こんなん書くから嫌われる・・・リケジョの経皮毒の話 | 西郷村に嫁いでみた!~ナホ吉の田舎嫁奮闘記

西郷村に嫁いでみた!~ナホ吉の田舎嫁奮闘記

関西生まれ関西育ちの外資系バリキャリ ナホ吉が、ひょんなことから福島県西郷村に嫁ぐことに・・・。ド田舎の長男の嫁としてやっていけるのか!?迫る来る親戚たちをかき分け 子供に誇れる村作りができるのか⁉️乞うご期待!


テーマ:

先日、初めて

 

「コラーゲンなんか顔に塗ったところで 浸透しませんから!!」

 

とハッキリ言い切る 元エステティシャンさんにお会いしました!!

 

 

リアルで「リケジョ」ネタに対して フォローいただくなんて

 

はじめてのことでした!!!

 

いや、ネット上、コメント上では 元・リケジョの方から 「そんなの当たり前」っていうのをいただいてたりしたんですが、

 

リアルでは 初めて!!

 

 

で、そこのお話しで上がっていたのですが

 

 

皮膚は 最大最強の 防御システム

 

 

ということ。

 

自己と  を区別し 自己を守るためにある

最大にして 最強の防御壁が 皮膚なのよ・・・

 

 

 

なので、 コラーゲンだろうが、ヒアルロン酸だろうが 真皮どころか、表皮にさえ届かないのです。

 

 

 

ちなみに飲んだらすべてアミノ酸に分解されますので、コラーゲンがコラーゲンのまま吸収されることは絶対にありません。

 

 

 

なので、お高いコラーゲンドリンクなどを飲むんだったら 肉を食べるか、カロリーが気になるなら 製菓用のゼラチン食っとけ!!って話なんです。

 

 

puffer_79.jpeg

 

 

でね、この最大最強の皮膚を通り抜けて毒が子宮に溜まる・・・

 

ということを 訴える

 

「経皮毒」

 

 

という話・・・

 

 

一言でいうと・・・

 

 

アホちゃうかな??

 

015.jpg

 

 

もちろん、化学物質も 中には皮膚、特に粘膜を通過しやすいものもある。

 

例えば喘息のお子さんに使う 「ツロブテロール」という薬剤の貼付剤だったり、 心不全や認知症の患者さんに使う 貼付剤は 経皮吸収されて 効果を発揮する

 

 

 

でもね、これ、ものっすごい研究に研究を重ねて 経皮吸収されるように開発してるわけ・・・

 

 

なぜなら 皮膚は 通過させる物質を取捨選択するんです。

 

どうやったら 皮膚の防御システムを突破できるか・・・・日夜研究者が研究してるのに・・・

 

 

シャンプーの物質が 頭皮から浸透して・・・子宮に溜まるって・・・

 

 

なんでそうなる??と思うわけ。

 

 

そんな 何でもかんでも 皮膚が吸収したらさ、

 

そもそも お風呂に入れない・・・

 

 

だって 水を吸っちゃうじゃないwww

 

puffer_53.jpg

ブヨブヨになるよw

 

 

 

 

で、100歩譲って じゃあ 皮膚が吸収したとする。

 

その吸収率なんかを何倍とかって示していた図があったけど・・・

↑そもそも実数が解からないと意味ないけどね・・・

 

 

それ、どうやって求めているの??

 

 

んでもって、子宮に溜まるって ちゃんと調べたデータなの??

 

 

 

実際、薬剤の分布率を調べる方法はあるんです。

 

 

薬剤に「放射性マーカー」 というものをつけて服用させます

 

んで、その後 各臓器の 放射線量を調べて

分布を測定します。

(この方法をRI(ラジオアイソトープ)と言います)

 

 

なので、シャンプーの毒だと言われる成分に放射性マーカーをつけて

髪の毛を洗ってもらい 臓器(子宮)の放射線量が変わっていれば 

「確かに吸収して子宮に移行する」 ということが言える。

 

そして「経皮毒」という言葉が出た2005年にはこの方法はちゃんと確立されている。

 

しかし  そんな実験データは存在しない。

↑当たり前だけどねw

あるなら教えてほしい・・・

 

 

吸収率が何倍とかも同じ。

 

人体実験が必要なのよ。

 

実数じゃない上に

実験データもない。

 

もちろん、論文でもない!

↑ここ重要!!本当の事実だったら 論文化されてるはずなんです!!

 

単に 「ここからは 何倍吸収される」 とか 「子宮に溜まりやすい」 とか 著書に書いてあるだけ。

 

 

なのに、どうしてそれを信じるんだろう??

 

 

リケジョは不思議でならない。

 

ま、会社から「うちのコラーゲンは浸透する」って言われて 何の確証もなく そのまま鵜呑みにするエステティシャンと変わらないwww

 

 

で、そもそも「経皮毒」なんて言葉は 医療用語でもなんでもなく

似非(トンデモ)科学  造語 である

 

 

Wikiってみると・・・・

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%8C%E7%9A%AE%E6%AF%92

こんな感じで・・・

 

あ、やっぱりね

ネットワークビジネスの片棒を担いだ(担がされた?)薬学博士がいたってことか・・・

 

ということが解かる。

 

そのネットワークビジネスは業務停止処分を食らったけど

 

その「経皮毒」という言葉が 「ナチュラル」を謳う他のメーカーにとっても使い勝手が良かったので 言葉だけが残った・・・というわけか。

 

 

科学的根拠のない 批判は

 

「誹謗中傷」

 

 

であり、

 

 

「経皮毒」を訴えて 自分とこの製品を推すんだったら

 

その科学的根拠を出してからにしてほしい・・・

 

 

科学的根拠も何もない ただの本 を真に受けて

「これが真実なのね!!」

と思い込み・・・

 

 

子宮だなんだって言って 

 

 

子育てに困っている
世の中のお母さんを追いつめるのは
ホントやめて欲しい・・・

 

 

そう思う。

 

 

菊池奈穂 (ナホ吉)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス