横浜文化体育館

テーマ:
内藤哲也です。






8月8日に新日本プロレスの大会が開催された、横浜文化体育館をご紹介。



ここ数年、必ず『8月8日』に開催されている横浜文化体育館大会。

こんなに毎年同じ日にちに大会が開催されるのって凄く珍しいです。

パッと思い浮かぶのだと…

『1月4日・東京ドーム』

『5月3日・福岡国際センター』

ぐらい。



最近は

『4月29日・熊本市流通情報会館』

も恒例になりつつあるような気がしますけどね。



さて、横浜文化体育館。

アリーナ席、2階席、3階席と分かれています。



2階席の上段が“3階席”になってまして、3階席は1方向のみ。



あとの2方向は、↑こんなカンジで2階席までとなっております。

んで残り1方向は舞台。

ここに入場ゲートを作って、ここからの入場になります。



横浜文化体育館での思い出といえば、2006年8月に開催された大会。

デビューしてすぐの大会だったんですが、試合中に左肩(右肩?)を亜脱臼。

翌日が大阪大会だったため、選手は横浜での試合後そのまま大阪へバス移動。

でもケガをしたオレは、大阪へ向かうバスには乗せてもらえず…。

寮に帰って留守番をしているように言われ、横浜文化体育館から寮へ戻ったのを覚えています。



それから2012年8月8日に開催された大会。

前日の仙台大会にて、右ヒザ前十字靭帯が断裂。

でも強行出場!!

ケガした翌日ですから、腫れも痛みも半端じゃなくて…

ヒィヒィ言いながら入場したのを覚えています(笑)



なので横浜文化体育館といえば、“ケガ”のイメージが強いっすねぇ…。



そんな横浜文化体育館の花道から写真を撮ろうとしたら…



テレビ朝日の野上“ジャスティス”慎平アナウンサーと、東京スポーツの岡本記者が乱入。

いやいや、オレは体育館の写真を撮りたいんであって…

ポーズとかしてくれなくていいんですけど…(笑)