内藤哲也です。






9月9日(火)に新日本プロレスが試合を行った“富山産業展示館テクノホール”をご紹介。



3月に開催された高岡大会以来、今年2度目の富山県内での大会。

3月の会場が“高岡テクノドーム”で、今回が“富山テクノホール”。

名前は似てますが、場所も会場の形も全然違いますのでお間違いなく。



今回試合を行った富山産業展示館テクノホールは、要するに展示場です。



つい数年前まで、満員には程遠い客入りだったこの会場。

そりゃ『ワールドプロレスリング』が放送されてないんだもん。

そうなりますわなぁ…。

現在も放送されてないんですが…



それでもこのイスの数!!

オレがデビューした2006年頃の3倍ぐらいイスが並んでるような気がします。



この日の観客動員数は1200人。

席も埋まりガッツリ盛り上がってたんですが、満員マークはつかず…。

その理由はコチラ↓



今回使用したのが、展示場の半分だけだから。

使用した部分に関しては超満員だったんですけどね…。

でも近い将来必ずこのスペースにも椅子を並べてみせます!!

富山の皆さん、楽しみにしていてください。



そんな富山産業展示館テクノホール大会でした。