本、届きました、と関連するTEDの講演 | 医師水野のアメブロ

医師水野のアメブロ

糖質オフ、インスリンオフ、湿潤療法、ビタミン・ケトン療法、癌治療についてなどなど。


テーマ:

実際の本が届きました。

 

おぉ、ソレっぽい

 

本屋さんで見かける感じ!

 

文字も大きめで見やすい気がします。

 

 

なお、デザインやタイトル、

帯の文章は出版社の方が考えてくれます。

(自分で名医とか言わないよ!)

 

 

 

一応、予約可能サイトはコチラ。

 

 

Amazon

 

 

 

楽天

 

 

 

さて、今までの治療は大体、この本に盛り込みました。

 

 

そしてインスリン・オフ療法に関しては、

p95にあるように

「通常の糖尿病治療と同じ設備で、

日本全国どこでも、すぐに始められる治療です。」

 

という事ですが、

まだまだ普及しない事でしょう。

 

 

ただし、医師がこの治療を始めるには

・炭水化物で5〜6割のエネルギーを取るべき

・糖尿病は血糖値コントロールをすれば良い

という

2つの「思い込み」を

捨てる必要

があります。

 

 

コレをできる医師は、少ないのが現状です。

 

 

 

それに関連した

TEDの講演があります。

 

ジュリア・ゲレフ

「間違っているのに正しいと感じるのはなぜなのか」

https://www.ted.com/talks/julia_galef_why_you_think_you_re_right_even_if_you_re_wrong?language=ja

 

ここに出てくる

「斥候のマインドセット」

というのがとても「ストン」と来ました。

 

 

なるほど、確かに私も

「自分は正しいかどうか」

よりも

「より正確に物事を把握できるか」

に興味があります。

 

 

結局は「感情」の有り様で

受け入れられるかどうか、

先に進められるか、

が決まる、という事です。

 

分かりやすい講演です。

 

 

 

さて、

全ての慢性疾患をなくす

これが最近、

私が掲げた医療に関するコンセプトの1つです。

 

もちろん、

まだまだ手持ちの方法では

そこまでは到達していません。

 

 

次は、どんな治療を世に出せるか。

常に考え続けています。

 

 

 

以上、本とTEDでした。

 

 

医師水野さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります