交通事故で弁護士に相談するタイミング | 名古屋市の交通事故・後遺障害に強い弁護士のブログ|愛知県

名古屋市の交通事故・後遺障害に強い弁護士のブログ|愛知県

交通事故の賠償金は弁護士が代理交渉することによって大幅に増額できるケースが大半です。事故直後から、入院通院・後遺障害等級認定・示談解決から調停訴訟まで全力でサポートします。名古屋総合法律事務所は被害者の味方です!


テーマ:

にほんブログ村 その他生活ブログ 事故・争いへ
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

励みになりますので、
応援クリックお願いいたします。

 

交通事故で弁護士に相談するタイミング

弁護士 小原 将浩

1. はじめに

交通事故が発生してからしばらくの間、通院治療を行ったり、警察の実況見分に協力したりと、慌ただしく時間が過ぎていきます。

 

働いている方は、職場に事情を説明する等、対応に追われます。通院していれば、あっという間に3か月経ち、6か月経ち、保険会社から治療の打ち切りを宣告されます。

 

気づいたら、準備もできないまま、疲弊して保険会社案の示談を交わすということになっている、ということもあるかもしれません。

 

このような中で、弁護士に相談するのはどのタイミングが良いのでしょうか。

 

これに対する回答は、それぞれのタイミングで弁護士に相談するメリットがありますので、いつ相談に来ても間違いはないということになります。

 

2. 各タイミングにおける弁護士相談のメリット

事故発生直後は、適切な初動をするよう、助言をすることができます。後々不利益にならないように、資料収集の方法や諸制度の解説を行うこともできます。保険会社との対応についても協力することができます。

 

治療期間中は、通院時に注意すべき点や、後遺障害の見通しをお伝えすることができます。

 

治療打ち切り段階では、後遺障害等級認定を申請するなど、損害賠償請求に着手することになります。また、保険会社との示談交渉が本格的に始まりますので、その交渉代理をすることで、大変なストレスから解放されますし、裁判等を見据えた行動をとることができます。

 

3. まとめ

このようにそれぞれの時期で、それぞれ不安はありますので、ご相談いただければ、お力になれることはあります。

 

弁護士は、基本的には示談交渉を見据えた助言をしますので、初期段階から交渉段階まで、継続的にご相談いただけますと、万全の準備を整えることも可能です。

 

タイミングにとらわれず、思い立ったところでご相談いただくのがベストと言っても過言ではありません。

 

交通事故発生から解決までの流れについてはこちらをご覧ください。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 事故・争いへ
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

励みになりますので、
応援クリックお願いいたします。

nagoyasogo-kotsujikoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります