2019年4月29日火曜日、昭和の日。

新潟県小千谷市、小千谷総合体育館に到着したのは、午前3時。

昨日、飯田から車で走ってきて、早めに仮眠、バスの時間に間に合うように、やって来ました。

照明の無い駐車場の上空は、降るような星空。

1週間前の天気予報では、この日、傘マークがついていたんですが、数日前に、傘マークが消えました。

天気が良くなって良かったです。

第32回信濃川河岸段丘ウオーク。

初参加です。

津南50kmコース、川西25kmコース、津南23kmコース、中里15kmコース、小千谷12kmコースの、5つのコースがあります。

最上流の、津南から、最下流の小千谷まで、歩き通すコースが50km。

真ん中あたりの川西から最下流の小千谷までが、25km。

最上流の津南から、途中の十日町までが、23km。

上流途中の中里から、十日町が、15km。

小千谷市内から出て、山本山を一回りして帰って来るのが、12kmです。

せっかくの初参加なので、一番長い、津南50kmコースに参加します。


小千谷総合体育館は、ゴールの近く。

スタート地点の、津南は、50km上流ですので、専用の送迎バスで向かいます。

まだ暗い、4時33分、満員のバスは、小千谷総合体育館を出発。

途中、夜が明け、1時間以上かかって、5時41分、JR飯山線、津南駅前に到着しました。

受付です。


私が乗った、体育館から直行してきたバスに遅れて、あと2台、複数個所に寄ってきたバスが到着。

駅前が、賑やかになりました。

みんな、50kmコースの人達です。

津南25kmコースも、ここがスタート地点ですが、時間が遅く、10時スタートですから。


50kmコースの、出発式、準備体操のあと、予定時間ピッタリの、6時30分、スタートです。

ここは、信濃川の左岸。

駅前の県道49号線を、北東へ向かいます。


バス3台分ですから、150人以上はいますね。

いきなり、みなさん、走り出します。

服装も含め、ウオーカーじゃなくて、ランナーと言える人が、半分以上居そうです。

すごいですね、50km走っちゃうんだ。


私は、もちろん走りません。

長丁場ですから、ペース配分も考えながらね。

枝垂桜が、まだきれいです。


今日のコースは、その名の通り、信濃川の河岸段丘を進みます。

段丘を上下するのに、多少アップダウンは覚悟しないといけないようです。

信濃川は、見えたり見えなかったり。


40分あまり歩いて、右折の指示です。

信濃川を渡ります。


上流側の山も、きれいに見えます。


方角的には、野沢温泉か、志賀高原の方向ですかね。

橋を渡ると、すぐに登り坂。


結構登りますね。

国道117号線に出ました。

信濃川に合流する、清津川の橋のたもとに、火焔型土器。


清津大橋で、清津川を渡ると、給水ポイントです。


7時36分です。

スポーツドリンクをいただいて、一息。

津南町から、十日町市に入ったようです。

もう少し進んで、山崎交差点で左折して、国道353号線に移りました。

中里15kmコースは、このあたりがスタート地点。

下り坂の橋が架かっていますが、ここも河岸段丘の、段丘崖。


一段下へ移ります。

しばらく平坦な道を進み、再び下り坂。


川へ向かって、下ります。

国道から離れて、左へ。

宮中湖を作る、宮中取水ダムに到着です。


ダムの堰堤を渡ります。

迫力ありますね、水流。


水しぶきが飛んできます。

このまま、しばらく見ていたいくらいです。

まあ、そうも行きませんね。

8時10分。

約10km地点です。


まだまだ、先は長いですね。



続きます。





散歩・ウォーキングランキング






血圧、測ったことある?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう


毎日測っています。