「教育家庭新聞」で、「学校は、何をするところか?」が紹介されました。 | 二人出版社 中村堂の日々

二人出版社 中村堂の日々

夫婦でやっている小さな出版社、中村堂の日々を伝えるブログです。


テーマ:

教育家庭新聞社が発行する、「教育家庭新聞」(2018年6月4日号)のBOOK REVIEWに、弊社発行の「学校は、何をするところか?」(著:苫野一徳、菊池省三)が掲載され、掲載紙が送られてきました。
嬉しいことです。
http://nakadoh.com/?p=3017

銀行に行って、5日締めの支払いを済ませました。

貯まったビックカメラのポイントで買った(もらった?)、ミニコンポが届きました。
https://www.biccamera.com/bc/item/3250585/


打ち合わせスペースにはミニコンポを置いていますが、休日に事務所で一人で仕事をしているときは音楽やラジオを聞きたくなります。
そのときに使うようとして、自分の席の後ろに置くコンポが欲しかったのです。
音にこだわりはありませんので必要な機能があって、ポイントの範囲で買えて(もらえて)、自分のセンスに合うもの、ということでこれになりました。
ポイントでもらえるとは嬉しいことです。

そして、昨日から手を付けていた事務所内のLANのリニューアルを進めました。
結局、メインのサーバーを新しくして、データをすべて引っ越し、ハブを交換し、LANケーブルの何本かを交換しました。
そして、見事に安定しました。
調子が悪くなっていたサーバーも、理由は分かりませんが、元気に動いています。
プロバイダーのサポートからも電話をもらいましたが、無事動いていることを報告して、とりあえず一件落着です。
お金はかかりましたが、更新時期でもあったので、必要な経費ということで。

早めに家に戻って、「新日本プロレスワールド」(月額999円)で、ベストオブスーパージュニアの決勝戦を観戦しました。
https://njpwworld.com/
高橋ヒロムvs石森太二の試合です。
解説席の獣神サンダーライガーが大きく拍手を送るほどの、素晴らしい試合でした。
進化が止まらない新日本プロレスです。

今月の19日には、久しぶりに後楽園ホールで「新日本プロレス」を見に行きます。
スーパーストロングマシンの引退セレモニーが行われます。
楽しみです。

断酒、再開。

monja0822さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス