英語保育の園選びには、園の特徴、方針、カリキュラム内容、雰囲気、そして毎日を一緒に過ごすことになる先生がどんな人物なのかが気になるところですね。

 

ヘッドティーチャーのDee先生はオーストラリア出身の優しい先生です。

 

 

 

経歴やスキルについてはなごみんのウェブサイトに掲載してあるので…

https://www.nagomin.net/nagomin_english

 

今日はDee先生のプライベートについて少しだけご紹介します。

 

【その1】

住んでいるのはアパートではなく築()年の民家

 

日本が大好きなんですね。伝統的な日本の一軒家に住んでいて、昭和っぽい家具や食器にもこだわっています。

 

「アンティーク、好きだったよね?ブログに載せてもいい写真を」とお願いしたところ

 

 

こけしが好きだということは以前から聞いていましたが、この数には驚きました。

 

 

 

 

【その2】

趣味は裁縫

 

自分のものだけではなくお友達にプレゼントしたり、発表会の衣装を作ったりすることもあるそうです。どんなミシンを使っているのでしょうね…やはり足踏み式でしょうか。

 

 

作った服を着せるトルソー(頭のないマネキンをこう呼ぶのですね)が家にあるというのも本格的です。

 

 

 

【その3】

本格的なDIY

 

 

 

 

“DIY”というタイトルでDee先生から送られてきたこの写真、どう見ても古いテレビです。おしゃれなドリンクの写真を飾るフォトフレームとして使っているのかと聞いてみると

 

Using it as a drinks bar.

なんとお酒の収納庫として使っているとのこと。写真ではなく、本物がテレビの中に入っているのですね。家電の解体までするとは本格的です。

 

 

 

 

なごみんでは、「英語」という言語そのものを学ぶ時間も少しありますが、基本的には英語はコミュニケーション手段にすぎません。英語を使って知能・心・健康な体を育むさまざまな活動を行います。

 

特に、絵を描いたりクラフトを作ったりといった活動は、Dee先生の器用さやセンスが生かされる時間となりそうですね。一緒に表現することを楽しみましょう!