この投稿をInstagramで見る

夏のコンクール終了しました。 #ジャパンバレエコンペティション #JBC では高熱を抱え、辛く悔しい思いをした悠花。あんな高熱を抱えていても踊れたのはこれまでの積み重ねがあってのこそ。ものすごい精神力でした。 後一息の部分で悔しい思いをした愛心は4位。 そして昨日、#NBA福岡ジュニアバレエコンクール 袖で見ていて感じた高揚感。 出番直前、2人には「楽しい気持ちをお客様に伝えて!笑顔!笑顔!笑顔!みんなきっとその笑顔の魔法にかかるよ。あなたの大好きな〇〇ちゃんが見てくれてると思って!客席にはママもお友達も見てくれてるよ。みんなあなたの笑顔が大好きよ」 と伝えました。 「なほ先生も(見てくれてるよね)だよね。大好きだよ。」と言って ステージに入って行きました。 のびのびと踊る2人を袖で見ていて あぁ、この空間を楽しめてる。成長したなぁと胸が熱くなっていました。 2人の顔にはやりきった感と少し悔しさもあり、私自身はなんだかホッとして 楽屋で後支度を済ませ結果を聞いて驚きました。 菅悠花 2位-1 田方愛心2位-2 なんと2位をダブル受賞! 本当におめでとう! 携帯に2年前の彼女たちの踊りがあって それを見て どれだけ密に時間を使ってどれほど成長したのかそして子供達の可能性の広さを感じる日となりました。 バレエは一日にして成らず。そして 彼女たちもこれから知っていくこと。 たくさんの人の支えの中で踊ることが出来ていること、自分が頑張るとたくさんの人が感動してくれること、 一人きりの舞台での戦いですが側にはたくさんの人の想いがある事に気付いて欲しいですね。 人を感動させることができる人。 そういう人間になって欲しいですね。 #バレエ #バレエコンクール #NBA #JBC #フロリナ #おめでとう #NAHOバレエスタジオ #長崎 #諫早

Nahoko…さん(@nahoko_taira)がシェアした投稿 -