ディベート甲子園と江戸東京博物館。 | 二人出版社 中村堂の日々

二人出版社 中村堂の日々

夫婦で営む出版社、中村堂の日々を伝えるブログです。
(拠点は東京都中央区。「月島」に住み、「湊」で本を編む日々です)

事務所に行き、最低限の雑務を片付けて、立教大学へ。
昨日に続き、中國先生と合流。

「第24回 ディベート甲子園 全国大会(正式名称は、全国中学・高校ディベート選手権)」の中学校の部の決勝を見学しました。
論題は、「日本はタクシーに関する規制を大幅に緩和すべきである。是か非か」。
一昨年に続いて2度めでしたので、少しは勝手が分かり、フローシートを書きながら対戦を楽しめました。
それにしても速く喋りますので、聞く側も集中力がとても必要です。
おもしろかったです。



池袋ジュンク堂を覗いてから、「麺屋武蔵 二天」で食事。
私は、汁なしたぬきまぜ麺をいただきました。
このタイプのラーメンは食べ慣れていないので、味の濃さに参りました。



両国の江戸東京博物館に移動。
2時間ほどの駆け足で一巡しました。
何度見ても面白いですが、一日居ないと完全には見切れない量です。



中國先生との最後のイベントとして、亀戸餃子両国店でG1climaxの決勝をスマホで見ながら、餃子とビールを堪能。
飯伏選手の優勝で幕を閉じました。

中國先生を東京駅に見送って、楽しかった私の短い夏休み実は終わりました。