インスリンの分泌量って? | 医師水野のアメブロ

医師水野のアメブロ

糖質オフ、インスリンオフ、湿潤療法、ビタミン・ケトン療法、癌治療についてなどなど。


テーマ:

今回は

インスリンの分泌量

について。

 

 

 

糖尿病の方は

インスリンがどれくらい出ているか

調べた事はあるでしょうか?

 

 

 

 

 

1.血中インスリン濃度

 

 

 

これは

血液中のインスリン濃度

を調べる事で分かります。

 

 

 

さらに

空腹時の血中インスリン濃度と

空腹時の血糖値を併せて調べると、計算で

HOMA-β(ほーまべーた)

という数値が出せます。

 

※「空腹時」というのは10時間以上、

飲んだり食べたりしていない状態です。

(水などはOK、ジュースなどはNGです。)

 


HOMA-β

=360×空腹時インスリン値(μU/mL)/(空腹時血糖値(mg/dL)-63)

 

正常値:40-60 

空腹時血糖値130mg以下なら信頼度高い。

 

 

ついでに

空腹時のインスリン濃度と、空腹時の血糖値から

インスリンがどのくらい効きやすいか・効きづらいか

の数値も出せます。

 

 

HOMA-R(ほーまあーる)といいます。

 

 

HOMA-R

=空腹時血糖値(mg/dL)×空腹時インスリン値(μU/mL)/405 

 

1.6以下が正常、2.5以上は抵抗性あり。
空腹時血糖値140mg以下なら信頼度高い。

 

 

で、このHOMA-βもHOMA-Rも

「空腹時血糖値が高めだと信頼度が低い」

となります。

 

参考程度ですね。

 

 

 

 

 

ちなみに血中インスリン濃度は、検査結果では通常、

IRI

(immunoreactive insulin)

と表記されます。

 

 

これは

酵素免疫測定法

など、免疫学的に量を調べる方法をとっているため

インスリンの前段階の「プロインスリン」

その他のインスリンを作る途中のもの(中間産物)

も一緒に測ってしまい、

正確にインスリンのみではない

ことから、区別してIRIと呼ばれています。

 

 

 

 

 

 

2.Cペプチド

 

また、血中インスリン濃度は

インスリンを皮下注射している方だと

その打ったインスリン製剤もカウントしてしまいます。

 

 

インスリン皮下注射をしている人の

インスリン自己分泌能力は

どうやって調べるのでしょうか?

 

 

それは

「Cペプチド」

というのを調べます。

 

 

 

Cペプチドは

インスリンを作る途中でできるものです。

 

アミノ酸の鎖を上図のように

くるっと1週させて

重なり合う所をつくって、

最後に鎖を切って

インスリンは完成します。

 

 

 

この重なりあう鎖の部分を

A鎖、B鎖と呼びます。

 

 

 

で、残りの捨てるだけの部分を

Cペプチド

と呼びます。

 

Cペプチドの「C」はここから来ています。

 

 

 

で、インスリンを皮下注射している場合でも

このCペプチドの量は

インスリン製剤に影響されません。

 

 

自分の膵臓でインスリンを作っている分だけ

Cペプチドもできます。

 

 

 

つまり、

Cペプチドの量を測れば

どれくらいインスリンを

自分の膵臓で作っているか分かる、

という事です。

 

 

 

 

Cペプチドの測り方は2つあります。

 

 

血中インスリン濃度のように

血中のCペプチドを測る場合。

 

 

あとは、尿にそのまま出るため

尿中のCペプチドを測る場合があります。

 

 

 

1日にどれくらいインスリンを作っているかは

1日の尿を全部集めて、その中の「尿中Cペプチド」を

測れば分かります。

 

 

これを「24時間蓄尿の尿中Cペプチド」といいます。

家ではできないので、基本は入院中にする検査です。

 

 

ちなみにCペプチドも検査結果では

CPR

C-peputide immunoreactivity

と表記されます。

 

これもIRIと同じで

免疫学的な方法で測定していますよ、

という事ですね。

 

Cペプチドは、インスリンと違って

中間産物みたいなものはないので

Cペプチドのみを測れます。

 

 

という事で、インスリン分泌量について、でした。

医師水野さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント