事が始まり今日は雨の中やり方の検査でした。

20160719

盛土のある土地だったのが道路の高さまで漉き取られいよいよ設計GLが見えました。

隣地との関係は設計通りで大丈夫そうだ・・。
これくらいの雨なら水たまりもないな・・。
緑道とのレベル差がこのくらいなら植栽で緑道とつなげて・・とぶつぶつ独り言。




テーマ:
新しい家の現場がスタートしました。

私にとって初めての東京の仕事であり、自宅でもあるという特別な現場です。
一年前に土地が決定したときは、まだ次男が0歳で保育園にも入らずのんびり育児しておりましたので、保育園探しからのスタートでした。

初めてのことが多い設計作業の中、午後からは家に幼稚園児(5歳)と待機児童(1歳)がいるという状況に疲労困憊しながらもどうにか竣工への道筋が見えてきました。

約半年の現場を通して、設計者として、施主としてたくさんのことを経験したいと思います。

20160702

テーマ:
寒中お見舞い申し上げます。

私事ですが昨年8月に次男を出産し、現在育児休暇をいただいております。
様子をみながらお仕事に復帰したいと思いますので、引き続きよろしくお願いします。

とても素敵な育児雑誌tocotocoの最新号の中で、我が家のDIYを取材していただきました。72ページです。



子育て中の方々にとっては、取り入れたい情報やアイデアがたくさん載っている雑誌ですので、よかったら見てくださいね。


テーマ:
寒中お見舞い申し上げます。
あっという間に一月も中旬ですね。

今月建築ジャーナルより出版される「群馬の建築家とつくる家」に載せて頂きました。



今月中には群馬の書店や図書館に置かれるようですので、お手に取って頂ければ幸いです。

ご協力いただいたお施主様に感謝です。

ナカガワ建築スタジオ


テーマ:
本日は1年9ヶ月前に竣工したoo-houseに伺いました。

竣工当初は芝生だった南側の庭を、雑木の庭に作り替えたとのご連絡を頂いて。
だいぶ落葉していましたが、これもまた晩秋の雰囲気で素敵でした。
house+design-20131127-4
house+design-20131127-3
敷地も庭も十分な広さがありますが、やはり住宅街。リビングのカーテンを閉めている時間が多かったことや、芝生のお手入れが大変だという理由もあり、思い切って奥様の好きな雑木の庭にしたそうです。
今は落葉していますが夏には葉も茂り、道路からの視線もずいぶん軽減されたそう。ウッドデッキでベビーと日向ぼっこ・・、なんて聞くと嬉しくなります。
私は今回の庭作りには関わっていませんが、庭を作り替えたことでウッドデッキが使いやすくなり、建物を含む眺めもとても味わい深くなりました。
改めて植物の持つ力の大きさを実感、建築は植物にはかないませんね。

house+design-20131127-4house+design-20131127

お子様が産まれたとのことで、私も3歳の息子を連れて行きました。
息子もこのお庭に興味津々だったりと、子供を交えていろいろお話ができて嬉しかったです。
実はまだ庭作りは完成していないとのこと、また完成のご連絡を頂けると幸いです。

昨日今日とお宅訪問をさせて頂きとても楽しい時間でした、お施主様に感謝です。
引き続きよろしくお願いいたします。

ナカガワ建築スタジオ

テーマ:
竣工図のお届けと引越し後のお話を伺うため、k-houseに伺いました。

お施主様にとってもあっという間の2ヶ月だったとの事ですが、家具や生活道具が配置された家の中はとても素敵。リアルな生活感も感じられてとても楽しい時間でした。
house+design-20131126-1 
薪棚に薪が積まれ、家のファサードもワイルドに。
9月に植えたもみじもしっかり紅葉していました。
house+design-20131126-2
玄関土間には縦型ブラインドと植物、そして緑色のチェア。
house+design-20131126-5

house+design-20131126-3
まだ使われていない子供部屋は、猫ちゃんのお気に入りスペースとのこと。
猫は気持ちのいい場所を探すのが得意ですものね。ご理解ありがとう・・。

設計中は気がつけない細かい事や、実際の使い勝手についても教えて頂いて勉強になります。
家の中は静かで暖かく、つい長居してしまいました。
今後も家の中のこと、庭のこと、たくさんの計画があるようです。
またの機会にお邪魔させて頂く日が楽しみです。

ナカガワ建築スタジオ

テーマ:
本格的な秋になりました。

竣工からひと月、やっとk-houseの内容をWEB上にアップしました。

http://nakagawa-archistudio.com/house/k_house.html

よろしければご確認くださいませ。

プロカメラマンによる竣工写真がとどきました。
ずっと見てきた家ですが、今までとった事のないアングルもあり新鮮でした。
house+design-20131025-3
house+design-20131025-4
house+design-20131025-2

ナカガワ建築スタジオ

テーマ:
本日、K様の家が無事に竣工・引渡しの時を迎えました。

最初にご相談を頂いてから丸2年が経ちました。
その間、土地の問題解決から、プランの決定、詳細な仕様、砂利の種類決定まで
お施主様にたくさん参加していただきました。
日々のお仕事をこなしながら家づくりは、とてもとても大変だったと思います。

今日、お施主様から「納得のいく家になった」というお話を頂いて、そのお気持ちが本当に良くわかりました。
私自身もたくさんの素晴らしい経験をさせていただき、また勉強させていただきました。

大変なこともありましたが、お施主様のご理解と、施工会社や関係会社の皆様のご協力のおかげで
素晴らしい家が出来ました。

お施主様、関係者の皆様、どうもありがとうございました。

引き続きのお付き合いをよろしくお願いいたします。

house+design-20130926-2
建物北側全景
house+design-20130926-1
LDKから玄関をみる
house+design-20130926-4
記念のスケッチです。早速飾っていただきました(上の写真)

昨日は施工会社さんのご好意でカメラマンに撮影していただきました。
写真は後ほどUPします。

まずは竣工のご挨拶まで

ナカガワ建築スタジオ


テーマ:
先週から群馬合宿中です。
今日は子連れでドライブ、で現場に来てしまいます・・。

明日の写真撮影の前に植栽が入りました。
この家のシンボルツリーはモミジ。
この秋からちゃんと紅葉するとのこと、楽しみです。

植栽が入ると家の表情も優しくなります。

house+design-20130924

ナカガワ建築スタジオ

Ameba人気のブログ