22年目のガラスの雛人形。 | 二人出版社 中村堂の日々

二人出版社 中村堂の日々

夫婦で営む出版社、中村堂の日々を伝えるブログです。
(拠点は東京都中央区。「月島」に住み、「湊」で本を編む日々です)

通常の出荷と、来週、再来週用の荷物を作っての出荷。
大きな荷物と小さな荷物で、配送をお願いする会社を代えています。
だんだん、中村堂に適した方法が分かってきました。
時間がかかりすぎたとも言えますが…。

「白熱する教室20号」の入稿。
残りは約7分の1。
いつものことですが、大物が残りました。
連絡がつかない著者が一人います。
心配です。

「白熱する教室20号」と同日に発売予定の「学校を変える15分」のカバー案と本文の組見本が届きました。
いつもながら素晴らしい提案をいただいています。
感謝です。
気をよくして「学校を変える15分」の入稿をスタート。
「白熱する教室20号」の最後の入稿と、「学校を変える15分」の入稿がこの1週間は並行します。

家に帰って、雛人形を飾りました。
22年目のガラスの雛人形。