お墓の相続はどうなるの? | 名古屋市,岡崎市の相続,遺産分割,遺言に強い弁護士のブログ|愛知県

名古屋市,岡崎市の相続,遺産分割,遺言に強い弁護士のブログ|愛知県

名古屋・愛知の相続,遺産分割,遺言相談さんのブログ「名古屋市,岡崎市の相続,遺産分割,遺言に強い弁護士のブログ|愛知県」です。最近の記事は「渉外相続(一部の相続人が外国に居住している場合)」です。



相続に関するご相談を受ける際に、意外と多く問題になるのは、
お墓や仏壇を誰が相続するかということがあります。

例えば、一緒のお墓に入りたくないとか、子供に葬儀の面倒を見てもらいたくないとかいったご相談から、遺言書で全財産の遺贈を受けているためお墓や仏壇も当然に受け継がないといけないのかといった相談まで、お墓などに関する相談は多岐に渡ります。

では、民法上、お墓などの相続はどのようになっているのでしょうか。




民法では、その第897条第1項で、以下のように規定されています。

系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条に規定に関わらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。


ここでは、慣習に従って誰がお墓等を引き継ぐかが決まると記載されていますが、一般的に、先祖のお墓、仏壇、仏具などを承継する人のことを、「祭祀承継者」といいます。
ただ、「前条の規定に関わらず、」という注意書きがありますので、この点も見てみましょう。

前条である民法第896条は、以下のような内容となっています。

相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りではない。


このように、相続人は、被相続人が亡くなった瞬間から、亡くなった方の権利だけでなく、義務まで引き継ぐことになります。これが大原則となってきます。

しかし、次の第897条第1項では、「前条の規定に関わらず、」と記載されていますので、お墓、仏壇、仏具などの祭祀に関する財産については、例外的に、相続人が引き継ぐのではなく、「先祖の祭祀を主宰すべき者(=祭祀承継者)」が引き継ぐことになります。

そのため、相続人だからといって、お墓や仏壇、仏具を当然に引き継ぐわけではありませんし、お墓などを法定相続分に従って共有にすることは通常ないということです。
 
「慣習に従って先祖の祭祀を主宰すべき者」がいったい誰を指すかは、抽象的な内容ですので非常に難しいところではありますが、過去の事例でも慣習に従って決められた事例はほぼないようですので、慣習で決まらない以上は、被相続人の指定もしくは裁判所の決定による場合が圧倒的大多数だと考えられます。




―― 杉浦弁護士がパネラーとして出席します!――――――――――


     4月13日(日) 13:30~
     ウインクあいち  参加費無料


     ご参加特典として、当日無料で弁護士・税理士による相続個別相談が受けられます!
     不動産の活用方法相続税にお悩みの方、ぜひご参加ください!!




にほんブログ村
ブログランキングに参加しています
励みになりますので、クリックお願いいたします。