「白熱する教室18号」原稿整理スタート | 二人出版社 中村堂の日々

二人出版社 中村堂の日々

夫婦で営む出版社、中村堂の日々を伝えるブログです。
(拠点は東京都中央区。「月島」に住み、「湊」で本を編む日々です)

「白熱する教室18号」の原稿整理をスタートしました。
今号の特集は、「凸凹を活かす教室の実現 ~言葉で人間を育てる青年教師の挑戦」です。
ポイントは二つ。
一つ目は、メインテーマの「凸凹を活かす」ということ。
一人ひとり、違うことが当たり前の教室をどうつくっていくか。

三つめは、その中心に「言葉」があること。
そして、最後に、その実践に取り組む若き青年教師の姿。
「菊池道場の現在」が描かれます。
ご期待ください。

夕方、「第7回菊池道場全国大会」の後援名義使用の許可をいただいた板橋区教育委員会に行き、昨日仕上がってきた告知のチラシをお渡ししてきました。
区内の小中学校全校に配布していただきます。
ありがとうございます。



板橋区役所から東武東上線大山駅まで行きましたが、久しぶりに商店街ハッピーロード大山を歩きました。
商店街は楽しいですね。



ついでにと、多摩方面の書店に営業に行くも、中村堂の書籍はマッチせず断念。