2019年11月23日、土曜日、勤労感謝の日、晴れ。

第2回聖徳太子の里ツーデーウオーク、1日目、30kmコースに参加しています。

久度第2雨水貯留池を、8時03分に出発、王寺町から、三郷(さんごう)町に入って、信貴山へ登りました。

南へ向かい、信貴山のどか村から、龍田山、龍田古道を通り、三室山から龍田大社へ回ります。

神前橋で、大和川を渡って、王寺町に戻り、斜面に開発された住宅街を登り、上り坂が一段落した、明神4丁目、美しが丘集会所前です。

ここで、20kmコースと分岐します。

11時43分、コース地図では、16.7km地点です。

時間からして、もう少し進んでると思うんですが、それはさておき、これから、明神山に登ります。

鳥居から山頂まで、1.87km、徒歩約40分だそうです。


右折して、すぐそばの、鳥居をくぐります。


住宅街の坂道を上り、いよいよ山道へ。


結構、傾斜ありますね。

息が切れます。


登り続けて、30分ほど。

ようやく、山頂のようです。


40分はかからなかったですね。

12時11分、明神山山頂に到着です。

チェックポイントです。


コース地図によれば、19.2km地点。

うん、ようやく、体感と距離表示が合ってきましたね。

スタートから、4時間ほどで、山登りが入って、20km弱。

まあ、そんなもんでしょう。


標高274mと、さして高い山ではありませんが、景色はいいですね。

登ってきたほう、鳥居の見えるこちら側が、奈良市の方向。


すぐ下の、王寺町のずっと向こうに、若草山が小さく見えます。

この写真では無理ですね。

上り坂で疲れたので、景色を見ながら、しばし休憩。

山頂の小さな祠は、水神社だそうです。


12時20分に、再出発。

来た道を戻ります。


5分ほど下ったところで、右の林に入れの指示です。

瀧不動へのへんろ道だそうです。


指示通り、林の中へ。

いや、道ないよ、これ。


木についている、目印のテープを確認しながら、坂を下ります。

これ、楽しいですね。

きょろきょろして、道を探しながら進みます。

しばらく下って、ようやく道らしくなってきました。


瀧不動を過ぎると、遊歩道に整備された山道が続きます。

降りてきました。


20分ほどの山道でした。

へんろ道に入ったあたりから、王寺町の南隣、奈良県香芝市になっています。

住宅街を、東へ歩きます。


10分ほどして、尼寺児童公園の角を左折。

公園の隅に、太子道の表示です。


裏には、こんな風に説明がありました。


聖徳太子が通った道なんですね。

細い道を北へ。

さすがに、往時の面影を感じることはできませんが、そう言われて歩くと、なにか、違ったものを感じますね。

くねくね曲がって、ちょっと広い公園に出ました。


公園に入ります。

尼寺廃寺(にんじはいじ)跡史跡公園です。

7世紀後半に創建された寺院跡だそうです。


公園を北へ出ます。

公園の北側は、すぐ王寺町。

ここで、王寺ニュータウンから、明神山に登らずに降りてきた20kmコースと合流です。

約23km地点。

13時08分です。


もう山登りはないはずなので、気が楽です。

ゴールまで、もう一息。


まだ、続きます。




散歩・ウォーキングランキング







クリスマスツリー、今年はどんな飾り付けにする?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう


飾りません。