2019年4月29日火曜日、昭和の日、晴れ。

第32回信濃川河岸段丘ウオーク、津南50kmコースに参加しています。

JR飯山線、津南駅前を、6時30分にスタートしました。

信濃川の左岸、県道49号線を、北東へ向かい、40分あまり歩いて、右岸側に移りました。

国道117号線に出て、清津大橋で給水、国道353号線に移って、宮中取水ダムまで来ました。

ダムの堰堤を渡り、再び左岸側です。

8時10分、約10km地点です。

JR東日本の信濃川発電所のための取水施設。

大規模で、迫力ありますね。


おなじ水が、2か所の発電所で、使われるそうです。

県道49号線に戻って、信濃川左岸を、北方向へ歩きます。

川のそばを離れ始めると、上り坂。


しばらく行って、左斜めに、旧道らしき道へ入ると、貝野小学校前に、給水です。


お茶をいただきます。

そのまま、道なりに進むと、県道に戻りました。

姿集落、県道285号線との交差点そばに、ゴールまで35kmの表示です。


津南23kmコースと中里15kmコースは、あと10km。

県道の歩道を進みます。


のどかです。

涼しいし、歩きやすいですね。


八重桜は、まだきれいに咲いてます。

貝野小学校から、1時間余り。

吉田公民館前に、給水です。


お茶をいただきます。

信濃川発電所の、浅河原調整池を過ぎて、下り坂です。


宮中ダムで取水した水も、もう、かなり高度を稼いでいる訳ですね。

川のそばまで来て、十日町橋で、信濃川を渡ります。


渡り終えて左へ。

信濃川右岸の土手を歩きます。


土手を、15分あまり。

妻有大橋のたもとです。


津南23kmコースと中里15kmコースは、右へ曲がって、ゴールへ。

津南50kmコースは、左へ曲がって、再び信濃川を渡ります。


橋を渡ると、道はカーブしながら、段丘崖を登る坂道に。

登り切ったところには、さっきの浅河原調整池から水の供給を受けて稼働する、千手発電所があります。


段丘に登ってから、右折。

また、県道49号線に戻りました。

千手集落の中ほどで、スタッフが、左に入っての合図です。


千手中央コミュニティセンター。

休憩所です。


川西25kmコースの、出発地でもあります。

10時41分です。

残り、25kmと言うことですね。

半分来ました。


しばし、休憩です。



続きます。





散歩・ウォーキングランキング







好きなことばってある?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう


すぐに思いつかない。