どうも!!!



2016年野生で初めてクラブに行きナンパをはじめ、2018年のここ最近ようやく通算100ゲット達成したなごみんです!




さて、100ゲットを終えてみて、何か変わったのかって話なんですが、ナンパに対する考え方が変わってきました。




"まず、即を経験したい"


元々僕がナンパを始めたきっかけは、長年付き合った彼女と別れ、クラブで出会った凄腕の野生の方に憧れてです。そこで即というものを身近に感じるようになりました。





"ナンパに夢を見る"


そしてナンパに興味を持ち、ネットで調べてるうちにナンパブログというものに辿り着いてナンパで理想の女性に出会うことに憧れるようになりました。





"たくさんの女性を抱きたい"


そしてナンパをしていくうちに即を経験するようになり刹那的な即の快楽に中毒になり、ナンパでの目標が理想の女性に出会うことから、数を追うことに変わっていきました。数追いになりました。割とマイペースでしたが。





"数を追いたいし、理想の彼女も欲しい"


ある程度即れるようになってきて、ナンパで出会いを生み出せるようになり、数を求める中でやはり理想の彼女も欲しいっていう考え方になりました。




そんな風に想いが移り変わりながらナンパをしていたら100ゲットに至った訳ですが。



そして今の自分の状態は


・女性には特に困らない
・彼女に求める理想が上がった
・女性に対するガッカリ
・女性を心から好きになれない



まあ、これに関してはナンパという行為が悪い訳じゃないし、自分のナンパスタイルも関係してると思うけど。


ナンパをしてみて女性を抱くことは出来るようになったけど、女性と関わってきて、昔聴いてた綺麗なラブソングのようなことなど何もないという現実に遭遇してガッカリしたり。




現時点で自分がナンパという行為に感じたことは、遊びの要素が強く、女の子も遊びだと思ってるってこと。
なので彼女にするような子はナンパでは出会いにくいのかもしれません。




まあ、ナンパはナンパ。いろいろ考えたけどナンパは遊びでゴールは所詮即なんだと思いました。




即を経験すると病み付きになって中毒になり、新規依存症になり即って満たされて一旦気持ちよくなるけど何も残らない。そして繰り返す。


即には全く生産性はないのに。笑




もはや病気。



始めた当初はナンパを、まるで魔法のような物、どんな女性とも繋がれるような神の手段と思ってたけど、当たり前にそんな訳はなく。



やはり人間合う合わないはあってどんな女性にも自分が受け入れられるなんてことはなく、自分自身も、当然合わないと思う女性がいる訳で。




無理してもそんな子はナンパでどうにか出来ないし、しようと思わなくなっていきました。




自分を受け入れてくれる子が好きなので、そんな子を即るって感じです。でも即って満足してしまうのでそれ以上なかなか興味を持てないです。
なので相手にとってもそこまでなのかもしれません。(彼女は欲しいのですが。)



その現実を知りました。





"ナンパに理想の彼女を求めない"



もう女性に困る段階でもないのである程度遊びに質は求めていきます(^^)


坊主は自分の中で精神衛生上よくないのでこれからも妥協はしますが。笑



とにかくナンパでは自分にとっても、女の子にとってもあくまで遊びのスタンスで。



刹那的な刺激を楽しむのみ。



これまで通り色も使わない。女の子に期待はしない。




100ゲットで第1シーズンは終わり!


これからも気持ちは移り変わっていくのかもしれないけど。



とりあえずは!!!



合わないと思う女に媚びない!
自分を貫き通す!
合わない相手に合わせるナンパは俺には出来ないわ。




第2シーズンはもっと自分らしく!
自分を高めて。

 


遊んで、遊ばれて。





俺に合う女とだけ。









あれ?






彼女ってどうやって作るんだ?笑












fin