交通事故の被害者は、何を支払ってもらえるのか~人損の場合①~ | 名古屋市の交通事故・後遺障害に強い弁護士のブログ|愛知県

名古屋市の交通事故・後遺障害に強い弁護士のブログ|愛知県

交通事故の賠償金は弁護士が代理交渉することによって大幅に増額できるケースが大半です。事故直後から、入院通院・後遺障害等級認定・示談解決から調停訴訟まで全力でサポートします。名古屋総合法律事務所は被害者の味方です!


テーマ:

にほんブログ村 その他生活ブログ 事故・争いへ
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

励みになりますので、
応援クリックお願いいたします。

 

交通事故の被害者は、何を支払ってもらえるのか~人損の場合①~

 

交通事故で怪我を負ってしまった場合、何を請求できるのでしょうか。
今回は、人身損害(人損)、特に怪我を負った場合にお金を請求できる損害について、概要をご紹介します。
物損についてはこちら

1.治療関係費

①治療費については、怪我が治るまで、あるいは、治療を続けてもこれ以上はよくならない(症状固定)状態に至るまでにかかった、実費全額が、損害として認められます

ただし、必要かつ相当な範囲内でなければなりません。なので、異常に高い高額診療や、医学的に必要がない、合理的でない過剰診療については、認められない場合があります。入院時の個室利用や、マッサージなどの施術費用も、問題になります。

②また、診断書などの文書作成料についても、損害となります。

 

2.入院雑費

日用品や洗面用具の購入費用など、入院に伴って必要となる費用も請求できますが、逐一計算するのは面倒なので、定額で支払われます(たとえば、自賠責保険だと、入院一日につき1,100円が支払われます)。

 

3.入院付添費、通院付添費

①ヘルパーさんなど、プロの付添人(職業付添人)を雇う場合には、その費用が、②家族が付き添う場合にも、その働きに見合った費用(もしくは、会社を休んで付き添った場合、その給料分など)が、損害となります。

入院している場合、基本的には看護師さんがいてくれるので、家族の付き添いは絶対必要とはいえません。通院の場合も、付添の必要性が問題となります。この点、医師の指示があった場合や、症状が重い場合、被害者がまだ幼い場合などには、損害として認められるようです。

 

4.通院交通費

必要かつ相当な治療にかかった通院交通費については、①公共交通機関(電車、バスなど)を使った場合はその金額が、②自家用車を使用した場合はガソリン代と駐車場代などが、それぞれ損害となります。③タクシーを利用した場合は、そもそも利用する必要があったのかが問題になります。仮にタクシー代全額が損害と認められなくても、公共交通機関を利用した場合の費用を請求できます。

 

5.休業損害

怪我をしたために、仕事を休まなくてはならなくなった場合には、その間、働いていたら貰えたであろう収入分を、損害として請求できます。

この場合、働き方は人それぞれですので、請求できる額は人によって異なります。たとえば、①サラリーマンであれば、事故前3ヶ月の平均給与から、休業日数分の収入が算定されます。②会社役員であれば、役員報酬の内、休んでいても貰えるであろう部分(利益配当分)は請求できません。③個人事業者であれば、事故前年の確定申告書の所得額を基礎として、算定することになります。

その他、主婦などの家事従事者や失業者、学生など、立場によってさまざまですが、ここでは割愛します。

 

6.傷害慰謝料

ここでの傷害慰謝料とは、怪我を負ったこと自体から生じる苦痛や精神的負担だけではなく、入通院などの煩わしさからくる負担についても、支払われます。裁判実務では、入通院の期間が重要な要素となっています。

 

 

 

ざっと見てみましたが、いかがでしょうか。

治療費については、基本的に、怪我が治るまで、あるいは症状固定時までしか支払われません。症状固定後も、後遺症が残ってしまった場合は、また異なる損害が認められる可能性があります(逸失利益、介護費、後遺障害慰謝料など)。

 

人損の場合、怪我が治っても、精神的負担に苦しむことや、そもそも治らない怪我を負うこともあります。物損では原則として認められない慰謝料が認められるのも、人損の特徴です。お金ですべての問題を解決するのは難しいですが、前を向いて進むための足掛かりにはなるかもしれません。

 

相手方保険会社との間では、治療の期間をどこまで認めるか、言い換えれば、いつまで治療費を相手方保険会社が払い続けるか、という点で、しばしばもめることがあります。

 

何かあったときは、一人で悩まずに、まずは、名古屋総合法律事務所にご相談ください。お力になれるかもしれません。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 事故・争いへ
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

励みになりますので、
応援クリックお願いいたします。

 

nagoyasogo-kotsujikoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります