長野から東京へ。 | 二人出版社 中村堂の日々
新型コロナウイルスに関する情報について

二人出版社 中村堂の日々

夫婦で営む出版社、中村堂の日々を伝えるブログです。
(拠点は東京都中央区。「月島」に住み、「湊」で本を編む日々です)

9時にホテルを出発し、塩尻インターから高速で長野市へ。

遠で、白雪輝く雪山がきれいでした。



長野駅に到着して、駅前の駐車場にレンタカーを停めると、光の加減で幻想的な影模様が…。



長野駅前の老舗書店を初訪問。
とりあえず、新刊2点の注文をいただきました。
既刊本については「改めてのちほど」ということで、今回の長野出張2店目の新規お取引が叶いました。
ありがとうございます。
小さな数字ですが、今後の広がりに期待して、感謝します。

帰りは、関越道経由で。
途中、東部湯の丸SAで長野に来たアリバイづくりのためにお蕎麦をいただいた以外は、一挙に東京に戻りました。

首都高には、「TOKYO2020」の標識がいたる所に設置されています。

今日見ると、テンション下がります。



レンタカーを返した後、事務所に行き、この3日間の荷物をつくって発送しました。
無事、2泊3日の出張が終わりました。

夜、小池都知事の「今週末の不要不急の外出自粛要請」のニュースが流れました。
昨日のオリンピック延期に続く、大きなニュース。
戸惑うばかりです。