2013年10月24日

弁護士のひとりごと(48) 必見です!!

テーマ:コラム ~ひとりごと~
弁護士 水谷 実


 最近、ユーミンの曲が聴きたくなり、アルバム「日本の恋と、ユーミンと。」を買いました。ユーミンの曲には、「やさしさに包まれたなら」や「ルージュの伝言」など、馴染みのある曲もあるのですが、殆どの曲は、意識して聴いた記憶がありません。

 でも、そういった曲でも、ユーミンの曲は、なぜか懐かしく感じ、温かい気持ちになるので、不思議だなーと思いました。小さい頃はテレビっ子だったので、楽しみに観ていた番組中のCMで流れていたのかもしれないな、なんて思いながら聴いています。いずれにしても、名曲揃いですね!


 今日は、今週末、10月27日(日)13時30分より、東別院ホールで開催される「知る権利を奪うな!監視社会をつくるな!」市民集会のご案内をさせてください。(チラシ → こちら です)


 特定秘密保護法という名前の法案を皆様、ご存じでしょうか。最近では、藤原紀香さんがブログでその危険性を訴えたことが話題となったり、ニュースでもその危険性が取り上げられたりしているので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。


 政府のネーミングセンスは抜群で、特定秘密保護法という名前を聞くと、何か私たちにとって有り難い法案のように思いますが、その実態は、情報統制法と呼ぶにふさわしい危険な法律なのです。


 この法律が、私たちにとって、本当に必要で有難味のある法律なのであれば、何も、私たち国民に法案を隠すことはないと思うのですが、市民団体が法案の情報公開を求めた際、国側が開示した資料は殆ど黒塗りでしたし、パブリックコメントを募集した際にも、その時点で既に法案や逐条解説ができていたにもかかわらず、最低限の資料しか私たち国民に提供せず、更には、原則30日間とされている募集期間も、僅か15日間に短縮してしまいました。まるで、私たち国民が、この法案を知り、議論することを恐れているかのようです。


 この法案ができてしまうと、幅広い分野にわたり、国や警察が一方的に「特定秘密」に指定して、私たちに情報を公開しなくても許されることになります。何が「特定秘密」かは、情報を保有している行政機関自身が判断します。

 そればかりでなく、情報を扱うことになる方やその周囲の方たちの身辺調査を行うことまでも可能となりますし、情報の取得行為等について懲役10年以下の罰則が科せられてしまいます。 

 国や警察が国民を抑えつけるための強力な武器を持とうとしている、といった不穏な感覚を覚える方も多いのではないでしょうか。


 実際、先ほど説明したパブリックコメントですが、僅か15日間という短い募集期間であったにもかかわらず、約9万件という多くの意見が寄せられ、そのうちの8割が反対という結果でした。

 この法案を、もっと多くの人が知ることとなれば、今よりももっと反対の声が広がるのではないか、そのように感じています。


 政府は、特定秘密保護法案=情報統制法を、年内には成立させてしまおうとしているようです。このような極めて短期間のうちに法律を成立させてしまうことが何を意味するかといえば、国民に議論の時間を与えないだけにとどまらず、法律をつくる国会議員にすら議論の時間を与えないということです。

 これでは、私たちの意思とはかけ離れたところで、法律が勝手に成立してしまうことになりかねません。しかし、本当にそれで良いのでしょうか。


 私たちにとって、特定秘密保護法案=情報統制法が必要かどうか、そのことを判断するためには、やはり情報が何よりも不可欠だと思います。

 皆様にとって、少しでも有益な情報を提供することができればと思っておりますので、皆様、今週の日曜日は是非とも、東別院ホールに足をお運びくださいますよう、お願い申しあげます

いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年10月18日

【開催報告】「法律・福祉公開セミナー&無料相談会(第2回)」

テーマ:お知らせ

 10月12日(土)、当事務所において、NPOあいち・あんきネット及びコープあいちとの共催で、「法律・福祉公開セミナー」第2回目を開催しました。


 テーマは、
 『知っておきたい相続のイロハ -事例編-』
 講師:森田 茂(当事務所所属弁護士)

でした。


名古屋第一法律事務所 お知らせ・ニュース


 三連休初日にも関わらず、35名もの方々にお越しいただき、本当に嬉しい限りです!


名古屋第一法律事務所 お知らせ・ニュース


 今回は、9月に開催致しました第1回のセミナーを踏まえて、よりイメージしやすいよう、本物の公正証書遺言のコピーや、講師直筆の自筆証書遺言を資料として使いながら、具体的な事例を検討しました。

 質疑・応答の時間では、参加された方々が、最初若干遠慮されていたように見受けられましたが、勇気あるトップバッターが出てくださったのを皮切りに、たくさんの質問をいただきました。お陰様で大盛況に終わりました。

 

 第3回目は、

〇日 時 : 11月16日(土)13時~15時(開場:12時30分~)
〇テーマ : 『はじめて学ぶ相続税』
〇講 師 : 富田偉津男(税理士)
  です。


 「平成27年1月1日より相続税が改正される、という話は聞いた事があるけれど、実際、今までと何処がどう変わるの?」というその疑問に、ベテラン税理士が分かりやすい解説にてお答えします。


 セミナーの参加費・申し込みは必要なく、どなたでも参加できますので、お誘いあわせの上、お気軽にご参加ください。


 また、セミナー終了後(15時過ぎ~)は無料相談会を行います。

 こちらは予約制になっていますので、ご希望の方は、相談申込票 をダウンロードし、担当者までご送付ください。


 多くの方のご参加をお待ちしております。 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年10月01日

「法律・福祉公開セミナー&無料相談会(第2回)」まもなく開催します!

テーマ:お知らせ

 当事務所では平成24年9月から平成25年3月に、NPOあいち・あんきネット及びコープあいちとの共催で、法律・福祉公開セミナーを開催いたしました。おかげさまでご好評を頂いたこと、「前回のセミナーも聞きたかった」などのご意見を頂いたことから、本年も開催することになりました。


 第2回目のセミナー開催が迫って参りましたので、ご案内致します。


 日 時 : 10月12日(土)13時~15時

 テーマ : 『知っておきたい相続のイロハ -事例編-』

 講 師 : 森田茂(当事務所所属弁護士)


 今回は、『相続のイロハ -事例編-』です。

 9月に開催致しました第1回目のセミナーで、相続についての基本的な事柄を解説致しました。今回は、よりイメージしやすいよう、具体的な事例を検討します。皆様に『相続』を身近な問題として捉えて頂けるよう丁寧に解説を致しますので、前回のセミナーに参加されていない方も、是非ふるってご参加ください。

 また、セミナーの終盤には質疑応答も予定していますので、「ちょっと聞いてみたい」こと、日頃疑問に思っていらっしゃることがあれば、どんどんご質問ください。


 本セミナーは参加費無料・参加申込不要です。思い立ったら、どなたでもご参加頂けます。お誘い合わせの上、お気軽にご参加ください。


 また、セミナー終了後(15時過ぎ~)には無料法律相談会を行います。こちらは予約制になっておりますので、ご希望の方は、相談申込票 をダウンロードの上、担当者までFAX又は郵送でお申し込みください。


 多くの方々のご参加・お申し込みをお待ちしています。

いいね!した人  |  リブログ(0)