第5回 撮影ツーリング in 生月島 | 鉄馬写真家 綿屋兼一 オフィシャルブログ

鉄馬写真家 綿屋兼一 オフィシャルブログ

イベントの撮影や、撮影ネタを書いていきますw


テーマ:
かなーり遅くなってしまいましたが、新年あけましておめでとうございます!

今年も鉄馬写真家オフィシャルブログをどうぞよろしくお願いします(^^)

ということで始まった2016年の第一弾のイベントとなる「第5回撮影ツーリングin 生月島」ですが、凍えそうな気候の中、総勢7台で生月島の絶景を撮りまくってきました。


集合場所であるコンビニを予定時間通り出発後、いつもなら寄るであろう絶景地を完全スルー。

まず最初の撮影地に選んだのは、誰もが撮ったことのあるはずのド定番「道の駅生月大橋」です。



でも、ただ撮るのはもったいない。

道の駅の脇から撮影地に入り、それぞれ思い思いの場所に散らばって撮影タイム開始です。



M.Iさんの作品。

生月大橋をバックに撮った一枚ですが、水平線を意識して撮った方が個人的にはいいかなって思いました。

絞り(F値)も背景をくっきりしたものとぼかしたもの両方あったらいいかもですね。



私の作品ですが、水平線とバイクの向きに気を付けて撮影しました。

風景写真のなかにバイクを入れるってほんとむすかしいですねw

約30分の撮影タイムも無事終わり、皆さんを探しつつw次の撮影地目指して出発です。


やってきたのは、生月島にある大草原。



K.Mさんの作品。

二つの小さな島をバックに愛車を撮影。

ライトをつけたことでバイクの存在感が増してますね。



M.Iさんの作品です。

自分がアウトライダーの年間グランプリで入賞したときの構図そのものw

背景さえよければ、大胆な構図も良しです!


せろーかっこいいw


K.Uさんの作品です。

柵を入れてのセローもなかなかいいですね。

広角、ズームを使い分けていい感じになってきました。




「カタログ」

R.Wさんの作品で、タイトルまでつけていただきました!

背景はとくにないですが、バイクの置き方で奥行きを感じさせる一枚です。



指導してる最中でも、ついつい嫁さんをモデルにして撮影しちゃいますw

風があって結構寒かったですが、撮影してるときって寒さを忘れますよね・・

ということで、海の見える?!カフェでランチ(参加者無料!)をいただき、体を温めて次なる現場へと向かいます。


次なる撮影地は、海のすぐそばにある「野営地」での撮影。

今回は軽めの悪路が多いせいか、オフ車乗りの方は結構楽しそうですw


狭い範囲でしたが、おのおの好きな場所で撮影します。


やっぱV-Strom1000のフルパニア使用だと迫力満点ですw


こんな写真も撮ったり。


たくさん撮ったところで、最後の撮影地「サンセットロード」に移動します。


いつもはただ「通り過ぎていくだけの道路」ですが、ちょっとだけ立ち止まってみると自然の声、見たことのない風景が見えてくるはずです。


撮影ツーならここまでできますw 

でも、探すのにひとくろうですwww


鉛色にはモノトーン・・・で勝負!


夕日が出てれば最高やったんですけど、鉛色の空をどういかすか考えながら撮影していただきます。


K.Mさんの作品です。

奥行きを感じさせる好きな一枚です。

ただ、もう少しバイクを奥に移動して主張させてもいいかなって思いました。


K.Uさんの作品です。

背景とバイクがかぶっており、もう少しだけバイクの置き場所を変えてみたら、もっといい作品になったかもしれないですね。



N.Aさんの作品です。

想像を掻き立てるような鉄馬写真家好みの写真になりましたw

ただ、海を捨ててしまって山だけを主張したら、違った写真になったかも。


同じく、N.Aさんの作品。

撮影者の主張が伝わってくる好きなスナップです。

視点を変えたり、自分を上下させて撮ってみても面白いかもですね。


「その先へ」

R.Wさんの作品です。

単焦点を使いこなすのは難しいとは思いますが、味のある写真が撮れるのが単焦点のいいところです。

ただ、せっかくのいい背景もぼかしてしまうので、いい景色のときはF値を思いっきり絞ってみてはと思います。

個人的には好きな一枚ですね。



ということで、今年最初の撮影ツーリングはけが人もなく無事に終了です。

今後もこの企画は続けていきたいと考えておりますので、是非ご参加お待ちしております。

最後に私事で恐縮なのですが、バイク雑誌「Out Rider」第25回アウトライダー ツーリング写真コンテストに於いて【増井貴光 賞】 をいただきました。

3度目の年間グランプリ入賞ということもあり、とてもうれしく思うのですが、目指すはもっと高い位置「優秀賞」を目指して今年も頑張ります!

タイトル「快晴」

次回の「第6回撮影ツーリング」ご期待ください!!!

撮影ツーリングの詳細はHPで
http://tetsu-uma.com/index.html

ほな(・ω・)/

鉄馬写真家 綿屋兼一さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス