ネイリストくっち認定講師試験への道のり

ネイリストくっち認定講師試験への道のり

ネイルを初めて約3年☆ネイル界では若手な1級ネイリストのチャレンジ日記です


ネイリスト4年目、くっちと申します。



現在、


・美容室の一角でネイリストとして週4日勤務

・ネイル学校の講師として週2日勤務


しながら、


とあるジェルメーカーのエデュケーターとしてエキスポ等の

デモンストレーター活動もしています。



2011年9月の認定講師試験を目指し、

スクールに通いながら一人練習に励んでいます!!



練習日記やスクール日記、

セミナーにも積極的に参加していますので、

時にはつっこんだ話などもアメンバー限定で記事に

していきたいと思っています。



同じ目標を持ったネイリストさん、

同じ目標でなくともいずれ目標としている

ネイリストさんなら大歓迎ですニコニコ


※試験内容に関係する記事を少しでもお書きの方でお願いします。




アメンバー申請お待ちしています!!



Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

お久しぶりです☆


くっちです。



次回の27期、認定講師試験まで早いもので3ヶ月と

少しですね。


本当に月日はあっとゆうま・・・。




今日は、


私が認定講師試験に向けてどのくらい練習したか・・・


よく聞かれる質問ですのでちょっと記事にしてみたいと


思います☆




練習は、約1年以上前から始めました。


性格に言うと1年半くらい前かな?



その頃は、具体的にいつ認定講師試験を受けるとか


計画はたてていなくて、


「いつかは受けたいな」


「フレスカ、できないからできるようになりたいな」


そのくらいの気持ちでした。



でも、


1級試験が終わってからのサロンワークって正直


ジェルばっかり・・・。


ホワイトのミクスチュアをさわる事なんてほぼ無し。


だから


とにかくまずはホワイトのミクスチュアを


ブラシキャップに巻きつけたフォームの上でひたすら


作り続けました。


毎日、少しずつ。


何時間もやったり、徹夜したりなんてした事は


ありません。


その練習が少し手についてきて、


ハンド君で練習。


ここまでが3ヶ月くらいだったでしょうか。


その後もやはり少しずつ、


一日1本とか2本。


時間のない時はまたミクスチュアのみ、のペースで


また3ヶ月くらい・・・。


やっと自分でもカタチにできるようになってきました。



その頃ちょうど、


某有名先生のフレスカセミナーがあり、


そこに参加して初めて相モデルの方に1本


つけさせてもらいました。



この時、


先生に「キレイ!」と褒めていただいて


初めて自分の作ったものがフレスカになっているんだと


実感しました。


ここでなんとか認定講師試験も現実味を帯びてきました☆




その後、考えたのはやはり


「ケア・フレンチ塗り」


これはもうまったくスクールで習った事はなかったので、


初めからセミナーに行く事にしました。


有名先生のセミナーなので、


まわりは上手な人達ばっかりである事を承知で、


恥をしのんで行きました。



そこで、


ケアの基本と塗り方を教えていただき、


ハンド君でひたすら練習。



この時が試験の10ヶ月前くらいだったでしょうか・・・。


やはり無理はせず、


毎日5本のハンド君塗りを続けました。


最初は全然スマイルラインなんて描けませんでした。


ムラ。歪み。カタツキ。


うまくならないんじゃないかってずっと思ってましたよね。




そしていよいよ


「認定講師対策」スクールへ。


これが半年前から、


一ヶ月に1、2回の頻度で通いました。



通いながら、


モデルで本番練習を5ヶ月前くらいから始めました。


少し早いかもしれませんが、


自分のその時の実力で


どのくらいのタイムなのか、


そのくらいのレベルなのかを早めに知っておきたかったんです。




スクールでは最初の3回目くらいまでが


基本的な事の注意点などを指導いただき、


8、9回くらいはタイムを計ってモデルさんで本番練習を


しました。



試験が9月でしたので、


モデル練習に入ったのち、


苦手なケアを練習する為と、メンタルの弱い自分を鍛える為に


7月の「アジアネイルフェスティバル」に


ネイルケア部門で出場を決意します。




この決断がやはりよい目標になり、


ケア・フレンチを両手50分で仕上げなければならない


スピードも身につき、


緊張も思っていたよりはしなかったのでよい自信につながりました。


練習は、


10回くらいはしたかと思います。




そして


「アジア」が終わって7月中旬。


ほっとするヒマもなく、


本番モデルさんの決定や当日のホテルや


新幹線の手配に奮闘。



コレ


試験と同じくらい大事な最初の関門ですよね。


モデルさんにも


自爪をのばしてもらいださなくてはいけないですし。




そして8月に入り、


いよいよメンタル的になんとも言えない状況のなか(笑)



そうですね・・・


とにかく毎日、ハンド君でフレンチ塗りの練習5本と、


フレスカを3本、


とか1本とか



は、やっていました。


夏バテしながらかなりキツかったです。




実際本番さながらの練習といえばスクールで・・・。


そうですね、


8月でも


4、5回しか通し練習はできなかったように思います。



本番モデルさんでは、


後半練習なんて2回しかしてませんあせる





そして最後の1ヶ月、


思いのほかラストスパートをかける事となり、


サロンのスタッフが練習モデルを募ってくれ、


とにかくフレンチのマニキュア塗りを


1週間に6人とか?


仕事もしながら1日に2人の時もありました。


これはちょっと厳しくもありましたが、


今思えばこのラストスパートのおかげで、


緊張の前半試験を


あの尋常じゃない手の震えから救ってくれたように思います。







ツラツラと書いてしまいましたが、


こんな感じで練習をつづけ、本番に挑みました。






ここで私の練習のポリシーを。



「無理せず毎日コツコツと!!」



コレが一番かと思います。




よく、


時間もないし、夜しかできないし、


徹夜しちゃった。


とか


3時までやった


とか


とにかくモデルさんを手配してひたすら


付け続けたり、


という例を聞きます。



私は今まで、


認定講師試験の合格をいただくまでストレートに合格してきましたが、


一度も徹夜もしませんでしたし、


一日何時間も練習したりしませんでした。


モデル練習はきちんと時間を計って集中できるスクールで、


1週間に2人くらいしかしていません。


あとは自分の手かハンド君です。



でも!!



とにかく毎日練習しました。


朝仕事に行く前にホワイト練習一回。



夜夕食を作って1回。


家事が終わってフレスカ3本。


とか。




やりたくない時はやりませんでした。


モデルさんに無理になるような時間もなるべくさけました。





一人で練習していると、


これでいいのか、


もっとできるんじゃないか。


まわりはもっと


練習してるんじゃ・・・。


なんて焦ったりしてくると思います。




あくまで私の個人的な意見ですが、


時間がとれなくても毎日コツコツ。


本番タイム練習は本気で。


第三者に見てもらう。


何日も連続でしない。




これが一番かと思います。





だって、ただひたすらやり続けたり


毎日タイム計ってモデルさんよんだりしても、


「あの時のアレってなんでああなったのかな?」


とか


「そうか!今度はこうしてみよう」


とか


思うイメージトレーニングの時間もなくなってしまいます。






私はこんな感じの練習法で


1度目の受験で合格する事ができました。


ネイリストさんによっては


それぞれに自分にあった練習法で


練習されていると思いますので、


あくまでも


参考までにして下さい☆




長い文を読んでいただいてありがとうございました。
















Ameba人気のブログ

Amebaトピックス