3タイトル同時進行中 | 二人出版社 中村堂の日々

二人出版社 中村堂の日々

夫婦でやっている小さな出版社、中村堂の日々を伝えるブログです。


テーマ:

朝、事務所に向かう通勤路でふと見上げた空は、夏のそれでした。
普段見たことのない角度からの月島マンション群は、新鮮でした。



「白熱する教室 13号」の再校がほぼ出そろいましたので、点検をしました。
こちらは、木曜日に校了にすることになっています。
何とか間に合いそうです。

「こども平和文集 23号」の初校戻し完了。
挿し絵を入れる依頼を印刷所にしました。
あとは、口絵、もくじ、奥付を残すところまできました。

続いて、「価値語100 ハンドブック②」のカラーページの原稿作成。
これはなかなか手間です。
こちらも、今週の木曜日には入稿を約束していますので、それまでには何とか…。

ということで、3タイトルが錯綜しながら、同時並行で進行しています。

今日は、「第6回菊池道場全国大会」について、2委員会から問い合わせの電話がありました。
午前中に来た某県教委の問い合わせにはちょっとキレそうになりました。

某:他の委員会への申請状況を教えてください。
→「状況」とは、何をお答えすればいいのですか?
某:申請と許諾の状況です。
(実態を答えましたが、そのことはあなたの判断にどう影響するのかとても聞きたかったです。)

某:大会の詳しい内容を文書で追加提出してください。
→「内容」とは、具体的i何を書けばいいのですか?
某:……。講演の内容とか…。
→それは事後の報告書には書けますが、今の段階では書けません。
某:……。では、結構です。

質問の意図が分かりません。
不許可となった場合は、実名で公表します。

断酒中。

monja0822さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス