2019年11月24日、日曜日、雲は多いですが、晴れ間もあります。

第2回聖徳太子の里ツーデーウオーク、2日目、30kmコース(実距離26.6km)に参加しています。

JR大和路線(関西本線)王寺駅から、5分ほどの、久度第2雨水貯留池を、8時08分にスタート。

大和川沿いを東へ進んで、昭和橋で、北側にわたって、斑鳩町に入りました。

東へ進み、斑鳩南中学の前で、10kmコースと分岐、法隆寺駅の南側あたりで、斑鳩町から、東隣りの安堵町に入ります。

北に向きを変え、集落に入りると、左手に、飽波神社(あくなみじんじゃ)です。

歩いていた道は、太子道だそうです。

9時41分、コース地図によると、7.7km地点です。

1時間33分経ってるので、9kmくらいは来てると思うんですけど、ま、深く考えず、先へ進みます。

太子道を、北へたどります。


10分弱歩いて、小さな神社に着きました。

広峰神社です。


鳥居の横に、「業平姿見の井戸」の解説。


聖徳太子が掘られた井戸と言われ、のちに、在原業平が、ここで休憩し、姿を映した井戸とも言われているそうです。

聖徳太子だけでなく、在原業平も出てくるんですね。

この井戸。


当然、当時のままではないでしょうけど、ちょっと、寂しい感じですね。

広峰神社を出て、少し北へ。

善照寺です。


中に、「冨生(ふしょう)の松」と呼ばれる、「根上(ねあ)がりの松」があります。


根が露出していて、あちこちに枝が伸びる、不思議な形の黒松ですね。

北陸から送られてきたものだそうです。


善照寺を出て、左へ。

JR大和路線の踏切を渡ります。


安堵町から、斑鳩町へ帰ってきました。

西に向かって歩きます。


富雄川に突き当たって、橋を渡るために、少し左へ。

新業平橋で渡ります。


ここにも、出てきます、業平。

少し南に行って、上宮遺跡公園に入ります。


紅葉がきれいです。

西へ抜けて、斑鳩東小学校の前を過ぎてから、右折。

北へ向かいます。

広い公園に整備されている、中宮寺跡にやってきました。

イベント、「いかるがマルシェ」開催中です。


にぎわっていますね。

そのまま北へ。

コスモス畑もそこここに。


三重塔が見えてきました。

法起寺です。


聖徳太子の遺言により、息子の山背大兄王(やましろのおおえのおう)が、聖徳太子が法華経を講じた「岡本宮」を寺に改めたのが、始まりと伝えられています。


13km過ぎの地点、10時30分になりました。

法起寺の前を過ぎて、少し西へ進んでから、法輪寺の手前で右へ。

まっすぐ法輪寺へ向かう、20kmコースと別れて、30kmコースは、北へ向かいます。


斑鳩めぐり、続きます。





散歩・ウォーキングランキング







アロエ、食べたことある?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう


あります。